神有月の出雲

テーマ:
この秋は、1,2週間ごとに、長野・千葉・沖縄・大阪・広島そして今回島根を仕事で回って来ました。

最後の旅の思い出として、


松江の有名なおでんやさんで

素敵な紳士と出会い、

「出雲」の話をうかがいました。


40年前に

神々の流竄 (集英社文庫)/梅原 猛
¥780
Amazon.co.jp

として、出雲は神様の「ほかし場所」という説を唱えられ、

出雲の人たちとしては、ずっと抗議をしてきたとか・・・


最近さまざまな発掘があり

出雲は単なる「ほかし場所」ではないのではということで


スサノウさんゴメンナサイ!

と改めて書かれたのがコレだそう。


葬られた王朝―古代出雲の謎を解く/梅原 猛

¥2,310
Amazon.co.jp


梅原氏の新たな説を興味深く読みながら、

出雲の人々を思い出して、

今回の秋の旅が終わりました!



AD

殴り合い!!

テーマ:

沖縄お土産話2!


先日沖縄に行った時に、近所で「産業まつり」というのが開かれていました。

公園に、延々1キロ以上!?の縁日や屋台、お店が並び夜8時までおこなわれています。

県内のさまざまな業者のデモンストレーション、見本市といった部分もありますし、

縁日みたいに、ゲームのお店や、特産品を売るお店もありました。
めざせ!パペッティなコミュニティアート-sanngyou


私は【ヤギのお乳】でつくったアイスと、しーくワーサーのシャーベットを試食。

ヤギ?というか、「獣」独特の風味が、一瞬、口の中に広がりました・・・。

マトンや鹿にも通じる、なんか「毛糸」臭いような、あんな感じ。



めざせ!パペッティなコミュニティアート-sanngyoue

ところで、夜店のゲームコーナーで当たったビニール製の剣が嬉しくってたまらない、5歳ぐらいの坊や。

調子付いて、お母さんの頭をボカボカ!

なに!?

お母さんも、「ちょっと貸してごらん!」

と剣を取って、坊やのを100倍返しでボカボカ・・・


二人で、変りばんこに、

殴り合って・・・


なんか可愛らしくって

後ろで見ていて、

笑ってしまいました。


AD

沖縄土産

テーマ:

先週の金曜日から昨日まで、沖縄でパペットワークショップをおこなってきました。


那覇の「おもろまち」というところでおこなってのですが、

沖縄の方って、本当に「美人度」たかいですね!!

しかも、町中に芸能が溢れている感じです。


詳しい話はこれからボチボチしたいと思いますが、


今回、お土産でいろいろゲットしたのは・・・


シーサーのペーパークラフト



めざせ!パペッティなコミュニティアート-shi-sa-

立体的な雰囲気をつかみたい為、購入。

いずれ、パペットでつくってみたいと思います!!

AD

それはやっぱり長崎

テーマ:
2009年「楽しかった場所」どこ? ブログネタ:2009年「楽しかった場所」どこ? 参加中
本文はここから



みんなでつくるアメブロード
オリジナルブログスキン(PCのみ)
みんなでつくるアメブロード
みんなでつくるアメブロード
オリジナルブログスキン(PCのみ)

今年は、北海道と九州に行きましたが、

やっぱり、もう一度行きたいのは、長崎。
ゆっくり町を散歩してみたかったです。

朝早くからあいている、出島も感激。

和風と洋風が交じり合った、たたずまいって
何だか
懐かしく、
ほっとする感じです。

中国と日本と西洋が混ざった長崎。
そのほどほどさ加減最高。

長崎土産

テーマ:

先週末、長崎に仕事で行ってきました。


到着当日は

「長崎は~今日も雨だった!!」

かなりの雨。


早めに着いたので、

歴史文化博物館に


そこで

ウチの配偶者の家系の先祖が、

長崎奉行だった展示を発見。


でも、名前のフリガナが違っている!!!


(新潟の奉行について、新潟の博物館では、違うフリガナだったし・・。)


という事で、

資料室の方と話して

その根拠となる資料を見せてもらった。


この博物館は5年前に出来たが、

これから、内容の見直しの時期がきたら、

もう一度調べて、

フリガナを訂正又は、併記するかもしれないとの事だった。


お土産に、関係の辞典のコピーをもらってきました。


夕食は

角煮丼。

翌日は長崎チャンポンにしました。


それなりの味わいがありました。





きびしく長い一日でした

テーマ:

今、釧路に来ています。


昨日は

台風の影響で、午前1時45分に出発する予定のフェリーが

6時間送れ手出航、


荒波の中で、

うねりがすごく、

起きるともう、頭がくらくらして


おえー!!


となりそうなので、

ずっと寝たきり。


トイレも必死に手すりにつかまってやっと行く状態の19時間。


夜の2時半に苫小牧に到着・・・。

丑三つ時~


結局泊まるはずだった、ホテルはキャンセル。

夜中車を飛ばし、

朝10時ごろ釧路に着きました。


北海道=寒い


で厚着してきたんですが、

今日はあったかいです。


先ほど駅のそばの市場で、


「勝手丼」

(ご飯を買って、その上に100円~300円ぐらいのネタを自分で勝手に選んで乗せてもらうドンブリ)

昨日及び今日の朝、昼食です。

観光地の顔出しパネル

テーマ:

先日ブックオフで、観光地にたってる

看板に人の絵が描いてあって、

顔の所に穴が開いていて、記念写真が取れるとう物の

全国行脚した中のオススメ画像が載った

ちょっとオバカな本を100円で買いました。


手作りのフェスのとき、

こんなのつくろうかな!?とイメージしているからです。


ところでこの様な看板「顔●●」というようですが、

Hなサイトとリンクしてしまいそうなので、

あえて言葉にはしませんが、


看板さんや、

もしかしたらチョット絵心のある店員さん作?と見られる

奇妙奇天烈な「絵」

人気は義経や武田信玄といったところでしょうが、

意味不明のソフトクリームやサッカーボールまであるようです。


その絵の粗悪さデッサンの狂い、意味不明さが

なんとも人間を感じさせます。


ちょっぴり観光地の質の悪さにも通じるようで、

私自身、

基本的にその様ないかにも「観光スポット」には

めったにいきませんが。


作者も単に面白がっているわけであって、

たとえ、撤去されようと、

「あそう」ぐらいの価値観なようです。


遊び心とセンスのよさがあって、

楽しめれば、

いいけど、

実際は

垢にまみれてた感じでかなり不気味な存在です。


参考にですが

名画の顔の部分に穴を開けた

美術館にもあるようです。




用心には用心を

テーマ:

時々遠距離の所から、

上演を行う場合、どんなもんか?

と問い合わせを頂くことがある。


昔から比べたら、

高速道路も随分整備されたし、

ルートナビみたいなものもあるので、

およその計算は楽。


しかし、実際、行く立場としては、

単なる移動でも、かなりの重労働。

こちらとしては、到着して、とにかく上演を行うまでは

用心に用心を重ねる。


ましてフェリーを使ったりする場合は、

途中で事故や渋滞で遅れてしまって

乗り遅れてしまったりしたら、

とんでもないので。

かなりの時間を見越して移動するのが常だ。


以前、チケットを劇団員の子が手配して

乗船手続きはマルマル時間前に!

という注意書きを見逃していて

ギリギリで出発。

途中3回ぐらい、もうだめだ!間に合わない

と思いました。(その時は宮崎行き)



もし間に合わなかったらえんえん

自動車で??

ドライバーはひとりなので

死んじゃいます!


その精神的な苦痛はかなりのもの。



通常の都内の上演でも、

ギリギリに到着してあせって上演ということは

出来るだけ避けるのが心得。


精神的に落ち着いて集中した状態で

万全の準備をしていないと

せっかくの上演機会も生かされません。

かなりメンタルなものなのです。(水物、ナマ物といわれるも由縁)


それでも、イロンナ事件はおきますが、

ソレに影響されないで行うというのが

プロなんでしょう。


修行が足りないので、

上演の前日は

未だに気が重いです。



でっかいどう!

テーマ:

劇団に問い合わせがあって、北海道で

秋に公演を希望という事です。


交通宿泊費を計算したら、

一番安い方法を考えても

経費だけで30万以上。


フェリーで苫小牧に行っても、

そこからまた、300キロ。


自分の感覚で考えると東京から、

仙台の手前、名古屋の手前まで行く距離もあるのです。


でも、

ウチをみたい!と言ってもらえると、

どうにかしていくように、

パズルを解くみたいに

考えています。


北海道って

でっかいどう


でも、自分が青春を過ごしたところでもあって

出来れば、

「仕事で」行きたいです。


最近やはり北海道の中学校(全校4人!?)から

パペットの問い合わせが来て、

とても教えに行ってあげられるわけではないのですが、

材料を送りました。


もしかしたら、その中学校にも

訪問できる期待!もあったりして・・・。