こりあうぉっちんぐ

嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

NEW !
テーマ:
2015/2/27 東亜日報
済州道の永住権は安過ぎる
 




 (前略)

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは26日付の「韓国の島にトラブルを巻き起こしている中国人たち」というタイトルの記事で、最近急増している中国人投資の明暗について紹介した。中国人らによる不動産投資は、済州地域の経済を活性化させることには寄与したものの、乱開発や環境破壊、不動産価格の高騰のため、地元住民たちとのトラブルが激しくなっているという内容だ。中国系資本が12日、済州神話歴史公園にカジノを含めた複合リゾートの建設を始めると、複数の市民団体が訴訟を起こして、強く反発していることも伝えた。

(中略)

済州道は2010年、不動産投資による移民制度を導入した。50万ドル(約5億5000万ウォン)以上を投資すれば、居住者(F2)ビザを渡し、5年後は永住権を与えるこれまで、F2ビザを獲得した1007人のうち、98.4%が中国人だ。中国上海の2つ、3つの部屋付きマンションの価格が、10億ウォンを優に超えており、「韓国のほうがより安い」として、駆けつけてくるのも当然だ。済州道は投資移民の基準を100万ドル以上に引き上げるべきだと要請したが、政府は、「2018年で期限切れになる制度であり、その時に考えてみよう」という立場だ。投資誘致もいいが、これからは過度な安売りはしないでもらいたい

申然琇(シン・ヨンス)論説委員

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015022749008

引用ここまで


 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。


 ”米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは26日付の「韓国の島にトラブルを巻き起こしている中国人たち」というタイトルの記事で、最近急増している中国人投資の明暗について紹介した”・・・ああ、土民にカネを持たせるとねえ・・・・・国内じゃすっかり環境を破壊してしまって、生活に適さないような状況にしてしまったもんだから海外を目指すんですな。

 もちろん共産党幹部などの支配層はアメリカなどを目指しますし、その前の準備としてアメリカなどに家族を送り永住権を取らせておくんですね。
 ええ、アメリカやカナダにも”
50万ドル(約5億5000万ウォン)以上を投資すれば、居住者(F2)ビザを渡し、5年後は永住権を与える”・・・に類した制度がありますから。

 さすがに中国当局も規制するようですが、そもそもキンペー君だって娘はアメリカに留学させていただろうに。
 何せ中国語に「裸官」という新しい言葉まで追加させたくらいですからねえ。

 別にどうということも。韓国だって同じですから。何せ国内に80近い移民斡旋会社が営業していて、それでも経営が成り立つという国なんです。

 アメリカやカナダじゃ”
間接投資移民制度は、米本土で失業率が高い地域や非都市地域に50万ドルを投資すると、2年間の臨時永住権が得られる上、10人以上の雇用創出が行われたら、2年後正式の永住権を与える制度”・・・がありますからね。

 それで韓国もそういう制度を真似たんですが、普通は移民の流れは後進国から先進国ですからねえ。
 ええ、在日だって韓国には移住したがりませんしねえ。それで、ある程度カネを持っていて、韓国より後進的な国というと・・・・・そう中国人です。

 産経の黒田記者も2013年1月に”
中国総領事館も開設…“中国天下”になりつつある済州島”・・・という記事を書いていましたが、東亜日報もようやく”投資誘致もいいが、これからは過度な安売りはしないでもらいたい”・・・と危機感を持ったようで。

 いいんじゃないですか。宗主国様と属国なんですし、宗主国様がカネを出してやるとおっしゃっているんですから。




 アマゾンはこちらです

 

たかじんのそこまで言って委員会」で私の本が紹介された動画はこちらです。「六日町生まれ」さんが教えてくれましたが、31分50秒あたりから


http://www.dailymotion.com/video/x2ehoz3_2015-01-%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-2_news




 今日は猛吹雪という予報だったんですが・・・・・・いや、手伝いはいらないようだから。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)

[PR]気になるキーワード