こりあうぉっちんぐ

嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

NEW !
テーマ:
2015/7/29 ヤフーニュース(レコードチャイナ)
韓国の伝統紙は和紙よりも優れている、韓国メディアが報道=韓国ネット「やった!日本に勝った」「日本の紙は韓国人が伝えたから当然」





 2015年7月28日、韓国・KBSニュースは、これまで文化財復元用の紙には日本の「和紙」が世界的に使用されてきたが、韓国の伝統紙である「韓紙」の方が優れているという事実が立証されたと伝えた

 イタリアの研究機関が「和紙」と「韓紙」を比較実験した結果、和紙の寿命(耐久性)が1750年であるのに対し、韓紙はその4倍を超える8000年であることが分かった

 また、今年4月にはイタリアの教皇ヨハネ23世博物館が、教皇の愛蔵品だった地球儀を韓紙で復元すると発表した。欧州の文化財が和紙ではなく韓紙で復元されるのは初めてのことだという。

 韓国国民大学のキム・ヒョンミン教授は、「遅くなったが、韓紙特有の性質を世界にアピールしていけば、文化が発展した国々も新たな視点で韓紙を見てくれるだろう」と話している。

 これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「わあ…韓紙ってすごい。韓紙で韓国のイメージをあげないと!」

韓紙が認められたのはうれしいが、正直、手遅れだと思う。和紙はもうブランド化されていて、職人もたくさんいる。そして何よりも大事なのは、体系的に管理し、一貫した品質である程度の大量生産を可能にするということだが、韓紙はそれが全くできていない。今後数十年間、多額の費用を投資して研究・管理しない限り、日本に追いつくことはできない

「韓国が外国に輸出されたというニュースは本当に気分が良い!韓紙だけではなく、ほかのものも輸出して、韓国ブランドを世界に広めたい」

「日本や中国は他の国の文化を奪ってまで自分の国をアピールするのに、韓国は素晴らしいものを持っていながらも全く生かせていない」

「やった!日本に勝った」

「韓紙がいくら優秀でも、世界に広めることができない理由を国民は知っている」

国家がもっと関心を持つべきだ。金にならないからと放っておいたら、数千年続いた韓紙の歴史が終わってしまう

「韓国にいても、どこで韓紙を買えばいいのか分からない」

「日本の紙は韓国人が伝えたんだから当然じゃない?」(翻訳・編集/堂本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000073-rcdc-cn

引用ここまで


 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。


 ”
これまで文化財復元用の紙には日本の「和紙」が世界的に使用されてきたが、韓国の伝統紙である「韓紙」の方が優れているという事実が立証されたと伝えた”・・・ああ、今年4月の朝鮮日報も”ローマ法王ヨハネ23世博物館の文化財修復事業に、韓国の伝統製法で作られた紙「韓紙」が使用されることになった”・・・とかいうホルホル記事を書いていましたな

 ああ、記事にも”
今年4月にはイタリアの教皇ヨハネ23世博物館が、教皇の愛蔵品だった地球儀を韓紙で復元すると発表した”・・・と書いていますな。
 
 しかしねえ”
イタリアの研究機関が「和紙」と「韓紙」を比較実験した結果、和紙の寿命(耐久性)が1750年であるのに対し、韓紙はその4倍を超える8000年であることが分かった”・・・と飛ばすのはいいんだけど、シナで発明された紙の最古の史料は紀元前150年くらいのものだぞ

 韓国の紙の寿命が8000年ねえ・・・・・嘘八百の10倍か。

 韓国のネットユーザーですら”
韓紙が認められたのはうれしいが、正直、手遅れだと思う。和紙はもうブランド化されていて、職人もたくさんいる。そして何よりも大事なのは、体系的に管理し、一貫した品質である程度の大量生産を可能にするということだが、韓紙はそれが全くできていない。今後数十年間、多額の費用を投資して研究・管理しない限り、日本に追いつくことはできない”・・・と割合に正確な認識を。

 そうです。放火で焼け落ちた、国宝1号の南大門の復元にさえ、君たちは伝統技術など持ち合わせていなかったのです。
 日本の宮大工は、少なくとも伊勢神宮の式年遷宮で技術を伝えていくことは出来ます。それも千数百年に渡って・・・・・・

 いえ、韓国人に理解できるとは・・・・・何せ”
国家がもっと関心を持つべきだ。金にならないからと放っておいたら、数千年続いた韓紙の歴史が終わってしまう”・・・最古の守の史料が2000年ちょっと前でしかないのに、韓国に数千年の紙の歴史があるわけもないだろう。





 一昨年の冬・・・・・まだ元気だったなあ。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇