こりあうぉっちんぐ

嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

NEW !
テーマ:
2014/11/24 朝鮮日報
韓国軍:空中給油機の機種選定、米・欧・イスラエルの争い





 韓国空軍が戦闘機の滞空時間延長と装備搭載能力の向上を図るために推進している1兆4000億ウォン(約1480億円)規模の空中輸送機事業(KC-X)の機種選定が、今年末から来年2月ごろにずれ込む見通しであることが分かった

 
(中略)

 2017年から19年にかけ4機の導入が予定されている空中給油機は、米ボーイングのKC46A、欧州エアバス・ディフェンス&スペースのA330 MRTT、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)の767 MMTTの3機種が選定で競合している

(中略) 

 IAIのMMTTは中古のボーイング767型旅客機を改造するため、競合機種に比べ、価格が半額程度で済むことが強みだ

ユ・ヨンウォン軍事専門記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/24/2014112401467.html

引用ここまで



 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。


 ”空中輸送機事業(KC-X)の機種選定”・・・おいおい、君たちの主敵は北朝鮮でしょ・・・・・多分。
このご時世に韓国軍が北朝鮮軍を鴨緑江まで追い詰めるということは考えにくいから、せいぜい38度線を挟んだ攻防・・・・いくら遠出したって平壌を爆撃する程度でしょうに、なにゆえ空中給油機を必要とするのか?

 などと白々しく疑問符をつけることもないか。

 2008年7月の中央日報は、もしチョッパリ相手に独島上空で空中戦を始めたら、ウリナラのF-16は独島上空に5分間しか留まっていられないニダ!とかいう戦意高揚記事を書いて、空中給油機導入を煽っておりました

 馬鹿ですねえ。まあ韓国の小学生は国歌も歌えず、陸軍士官学校生徒の34%は「アメリカが主敵」と考えているとのことですから
 どちらも「全教組の教師に習った」と言うんですが韓国の全国教職員労働組合などは日教組より過激な左巻きですから。

 それで韓国人のことですからしょうがないんですが、韓国軍の兵器体系というものは対北朝鮮用というより対日本用に整備されているんですよねえ。

 ほら、ろくに潜水も出来ない潜水艦とか、ミサイル庫は空っぽの上に米軍とのデータリンクもないイージス艦とか。どう考えても北朝鮮との戦争には不要でしょ。
 不要といえば北朝鮮相手にアジア最大の揚陸艦をどうやって使うつもりなんだ?仁川逆上陸作戦の再現か?

 しかしアジア最大の揚陸艦は発電機の故障で漂流していたし、オマケに外国から部品を取り寄せなけれな修理も出来ないという。
 
 そういえば空中給油機や潜水艦やイージス艦や揚陸艦より遥かに必要性の高い、ソウルを守る対空砲に使われていた砲身は、外国から輸入するはずだったんですが、大部分は韓国内の無資格業者が造った、ただの鉄管に過ぎなかったとか。

 韓国的には別にどうということもないんでしょうなあ。第一線の歩兵が装備する小銃でさえ何の役にも立たないのですから

 別にどうでもいいとは思いますけどね。韓国はフィクションの上に存在している国なのですから。







 アマゾンはこちらです。もっと頑張らんか!





 無理はしなくても・・・・・御供えはニボシでもいいんだから。

AD
いいね!した人  |  コメント(32)

[PR]気になるキーワード