使いたくないED治療薬

テーマ:
ここに書いた文章は相応しくないようなので、
別のサイトへ移動させることにしました。

行き先は、ライブドアです。
http://blog.livedoor.jp/ed_treatment/
がそちらになります。

今までに書いたものも調べて表示できないとなっている場合には他へ移動させるしかないんだろうなぁ。

AD

今日のジョーク

テーマ:
今日のジョーク

有力な政治家など、重要な人物の家に電話を掛けると、秘書などの取次ぎでたらいまわしで時間がかかることもある。


いわゆるお嬢様の集まる学校で、ある女の子同士で友達と遊びに行くことになった。
プーチンの娘を遊びに誘うことにして、電話をかけたのだが、取次ぎが酷い。
次から次と電話口に出る人物が変わっては、同じ説明をしなければならない。
やがて女性が出た後、また男性に変わった。

女の子はいい加減に頭に来て、「さっきから何度も同じ説明してるでしょ。いい加減にして。さっさと○○ちゃんを出しなさいよ。」と怒鳴った。
電話口の男性はその剣幕におされたのか、「申し訳ないです。変わります」といってようやっと友達が出た。

やがて合流してその話をすると、「ああ、最後のは私のパパよ」と友達は言った。


AD
今では私は既に結婚していて、子供もいる。

しかし、若い頃には女性にもてた記憶は無く、バレンタインデーなどは、つまらない日だと思っていた。
当然ホワイトデーに何かを買おうと言うこともなかったのだが、お祭りごとには円の無い人間だった。

何故、こういったイベントがあるのだろうかと今でも私には理解がしずらい。
プレゼントを考えるのは億劫だし、貰っても本当に欲しかったと思えるようなものに出会ったこともない。

さて、何故このような文章を書くことにしたのかというかだが、ED治療薬を取り扱っている精力ショップというところで、この間までバレンタインデーのキャンペーンを行っていたからだ。
男女間の関係でED治療薬が必要と思われる場合も予測できるが、バレンタインデーに何かを貰う人間がED治療薬を必要とするのだろうか?

おそらく、ホワイトデーやその他のイベントでもキャンペーンを行うのだろうが、そういった行事に積極的に参加するような人物はEDにはならないような気がする。

キャンペーンであれば、どのような内容であるかとは関係無しに値段が安くなるものがあるので、その機を活かして買う人もいるのだろう。

売るほうは商機を掴み、買う方は買い時を見計らう。
巷のイベントとはあまり関係が無く、世の中は進んでいくのだろうと私は思う。

AD