こりあうぉっちんぐ

嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

NEW !
テーマ:
2015/4/27 聯合ニュース
韓国の水素燃料特許 世界のわずか4%






 【ソウル聯合ニュース】次世代エネルギーとして注目されている水素燃料の製造技術関連の特許出願が急増している中、世界の特許出願数に韓国が占める割合は4%にすぎないことが27日、分かった。

 米国は26%、日本は24%、欧州は14%、中国は11%などだった

 世界各国は「水素時代」に備え、市場の早期獲得を目指している。特に、自動車分野では水素で走る燃料電池車が電気自動車(EV)と次世代エコカー市場の主導権争いを繰り広げている

 米EVメーカー、テスラ・モーターズは昨年6月、自社が保有するEV関連特許を開放し、後発メーカーの参入やEVの普及を促した。トヨタ自動車も今年1月に燃料電池車に関連する特許を公開することを表明し、市場をリードしている

 韓国メーカーでは現代自動車が世界初の量産型水素自動車「ツーソンix」を生産している

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/04/27/0500000000AJP20150427001600882.HTML


引用ここまで


 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。


 ”韓国メーカーでは現代自動車が世界初の量産型水素自動車「ツーソンix」を生産している”・・・まあ韓国メディアのこういう記事は眉にたっぷり唾をつけて読みませんとね。
 
 昨年11月の中央日報は”
ツーソンix水素自動車は部品の国産化率が95%に達するほどで、国内技術力はドイツ・日本車に劣らない”・・・とかいうホルホル記事を書いていましたが、弊ブログの読者なら、韓国メーカーの国産化率?重量比かい?体積比かい?と反問することでしょう。

 2012年1月の中央日報は現代ポニーについてのホルホル記事で”
74年のトリノ国際モーターショーに試作した「ポニー」を出すと、世界自動車業界が驚いた。 輸入に依存していた後進国の韓国が自動車の90%を自国技術で作ったからだ”・・・と書いていました

 しかしエンジンは三菱製だったんだから、重量比でも国産化率90%は困難だと思われるんだが?

 別にどうでもいいか。2011年11月の朝鮮日報は”
現代・起亜自は、部品国産化率で90%以上を誇るが、依然として自立できない中核技術が多い”・・・と書いていましたからね
 世界・・・・ええと・・・・・5位だったかな?・・・・・の大メーカーである現代自動車は37年かかっても部品の国産化率を1%も上げることで出来なかったのです。

 まあ韓国のホルホル記事なんぞは、論破するだけでも虚しいだけなんですけどね。

 そういえば2010年12月の中央日報は”
東京渋谷区に住む主婦シマザキ・サトエさん・・・韓国電気自動車会社CT&Tが日本に輸出している「e-XONE」を秋に購入した”・・・という宣伝記事を書いていましたな

 しかし当然ながら、そんなものは売れないものですから
韓国電気自動車会社CT&Tはあえなく倒産していました。
 すると2011年12月の朝鮮日報は”
電動ゴルフカートを生産する中小企業、CT&Tは1日、ソウル中央地裁に法定管理(日本の会社更生法適用に相当)を申請した”・・・という冷たい記事を。おいおい(笑)自動車会社でしょ。

 まあ韓国の経済界とマスコミの関係など・・・・・・と書くのも飽きたしなあ。私だって山菜採りとトレーニングで疲れているんだから。






 何か文句があるのなら帰って来てから言え。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇