羊毛フェルトのある暮らし

〜猫と羊毛フェルトと田舎暮らし〜


テーマ:
若かりし頃、
頑張り屋さんで迷惑かけないよう、一生懸命仕事して、人のために頑張って。
結局1度目の結婚後すぐにバセドウ病発症。
バセドウ病を患ってる人の中でも20%ほどしか出ない眼球突出になり、
いきなり顔が変わってしまい「そんな女と結婚した覚えはない」などと言われたり(爆!)
あんた、誰と結婚したんじゃー!!!
(ここに悲しみ、恨みがまだ残ってたんじゃんって、今思ったよ 笑!)

それでもそのまま
若かったので、薬飲みながらそのままスキーや水泳教え続けたけど、
口から心臓飛び出しそうになりながら続けてた。

薬漬けになって、全身攣ったり、髪の毛抜けたり、心臓掴まれるような苦しみがあったり。。。
自分を蔑ろにし続け、結局この病気は自分の性格が悪いからだと思って
自己啓発本を読み漁ったりして、薬はやめた。

結果、だいぶ身体が楽にはなったけど、
それから18年が経って
昨年の夏、急にバセドウ病の症状が出た。
大量の汗、倦怠感、声が出ない、歌えない、すぐ疲れる、手の震え、ド緊張、
心臓ドキドキ(脈拍120前後)、鬱っぽい、
てっきりお年頃なので、更年期障害かと思ってたらどうもおかしい。
どんどん痩せて結果一番太ってた時より13キロ減。
更年期障害では痩せない。。。と言われ、バセドウ再発決定。
あらあら。。。

それから冬は身体は楽だったけど、
梅雨前の暑さは身体にこたえて、さすがに辛い。

色々な事が分かってきたんだけどね。。。
かなり私はストレスには弱いようだ。

ここに引っ越してきたのは3年半前。
これも「いい加減その病気治しなさい」という事もあったんだろうな。。。
自分でも、この病気に向き合おうとしてなかったのかもなぁ。。。

色々調べたて下記のリプログが出てきてなるほどぉ。。。な記事だったので、
同じようにバセドウ病で苦しいと思ってる方が居たら是非読んでいただければ。

一般的な記事では、薬や手術、放射線治療を進めるものが多いけど、
あくまでも、薬と併用という形で、自然治療。
医薬品だけでは十分ではない。。。と。

やっぱり、結局はここでも「食」。
グルテンはそこまで影響してたことも初めて知った。
自分で米粉パン作ろう。っというか、
結局は、発酵食品を中心とした日本食が一番!ということなんだな。

自分を大切に、親友のように思いながら生きていってね♪と
何かの記事か、本で読んだ。
本当にそうだな。。。労ってあげないとね♪

何でもスローなんですよ。
ガシガシ情報掴んで、ガサガサ前に進む感じじゃなくて、
降りてきたものを「受け取る」という感じ。
今更、向き合うのかよ。。。って自分でも思うけど、
そのタイミングが今なんだなって思う。それが自然の流れなんだと。

バセドウ病で苦しむのではなくて、
バセドウ病も、なんだか色々調べていくと自分の性格がわかったり、
生活を見直したりしていけるキッカケでしかないことが分かると思う。

善と悪は表裏一体。それなら善を見ようではないか。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

のぶぅさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。