地域メディアの行き方

テーマ:

私たちのNPO活動を

一般に浸透させるには?


いろいろ無い頭をめぐらせています。


実は地元の行政で、

これまで3年間公益活動の支援するコーナーがあったのですが、

財政削減で

廃止。


その根本には、

行政に批判をするような団体を何故支援するのか?

的な意味もあったのではないか??


と若干かんぐってしまいますが


地域内のNPOや任意団体などで

ネットワークを作って

何をしていくべきなのか


HPを作る

ミニコミ誌を作る

見本市を行う

などなど・・・。


地域新聞をどうつくるか?

の失敗例と成功例も結構参考になっています。

AD

きっかけ

テーマ:

昨年末に発行した情報紙


次号は5月ごろ


昨日は2号の編集会議でした。


公益じ活動に興味を持ってもらう

公益活動している人たちに役立つ情報を提供する


などがメインの内容にします。


ところで

ナンデ?

公益活動

などというものに手を染めた?のでしょうか?



みんなの話を聞いていると

がんになった

病気になった

流産した・・・


など、ある困難が自分の身にガーンと降りかかった時に

人生いろいろ考えて

コンナ道もあるかな??


という感じで始めた人も多いようでした。


この辺を上手くまとめたれると面白いかも!

AD

やっと発行

テーマ:

情報紙、やっと、印刷やさんにもって行きました。

明日出来上がり!

印刷にだしたあと、

必ず見つける間違い!!

絶対3個以上あるんだな・・・。


万一、読んでみたい方があったら、

お知らせ下さい。(メッセージで)

お送りします。

AD

憧れの編集長様が・・

テーマ:

私達の情報紙、

まもなく発行といいつつ、

各自の仕事の締め切り等で、

少しずつ遅れています。


私達の情報紙の発端になった

手作り風のステキな情報紙、

あんまり素晴らしいので、会員になったのですが、

なかなか、情報紙が届きません。


どうしたのかな・・


と思ったら、


編集長様が


体調をくずして


ダウン


結局幻の「夏の号」になってしまったそうで・・・。

お詫びの新編集長の挨拶と、秋号がおくられてきました。


どうしても、

編集作業って、

一人の肩にかかってしまって・・・


現在、私も肩コリ&風邪


年4回はきついなあ。


ワレワレは、1回か2回程度が出来るか?

というところ。



あれば良いなあ~ぐらいで、

ぼちぼち行きます。

三人寄れば文殊の知恵

テーマ:

昨日は編集会議

というか

会費、掲載費などを考えました。



会費は年会費2000円

入会金3000円

イベント情報などは出し放題、

自分の活動にあわせた情報なども載せられる


大して部数も多くないわけなので、

広告料として、1コマ(5センチ×7センチ)

会員は1000円

非会員は2000円


安い?

高い?


情報紙好きの2人は

世の中の「お金」の計算はあまり得意でないので、

もう一人の堅実なメンバーに

チェックしてもらっています。

 

ま、ソンナとこかな?



足を削って

テーマ:

情報紙のレイアウトがなかなか決まらない。

かなりいいかげんに原稿を集め、

自分の原稿で調整すればよい

と思っていたら、

ひとつの原稿がボツ

いくつか並べるはずが2個じゃ・・・


「たくさん」という認識は3以上じゃナイト

4つあれば百みたいだから!


記事の内容より

紙面のバランスが良くないと、

読む気もしなくなってしまうので。


試行錯誤して

レイアウトにあわせて原稿を

削っていると・・・・


こんな言葉があったな


足を削って履に適せしむ(あしをけずってくつにてきせしむ) 


靴が小さいときに、足の方を削って靴に合わせること。


を思いだす。


つまり「本末転倒」



もう一度初心に帰ってみよう・・・。

取材

テーマ:

今日は仕事帰りに

4箇所の取材とひとつの実行委員会をこなしてきました。


収穫は相当あり!


実際、ホームページなどでは現れていない、

さまざまな部分を知ることが出来て大満足です。


ヤッパリ直接出会うのが

私にはピッタシだな。



埋め草

テーマ:

急遽ボツになったりする記事の穴埋め用記事を

「埋め草」と

言うそうだ。


10月に発行する情報紙にも

早速登場しそうだ。



*食育関係のNPOの

  オススメ簡単レシピ!

*環境関係のNPOの

  区内のみどころ自然情報

*広報誌等作る際の

  ワード程度でもできる裏技情報

*地域活動に参考になる

  オススメ書籍


結局は、自分があったらいいな!と

思う記事で

埋め草というより

連載にしたくなる。


CAN

テーマ:

コミュニティ アクション ネットワーク


という造語で、略して「CAN]

地域活動情報紙を作る組織の設立が正式決定しました。

情報紙作りを中心とした組織で、区内NPOや個人が加入します。

コレまで、区の地域活動支援内で行うのか?自立の道を目指すのか?

いろいろ検討されてきましたが

やっぱり、「面白いもの」を創るには

自立しかない!ということで、


 

情報紙という形の広報紙で、

NPO活動の実際を広く一般、企業、団体にアピールすることが狙い。

10月中にぜひ発行に漕ぎ着ければよいですが。(記事は7割がたできています。)


一番悩みはどのように「クオリティ」を保つか?


表紙、裏表紙はデザイナーの人に構成を頼むことに!

ハッキリいって、

少しオシャレで、デザイン性が考えられていないと、

手にとってもらえないし。


良かった。


そこが一番

編集する側としては心配でした。

中身の記事は、私の手作り風でもOK

この部分は、読みたい人が読むということなので!