38.5

テーマ:

先日幼稚園で上演した時にもらってきたのか

風邪というかインフルエンザにかかってしまったようです。


高熱


毎日38度が続き、

仕事には行っていますが、かえってきてバタンキュー


新しい画像を作っていただいたのに、

何も出来ません。


もうしばらくお待ちを・・。

AD

女は魔物3!

テーマ:

以前お伝えした青少年のための音楽の居場所事業。


昨日は他校区からわざわざ【バンド】をやりたいために来てくれたお客さんも含めて


17人


大盛況でした。


「あたし達バンドやりたい~!」のキャピキャピちゃん達は

全体の【音楽!】ムードにおされ気味。ほとんど音楽室にはいないで、ロビーや廊下にいたようです。



「女にロックはわからない!」

とキャピキャピちゃん達の態度にむくれていたドラマー志望の大学生にも、

チョーまじめな女の子が、「教えて下さい!」とやってきて、理想的なスタイルとなりました。



ところで他校からやってきた子ども達は先生に引率されてきたのです。

校内には場所も機材もあったのですが、

【社長】の

「バンドは不健全育成につながる」という意向がやんわりあって、

何も学校が率先してやらなくても良いのでは・・・

と言う部分で、可能性が薄いのだそうで


なんか、若者を【押さえ込む作戦】。

学校って難しいですね。

AD

午前様

テーマ:

ココのところ、毎週水曜日は仕事が長引いて午前様です。


帰りのタクシーの運転手さんと世間話をして楽しく帰っております。

世間話が出来るなんて、やっぱ、自分はおとなになったなあ。


つくづく


温暖な天気の話と最近の事件の話で楽しかったです。


運転手さんは今日は早めに終わって、翌日子ども達のサッカーのクラブを手伝うのだそうです。

イロイロな人がこどもたちに関れる時代になってきたところが、ちょっぴりうれしいです。

AD

捏造

テーマ:

納豆を毎日食べるとダイエットになる・・・。


番組でのデータが捏造されたと話題になっていますね。


以前【ドキュメント」のお仕事で関った会社らしいです。


テレビ界の常識として、


1パーセントの真実をあたかも100パーセントあるように見せる


見る人はメディアリテラシーを見につけたほうが良いでしょうね。

目の前にいる人の話より、TVをそのまま信じてしまう?ようで・・・。

コミュニケーションもクソもないようです。


自分の仕事をドキュメントされた時、つくづく思いました。

100万円

これまで3年間行っていた文部科学省の委託事業「地域子ども教室」の

報告書を作ることにしました。


どうせつくるなら!

ということで、各事業団体20いくつが協力して今後にも生かせるものにしようと作成。


ミニコミ好きの私めも編集に加わっています。


予算は、足りない部分は皆でだしあって100万円、オールカラー、2000部、96ページ。


原稿はデータでもらうことになっていますが、PCが不得意なところはこちらで編集も行うことに。


それにしても、同じ事業団体として登録していながら、会合にも一度も顔を出さず、原稿に関しても締め切りも無視、一切連絡もくれないところ人が「議員」サンだそうで・・・。

立版古

昨年暮れに行った地域でのフェス。


立版古復刻版を展示しました。(赤穂の博物館で入手したもの)

tatebanko

厚手のA4の大きさの紙4枚に印刷されたピースを丁寧に切り取って貼り付けたもの。


忠臣蔵の一場面(だそう)

昔は、握りバサミ、ご飯粒で作ったのかと思うと、大変だったと思います。

児童館の隣のレストランのご主人に作ってもらいました。

お料理も上手いけど、手先も器用なので!!


現代復刻版はハレパネと両面テープが大活躍しました。


そのほか、モリンゴ様作 顔出し看板

kannbann
ちょっと時間がなくて白黒ですが。(今後子ども達と塗ってもよいかな?モリンゴ様)


それから、子ども達のつくったマンション。

それぞれが《理想の部屋》を作りました。


mannsyonn

ちっちゃな子が羨ましそうにのぞいていました。



修理費

テーマ:

年末、プリンターの調子が悪くなり、

【内部調整の時期が近づいています】

と言うメッセージが印刷のたびに出るようになりました。


無視して使っていると、とうとう「サービスステーションに連絡してください」になって使えなくなってしまいました。


修理に出すと基本料8000円、郵送費3000円 +修理代  となると、下手したら買った方がよくなってしまうようなのです。


モノを大事に、もったいない


と言われながら、この現状。


どうしたらよいか?まだ結論は出ていません。

息子は1円からのオークションに出したら?と言いますが、世の中そんなもんですか?

よくわかりません。


ちなみに息子が中学の時、CGのコンテストで商品にもらったプリンターです。よく持ったと言えば持ったのですが・・・。


こういうときは、配偶者の意見を優先します。やつはどう考えているか?まだいません。




保守派

テーマ:
大石 慎三郎
徳川吉宗と江戸の改革

ようやく読み終えました。

作者が最後に触れているのは、

結局、教科書で教えられているような範囲で、享保の改革【徳川吉宗】とか、松平定信とか、

よい人だったとされる人は、皆保守派


賄賂政治の田沼や綱吉にしても、

わるい人とされているのは、旧来の人たちの既得権を剥奪して、ある意味新しい価値をうみだそうとした「革新派」

あとで旧勢力にまき返されて、評価的にも《悪》のハンコを押されてしまった人たち。


後の世の私達は、そのような図式をある程度頭に入れて歴史を勉強しなければならないと思いました。



女は魔物 2


banndo
先日行った地域ライブの反省会で、

これまで最多記録で出演していた地元中学校の出身の成人グループのメンバー達が、

今後、企画運営に関して中心になってくれるといううれしい宣言がありました。


翌日、いつもの音楽練習の居場所。

2週間に一度行っているこの居場所に必ずメンバーのだれかしらが必ず来てくれることになり、

こちらとしては、長年の夢がひとつかななったと喜ぶ事しきり・・・



ところが、最近、野郎ばかりの男所帯だったスタジオにキャピキャピ娘がライブに刺激されて

【私達も、来年はバンドで出ます!】と

早速ギターを抱えてやってきた!!


突然「お笑いのボケ」をやらされるがごとく、

彼女達の取り留めない会話に2時間以上つきあわされ

正直やってきたメンバーはちょっとボロボロ。

【音楽】が目的なのか何?なのか

ウチの息子も一緒に付き合って

一緒に翻弄されていました。


男どもは半分うれしいような?な感じもあったので、あえて静観。



ただ、楽器の準備や片付けなど全て彼らにやらせようとしていたので、


「片付けもできない人は、楽器などやる資格はない!まして、バンドなんてムリ」


と一発釘をさしておきました。


男の子達と私の現在の見解では「どこまでつづくのかね」

と言うのが本音。


スタッフの見方を払拭できるように彼女達は頭角を現わしていくのか?

結局表面的なかっこよさに単に憧れだけで友達同士でもりあがっているのか?


今のところ後者のように思えますが、それは彼女達が「どのくらい音楽がすきか?」にかかわってくることだと思うので、ま、時間がたてばいずれわかるだろうと思います。


これも青春!楽しいじゃありませんか。ウフフ。


くそやばい!成人式

テーマ:

友人の話だが、最近の中高生は、やたらに「くそ・・・・」をつけるのだとか。


てっきりけなしているのかと思うと、誉めている時にも使われるそうで、

どうやら、-、+ということではなく、絶対値に関係する言葉らしいです。


そんな若い人達に感心するのは、近頃はつまらない行政の催した【成人式】に嬉々として出かけることで、

東大生からフリーター、不良にいたるまで変わらないようです。

結局その後に同窓会をするのが目的らしいですが。


私ら若い頃は、ゼンゼン考えられないことでした。

行政の催し物にのこのこ出て行くなんて・・・・。


それにしても、行政も気が利かず、そんな時にしか若い人に参加してもらえない大事な催し物なのに、終了がなんと午後2時半。その後、一生懸命会場から彼らを追い出すのに大変苦労しているとか。彼らはその後、居酒屋に繰り出すまでの時間をどうすごそうか?困ってウロウロしているのにね、時間設定がマズスギじゃないですかね。