こりあうぉっちんぐ

嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:
2015/5/24 
日本が強要したモンペ、レトロ・ファッションとして復活






 国中が光復(日本による植民地支配からの解放)の感激で沸いていた1945年8月15日の日中、ソウル市内の孝子洞でこれを祝う行進をしていた群衆が、通りかかった女性をつかまえ、はいていたズボンを脱がせた。そのズボンは「もんぺ」、つまり日本の労働用ズボンだったからだ。地方でも多くの女性たちが「もんぺ」をはいて外出中にこれを引き裂かれた。日本食の食堂の看板も壊されるほど反日感情が強かった当時、「もんぺ」も容認されるはずがなかった。これはもともと、北海道や東北地方の女性たちが畑仕事をする時にはいていた作業服だった。ところが、日本がいわゆる「戦時体制」を宣言した1940年代には国民服のようにはくことを強要された。下着のようで女性たちはあまりはきたがらなかったが、44年には「もんぺ」をはかない女性に対してバス・電車の乗車や役所の出入りが制限された(72年4月5日付朝鮮日報)。



 光復後はしばらくの間、姿を消していたが、50年代になると街で再び見かけるようになった。貧しかった時代、着る服を選ぶ余裕はなかった。男性の多くが兵士の服を着たように、女性の普段着は「もんぺ」に黒いゴム靴だった。さらに官庁でも着用を強く推進した。ソウル鍾路警察署は50年、「ぜいたく者は立ち入り禁止」「女子にはもんぺ着用を特に要望する」とした(50年11月14日付東亜日報)。日本が韓国の王宮を辱めるために作ったソウル・昌慶苑動物園が光復後も数十年間そのままだったように、朝鮮総督府の「もんぺ」推奨策も韓国の警察がまねたようだ。


(中略)

 こうした歴史や事情を知ってか知らずか、数年前「もんぺファッション」が若い女性たちの間でブームになった。高齢女性のものだとばかり思っていた、ダブダブの柄物パンツがレトロ・ファッションとして復活したのだ。幅が広い「バギーパンツ」の流行とも相通じるものがあった。ある専門家は「母親たちの『もんぺ』姿を見たことがない世代はこの服のもともとの用途を知らないため、はきやすくて目新しいファッションとして受け入れられたのだろう」と分析している

キム・ミョンファン史料研究室長

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/23/2015052300415.html

引用ここまで


 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。


 まあ朝鮮日報ですからねえ・・・・・・事実関係にはこだわらず、反日のネタに使えれば鰯の頭にも・・・・・ええ、馬鹿ですから。

 ”地方でも多くの女性たちが「もんぺ」をはいて外出中にこれを引き裂かれた”・・・事実かどうか知りませんが、戦後のフランスでも似たようなことが。

 ええ、対独協力者と目された女性・・・・要するに独軍用売春婦・・・・なんかが民衆の前に引き出され丸坊主にされたりしてたんです。
 その点、チョーセン人慰安婦は幸福ですな。貧しさゆえの売春婦が今や国家的英雄に成り果せているのですから。

 ”
ソウル鍾路警察署は50年、「ぜいたく者は立ち入り禁止」「女子にはもんぺ着用を特に要望する」とした”・・・それは日帝ザンシ・・・・・・





 いえ、別にどうでもいいんですが。

 ”
こうした歴史や事情を知ってか知らずか、数年前「もんぺファッション」が若い女性たちの間でブームになった”・・・そうですね。2011年8月の朝鮮日報が書いていましたな。

 ”
衰えることのない「レトロ調」人気に乗かって、「もんぺファッション」がいっそうブレイクする兆しを見せている”・・・というんですが、別にどうということも。
 韓国文化は日本文化の圧倒的な影響下にあるんですから。

 しかし反日は国是というか宗教ですから





 ”
 日本の 有名 プラスチック 模型 業社が 日帝時代タンク 模型 新製品を 出しながら 女子挺身隊 人形' を 付録で 挟んで 売ることに 日 論難が 一顧 ある”・・・とやってしまうんですよねえ
 信じられないくらいのバカでしょ。

 いえ、別に馬鹿なら馬鹿でいいんですが、反日を貫きたいんだったら、お菓子から流行歌からテレビドラマからファッショまでに日本のものを真似するんじゃねえよ。

 と言っても無理だということは分かっていますけどね。シナ様の真似だけが唯一の文化だった貧困国の隣に世界有数の文化大国が存在するわけですから。


 今日も朝から快晴。旅行に出る日としては最高ですな。それでは10日ほどになるかと思いますが、九州旅行に行ってきますね。
 もっとも別に目的があるわけではありませんから、天候によっては九州を敬遠することがあるかもしれませんが。

 数年前の九州旅行では台風でひどい目に遭っていましたからねえ。






 もうボクにおカネがかかることはないから存分に楽しんで。


AD
いいね!した人  |  コメント(35)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇