進化

テーマ:
「トイストーリー3」にえらく感激してしまった私。
「トイストーリー」の進化の過程が知りたくて、
前作を見直してみました。

特に感じるのは「人間」の描き方

形状、動きに関しては、

ここ10数年のCGの進歩は本当に目覚しいものですね。


ストーリーの展開も、

「3」は抜群。

1,2を観た人でも「3」は予想以上だと思いました。


そして、技術面だけでなく、中に流れる心情としても・・・。



トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]/ディズニー

¥1,890
Amazon.co.jp

トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション [DVD]/ディズニー
¥1,890
Amazon.co.jp

AD

怪談

テーマ:

昨日、そろそろ夏休み最後という事で、

観たいと思っていた映画をハシゴしてきてしまいました。


ひとつは、劇団で、人形操演に協力したところの作品だったので

(私は他の仕事で参加しなかったけど)

一応チェック。

観はじめて、後悔の念が・・・。


だって内容的に

チョット怪談チックなので

やたらに脅かされるところが多い。


私、先天ビックリ症で、

生来、突然脅かされるのに

非常にいやなタイプなんです。


結婚したての頃、

ウチの配偶者が、何時も息を潜めて

いきなり後ろにいたりして、

それだけで何度「ギャー!!!」って叫んだか。


だから、そのたぐいの物は避けていたのに。



内容的に殺人もドロドロも無いものなのですが。


終了後、邪気払い?で、

「インセプション」観ました。


見ごたえ抜群。

オモロイかったです。


AD

トイストーリー3

テーマ:

トイ・ストーリー3 オフィシャルガイドブック/著者不明

¥1,700
Amazon.co.jp

観てきました!

ウエルメイドな映画というものは、後味もとてもよいものです。


欲求不満だったら、

ついでにもう一本見るぞ!!と思っていきましたが、

充分満足

持っているイメージをリセットするのがもったいないので、

他には観ませんでした。


おもちゃの材質、特質を生かした設定やキャラが光っていて

人形劇人的な感覚から見ても

大満足。

バービーの恋人や

ポテトの夫妻

ビックベビー

ばねの犬などなど

本当に楽しめた。



感動しちゃうと、つい、パペット作ってみたくなっちゃいます。

作り易いのは

エイリアンかな?


神様~!



AD

誰も知らない 場所

テーマ:

先日ご当地検定子ども版の

事前調査で

地域の人のさまざまな「オススメ」の場所を聞いた時


映画「誰も知らない」

ロケ地をそっと教えてもらいました。


まだ未見でしたのでさっそくチェック!


ありました、何箇所か!!


ネットには載っていない、

映画のタイトルにも出ていない

秘密な場所


検定を受けて、通りがかった人だけ、

そっと知っている場所でした。


子ども達とお母さん役のYOUさんは

演技というより

その自然体なカンジにリアリティがあって、


その他の役者さんたちと

物凄くギャップがあるのが面白いです。


実は主人公の少年に顔が似ている子がいて

私たちの身近でも話題になったのですが、

なんか重そうで、なかなか見る勇気がありませんでしたが、


重い内容を、優しいゴンチチのメロディや監督の力で、ある意味、子ども達の別世界ができているのが

私としては救いです。


「私が幸せになっちゃいけないの!」

という母親、

夜中に目に涙を浮かばせている母を見た少年の気持

なかなかぐっときてしまいます。


じっと耐えて、みんなのお父さんとなっている少年の部分と、

ゲームや野球に熱中する少年部分。

揺れ動く様が、心に残ります。






群集シーン

テーマ:

昨日は収録で、パペットたちの群集シーンを撮りました。


先日映画を見て、群衆シーンって

ナンダロ?

パンフに名前が出る人が一列に前に並んで、

その他大勢は後ろでなんとなく・・・

じゃいけないんだよね


戦艦ポチュムキンやクロサワをみよ!

戦艦ポチョムキン【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
¥1,512
Amazon.co.jp
七人の侍(2枚組)<普及版> [DVD]
¥3,991
Amazon.co.jp



結局監督、(助監督)の力かな?


声のかけ方、合図の出し方で、

「悲しみ」「発見」「驚き」「喜び」などのきっかっけ出しもあるけれど、

それにいたる、個々の心情がキチンと組み立てられるような

具体的な指導が

必要かもしれない。


現場の役者としては、

少しでも、自分の演技を見せなきゃ!

みたいな感覚が多いので、

どうも

うそ臭い

演技になってしまうんですよね


名優

テーマ:

役者って

多少無理な設定や

トンチンカンな内容でも

リアリティを感じさせてしまったり、

いくら臭くやっても

嫌味にならないんだなあ


と最近映画を見て感心しました。


特に、人間の俳優(人形劇と比べるとと言う意味)は

年や経験を重ねるだけでも

その存在感に厚みがでるものですね。


そういえば

人形は古くなっちゃうと汚くなっちゃいますが、

クタクタなほうが動かしやすくってやるほうにとっては

良いのですが。


私の尊敬する人形使いは

「人形は壊れる寸前が一番良い」と

言っていました。



でも、役者がどうのこうのとか

この人うまい!!

なんて感心さる余裕を持たせないで、

グイグイ引き込んでいく

名監督の映画がみたい


テレビや、流行に左右されないで

ガーンと来る映画

みたいけれど

なかなか

ないなあ・・・。



20世紀少年

テーマ:

第一章を観た時に、もういいか・・と思っていたのですが、


結局最終章で、どう決着をつけて終わりにするのか?

やっぱり気になってしまったので、

観ちゃいいました。


2を部分的に観ただけなので、

なんともいえませんが、

全てがスッキリ分るわけでもなく、

幾つか疑問も残っています



結構お客さんおおかったです。



映画のエンドタイトルが始まると、

すぐ帰っちゃう人が多いですけど、

この映画、

あー終わりか

なんて思って即出ると、

とんだ事になります。


その後も10分ぐらいあるんですから。

一応、この部分を見落としてしまうと、

映画の最後のメッセージがつたわらなくなるとおもいます。


ネタバレになってしまうといけないので、

あまり語りませんが、


「ともだち」に関して

映画「ロード・オブ・ザ・リング」を彷彿とさせるシーンがありました。

・・・なんて思うのは私だけだと思いますが。




ドラエモンとグルミット

テーマ:

ウォレスとグルミット の新作をみてきました。


シリーズ最大の悪女?が登場。

相変わらずノー天気な発明家で、惚れっぽい主人のウォレスを助ける

忠犬グルミットは、ハチ公よりも表彰モノです。


ウォレスとグルミットって

のび太とドラエモンみたい。


コレまでの作品は「発明品」の不思議なマシーンがかなり登場していましたが、

その意味では、今回のマシーン達は、フツーでしたね。


同時にデジタルリマスター版で旧作も上映していました。

ウォレスとグルミット ザ・コンプリートブック
¥1,575
Amazon.co.jp


ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!―ニック・パーク監督作品/ニック パーク
¥1,200
Amazon.co.jp


ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!/アードマン・アニメーション
¥1,260
Amazon.co.jp


ウォレスとグルミット 20周年記念DVD-BOX
¥6,631
Amazon.co.jp


ウォレスとグルミット チーズホリデー [DVD]
¥2,079
Amazon.co.jp

ウォレスとグルミット ~ペンギンに気をつけろ!~
¥2,362

ウォレスとグルミット、危機一髪! [DVD]
¥1,659
Amazon.co.jp


久々に「踊る~」みてしまいました。


2匹目のドジョーで、

魂胆ミエミエでしたが、

一応前作を引きずって

公開当初みてしまいました。


3匹目はさすがにパスでした。


放映中の2作目を

あらためて今、見直すと、

女性の上司が

男社会の中で

結局敗北するサマがみえてきて

なんだか、かわいそうになってくるものです。


いかりやさん

死んじゃったしな・・・

さすがに4匹目無理だとおもう。