ノビアクビセヨ

中小企業診断士と、それを志す方々に魅了されたお気楽天然ムスメのエッセイ。

資格はなくても心は診断士!・・・になるべく日々勉強中☆


テーマ:
んーんーんー。
唸り続けて一週間弱。
ようやく再答案作りました。

本試験のトキよりはちょっとは成長していると思いたいけれど。
やっぱり自信はないかんじかなー。。。

第1問
a)
強みは、①親会社が出資比率の6割を占めているため、経営基盤が安定している、②ある程度の自主性が保てるため、親会社の知名度を活かしながらも独自の取引先を開拓できる、③親会社からの安定収益が見込める等である。
b)
弱みは、①親会社の経営動向に左右されやすい、②トップ人事や大規模投資案に関しての決定権がないため、迅速な事業展開が難しい、③A社に準じた給与水準のため、従業員への評価が適切でない可能性がある、等である。

第2問

設問1
①海外市場の拡大・輸出入事業の成長のみならず、グローバル的見地から技術・生産動向をキャッチし、総合的な提案型ビジネスモデルを構築する、②国内外に捉われることなく販路拡大を進めることで、売上向上を図る。
設問2
①親会社の不採算部門等の内、A社の新事業を強化する事業を譲受し、迅速な事業展開を図る、②取引先メーカーの技術・生産動向を察知し、原材料の委託製造コーディネート事業を拡大させ、親会社への依存度を下げる。

第3問
設問1
デメリットは、製品部署と営業拠点が個別に独立しているため、①総合的な提案型コーディネート事業の展開が迅速に行えない、②営業拠点・製品別部門等のパワーバランスが不明瞭のため非効率的である、等である。
設問2
①製品部・営業部・海外部の事業部制組織に再編成し、部門内で各部署の整理・統合を行う、②各部門におけるプロジェクト・マネージャーを定め、横断的な事業展開が迅速に実施できる体制を構築する、等が望ましい。

第4問
デメリットは、①安定志向の組織風土が形成されるため、環境変化への適応力が低下する、②若手社員の比率が下がるため、発言力低下によるモチベーション低下が懸念される、③長期的には基幹人材が不足する、等である。

うーん、タイピングしてみると、けっこう文章クドイなあー。
ちなみに第2問、切り分け上手くできないのであえてダブらせておりますv

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
takeshiさん、今年の本試験を解いてM気分に浸りたそうなので・・・・・・(笑)

地味~に交換事例日記<今年度バージョン>を来る12月までにやってみまーす。
もちろん再現答案ではなくて今の自分の再答案で。

M気分を味わいたい受験生の皆様、もしくはサディスティック受験生な皆様、「開き直っちゃえ精神」でご参加いただければ幸いでっすv

ひとまず今週事例Ⅰあたりでトライしましょうかネ>takeshiさん
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ最終回・・・と感慨にふける予定だったのですが。

だったのですがっ!!

もー信じられないくらいな出来を晒すハメになって、かなりパニックに陥っちゃいました。

が、
これも何か意味のあることと信じつつ。

最後が決まらないのも毎度のことだと苦笑しつつ。
自虐的なカンジですが、開き直っていってみます(;´▽`A``

H15年事例Ⅲ

第1問
(設問1)
a)機会は、オーダーメイド靴への顧客ニーズの増加である。
b)
・強みは、独自の計測装置による迅速でフィット感の強い木型にある。
・強みは、大都市郊外の駅前という小売店の立地条件にある。
c)
・弱みは、自社ブランドの知名度が低く、地元での販売に留まること。
・弱みは、オーダーメイド靴の平均価格がZ社より5千円程高いこと。
(設問2)
a)
地元密着企業として、自店舗販売を強化し、地域でのシェア向上に注力するべきである。また、直接顧客と接することで顧客ニーズの収集に努め、高付加価値製品の開発に活かす。
b)
理由は、①地元(以下ブランク・・・)

第2問
a)
・原因は、店舗から工場に伝わる情報が定性的なため、工場側で具体的に把握できないこと。
・原因は、顧客の細かい要望はメモ書きで伝えられるため、工場側で見落としが生じること。
b)
・解決策は、①店舗でモデルパターンを数種類準備し、顧客に試し履きさせることで要求を的確に把握する、②定性的な情報をなるべく数値に置き換える等定量化する、ことである。
・解決策は、①顧客の細かい要求事項を製造指図書の正規の支持情報として加える、②店頭で引渡し時に微調整が行えるような仕組みを作る、等である。

第3問
改善方法は、①納期短縮面においては、現在単能工である熟練技能者をOJT等で多能工化する、②コストの削減に関しては、顧客の計測結果や木型、デザイン等情報を保存し、再利用可能とする。理由は、①仕事の負荷を平準化することでボトルネック工程を解消し短納期対応が可能となる、②リピーターを増加させるにあたり、木型や設計部分を再利用することでコスト削減が可能となる。

第4問
工場と各店舗をオンラインで結び、顧客情報を共有できるシステムを構築する。顧客の計測記録や細かな要望、デザイン、過去の製造指図書等の情報を管理する。

・・・。
自分でツッこんでいいですか?

「ドメイン明確にしよーよ」
「SWOT素直にしよーよ」
「矛盾してるってソコ!!」
「文字数大幅に足りていませんがナニか?」
「っつーかうがった見方をしないよーに!!」
(どこを指しているか、全部わかった方がいらしたら手をあげてv・・・え?)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

>takeshiさん、Atauさん

 もしかして、もう交換事例日記って明日で終わり???
 なんだか感慨深いものがありますよねー。
 もっとも補習日記はしばし継続なんですけど。。。(笑)

H16年事例Ⅲ
(見積点数40点すれすれ←第4問を見事に寝オチしたため)
インディーズ模試分です。制限時間はちゃーんと80分。

第1問
(a)
商社経由での取引が一般的な中、C社は製品のユーザーである大手・中堅の食品メーカーと直接取引関係にある。(50字)
(b)

合理化・省力化のための機器製作に定評があり、同業他社の装置と比べて約1.3倍の処理速度の製品の保有。(49字)

設計から完成に至るまで一貫工程を持ち、顧客の要望に応じてカスタマイズ可能な受注生産形態を採用している。(50字)

第2問
問題は、営業が顧客と設計部の間を往来する間に、他社の値引によって受注が奪われる機会損失が生じている点である。改善策は、顧客訪問時には設計部も同行させて受注に至る時間を短縮させると共に、技術的な提案型営業を行い、他社との差別化をはかることである。(120字)

第3問
長期的に競争力低下をもたらすことになる。具体的には、社内の稼働率のみを優先させるため、①外注先との安定した取引関係が構築できない、②自社技術のノウハウが流出する、③総合的な短納期対応が難しくなる、ため。(99字)

第4問

資材調達部の負担が大きいため、外注(以下ブランク。寝オチでしゅ・・・)

(ここもブランク。寝オチ原因で時間足りず。トホホ)

第5問
特注部品の手配事務や部品加工をデータベース化する。手配事務に関しては、よく似た作業をグルーピングの上標準化し、マニュアル対応を可能とさせ、部品加工に関しては、過去の部品データを参照することで設計等の時間を短縮し、効率化・スピード化を図る。(120字)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

>takeshiさん、Atauさん
 タイムマネジメントには苦慮していますが、それ以外は生産事例、もしかしたらわたし向いてるかも?!(砂上の楼閣的思い込みです)

H17年事例Ⅲ
見積点数50点(制限時間内では)

第1問
(設問1)
・ホームセンター向けの家庭用自社ブランドを有していること。ここを皮ぎりにエクステリア事業が展開できる為。(50字)
・定評ある表面処理技術を有していること。大気腐食に強い塗装システム、環境重視の塗料、等で製品差別化が可能。(50字)
(設問2)
第2工場にてロット生産体制をとることが望ましい。理由は、①既に小物製品を手がけているため、家庭用製品の生産へノウハウを応用できる、②納期に余裕があるため、計画的にロット計算を行うことで安定供給ができる。(100字)
(設問3)
留意点は、①コスト面においては為替変動リスク等のカントリーリスク、②納期面においては輸出入手続き等、生産面とは別の所要時間、③品質面においては調達先企業の品質管理体制や技術力、などである。(94字)

第2問
工場側では、納期管理は既に改善されており、生産体制については慎重である。一方、営業側では、短納期対応としては不十分で、機動性に富んだ生産体制を求めている。従って改革には、営業側の責任者も参画し、両者の相互理解の基で行うべきである。(118字)

第3問
問題は、クレームに対する抜本的な対策を講じていないことである。C社では自社製品の品質のみを重視しがちで、現場で生じている実際的な不具合は、問題と認識できていない。従って、改善策は、製品品質の概念を据え付け工事時まで広げた上で対応策を作る。(120字)

第4問
①工場における生産計画や実際の進捗状況などの表を作成し、変更・追加を随時入力・反映させる、②資材の在庫情報や仕様変更に関する見積情報、各標準的な製品情報等を閲覧・参照可能とする。③納期見積り表、等各種情報を外部に流出させずに管理すれば良い。(120字)

・・・前言撤回。
やっぱり課題山積み。。。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

>takeshiさん、Atauさん
 寝オチ傾向著しいワタシですー、遅ればせながらでスミマセン(>_<)
 インディーズ模試で解いた分なので、アップすればいいだけだったのに。。。

平成15年事例Ⅱ

第1問
理由は、①Tコンビニの厳しい取引条件を順調にクリアし、業績を拡大してきたB社の実績、②設備更新や、パート採用により、増大する供給量を確保してきたB社の対応、をX社・Y社よりも高く評価したためである。(99字)

第2問
(設問1)
メリットは、①大量生産によるコスト低減が可能、②多くの供給を行うことで自社生産技術のスキルが向上する。デメリットは、①B社ブランドの構築が困難、②売上構成をOEM供給に依存するため、供給先の動向によって収益が左右される、等である。(114字)
(設問2)
理由は、通信販売部門への直接注文客を開拓・蓄積できるからである。B社煎餅を送られた人の一定割合が同部門に直接注文を行っており、将来の固定客候補が確保できることと、B社潜在顧客の掘り起こしに有効な為である。(100字)
(設問3)
妥当である。理由は、①近隣住民が久助を通じて贈答用商品等購入する期待が持てる、②直営店舗の商圏から離れている、ためである。(60字)

第3問
①通信販売事業に参入する大手X社・準大手Y社。
②煎餅の販売に参入するテーマパークの納入菓子店。

第4問
(設問1)
①注文客の固定客化。顧客満足度向上と、関係性強化によってリピーター増加を図り、ブランドを構築できるため。(59字)
②商品開発力の向上。様々な味の煎餅を提供し、顧客ニーズを掴むことで、ブランド育成を強化できるため。(47字)
(設問2)
インターネットで通信販売部門を構築する際のリピーター候補としてマーケティングに活用すべきである。双方向でのやり取りが容易となるため、顧客ニーズの吸い上げや、商品開発の際の参考となる効果が期待できる。(99字)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あいかわらずタイムマネジメントでヘマしますが、いつもの答練時もそうだけど模試ではほぼ空欄なかったし、それに期待。

第1問
愛犬用品に特化した品揃えを採用すべきである。具体的には、①他店にない希少性のあるオリジナル商品の充実で利益率の、②室内住居関連、低カロリー・低脂肪ペットフード、アウトドア商品で売上の、向上を図る。(100字)

第2問
(設問1)
商品の受注量に対応できない恐れがあること、経営者でもある奥さんが制作に追われ経営意思決定ができないこと。(50字)
(設問2)
a
・ニーズ対応によるB社支持顧客の更なる獲得。(20字)
・自社ブランド商品の充実ならびに収益向上。(20字)
b
・ペット用品店としてのコンセプトの混乱。(19字)
・納期の長期化によるブランドイメージの悪化(20字)

第3問
B社の競争優位性は、①経営理念に基づく独自の品揃えと顧客の支持、②豊富な顧客情報を蓄積した名簿の存在、③コアな愛犬家層への知名度の高さ、等にあると思われる。

第4問
発行すべきである。理由は、顧客別の売上商品の把握などが可能になるため、一人一人に応じた商品提案ができ、顧客との更なる関係性強化を図れるためである。(72字)

第5問
(設問1)
①インターネットでの通信販売を行うことで全国からの注文が増加し、新たな市場を開拓できる、②メールなどを通じて、顧客と蜜に接触しやすくなることで固定客を確保・増加できる、等の効果が期待できる。(95字)
(設問2)
①顧客同士の自発的なネットワーク構築の場として提供すること。口コミによる販促、固定客の囲い込みが可能となるため。②質問窓口やQ&Aコーナーを設置すること。顧客ニーズや動向を探ることが可能である。(95字)

寝オチしたダメダメ文追加しました。
むむむー、補習日記にてマトモ答案作成なり。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

>Atauさん、takeshiさん
 これも昨日と同じくインディーズ模試版です。。。トホホな解答です。。。

第1問
Webビジネスは、初期投資額が少なくとも、継続的な人的資源の投入で急速な拡大と収益向上が可能である。一方、製造業においては、多額の設備投資を行い大量の生産体制を構築し、規模の経済効果で収益向上を図っている。(100字)

第2問
要因は、①魅力あるWebコンテンツやサービスを提供でき、顧客の支持を得ていること、②A社社長を始め、Web利用層である20代の若者中心の組織であること、③人的資源投入に積極的であること、等が考えられる。(99字)

第3問
(設問1)
理由は、①管理体制が整備されないことへの社員の不満を顕在化させない状態で外部人材と体制を作ったため、真の不満は解決できていない、②A社従業員は正社員として管理された経験者が少なく、閉塞感を覚えた、ため。(100字)
(設問2)
留意すべき点は、①A社社長と従業員のコミュニケーションを持つ機会を増やし、管理体制への真の不満を吸い上げる、②A社の現状に応じて、管理体制を柔軟に取り入れ、自由な組織風土を維持する、等である。(96字)

第4問
理由は、①現在、グループ分業体制では仕事を請け負っているため、個人の貢献度合が明確でない、②売上構成の6割はバナー広告料であり、配分によっては不公平感を生む、③考課者自信の考課スキル不足、と考えられる。(99字)

第5問
(設問1)
留意すべき点は、経営管理制度の導入の意義あるいは目的について社長自ら従業員に対して説明し、同意を得られるようにすることである。今後、事業拡大を図る上で、現状の成り行き管理からの脱却の必要性を訴える。(99字)
(設問2)

既存サイトのコンテンツをメンテナンスする人材の継続的な確保。(30字)

常に目新しいコンテンツとサービスを提供できる技術・商品開発力(30字)

リピートユーザーならびにバナー広告企業数・広告料の維持・向上。(30字)

この事例のテーマは、企業の発展段階も含まれていたんですよね。
機能別組織=旧式、ってイメージが強くて、そこまで踏み込めなかったのが軸がずれた原因。。。
また補習日記の際にズレがなおっているかどうかニヤリとしていてくださいまし。。。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

>takeshiさん、Atauさん

 インディーズ模試ですでにtakeshiさんには晒している答案です。計算能力のお粗末さ・語句の書き間違い・単位間違いなどにオオウケしました(苦笑)。


【2ターム目】

第1問

a) 流動資産 b) 56.82% 

c)

短期借入金で運資金を賄っているため、手元流動性が極めて低い。(30字)

d)

固定資産や内部留保金を見直し、遊休部分を処分する等で財務体質の改善を図る。(37字)

a) 売上高対人件費率 b) 26.13

c)
売上高が低迷する中でも役員報酬等人件費負担が大きいままである。(30字)

d)

一時的な役員報酬のカットあるいは業績連動給を導入し、人件費負担の軽減を図る。(38字)

第2問

(設問1)

a) 0.75% b) 49百万円

(設問2)

a) 196百万円

b)

問題は、利益率の悪い既存製品中心の売上構成にあり、技術的に一層高度な製品の開発が急務となっている。(49字)


第3問

(設問1)

個別原価計算を行う。ロット毎の直接製造費や間接製造費、経費等を算出し、それらを合算して製造原価とする。(50字)

(設問2)

製造原価をロット毎にデータベース化し、CADシステム・経理システムと共有することで原価見積に役立てる。(50字)

CADシステムに部品毎の必要量データ、経理システムに原価見積テーブル等を新たに追加していくべきである。(50字)


第4問

(設問1)

-41百万円、31百万円、31百万円、31百万円、38.2百万円

(設問2)

設備導入案を実施すべきである。この案なら約35百万のプラスとなる。(37字←寝オチ、算出ミスなどのため)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

>takeshiさん、Atauさん

 よく、過去問はやればやるほどよくできてると思う、ってハナシを伺いますが、今のワタシには過去問と模試や答練類の顕著な違いがワカリマセン。ん~、まだまだ修行が足りないのかなあ~。。。


H17年事例Ⅱ

制限時間80分

見積点数60点台後半・・・であることを祈るって感じ?

第1問

a)

近隣の古くからの居住者を対象にした市場浸透戦略

b)

限られた市場の中で、地域にいかに溶け込むかを考え、誠心誠意の店舗運営を行ったことで、地域住民の支持基盤を築いた意義がある。(60字)

a)

交通の便が良くなり、近隣居住者の増加にあわせた多店舗展開戦略

b)

人口増加と、低価格店の参入による経営環境の変化に応じて多店舗展開を行うことで、商圏の拡大と新規顧客を獲得する意義がある。(60字)

a)

地域人口の伸びが止まった中での新サービス開発戦略

b)

安定と変化の中で、新たなサービスを提供することにより、既存顧客の潜在的ニーズの掘り起こしをはかる意義がある。(53字)


第2問

顧客自身がニーズに応じて本支店を選択できるようにすべきである。具体的には、①本店・支店のコンセプトを明確にする、②カルテ等顧客情報は本支店で共有する、③本支店共通のチラシを作成する、等で選択可能にする。(100字)


第3問

・地元の人々との交流を目的とした場の提供。(20字)

・手作りの会報の発行とイベント等の案内。(20字)

・顧客一人ひとりのカルテに合わせたDM発行(20字)


第4問

理由は、顧客満足の実現に必要な、サービスの質の高さや技術力は、接客する従業員個人に負うところが大きいためである。従って、従業員満足を高めることで、従業員が自発的にスキルやサービスの質を向上するよう促す。(100字)


第5問

・電子掲示板を設置し、顧客対会社あるいは顧客同士の双方向のコミュニケーションを図る場の提供で更なる顧客関係性強化が図れる。(60字)

・会報をメールマガジンとしても編集し、来店がない時も定期的に配信する。離れた地域にいる顧客にもB社との関係性強化が図れる。(60字)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。