悩みとうまく同居できる人になろう 〜人生を楽に生きる簡単な方法 悩みを解決する無料メール相談室〜

何がしたいかわからない
自分がどうしていいのかわからない
そんな悩みを持つあなた。一緒に探しに行きましょう。

はじめてこのブログにご訪問いただいたあなたへ

心にしこりができてしまったあなたに、心が軽くなる方法を紹介しています。

まずは、今まで反響の大きかった以下の記事からどうぞ

◇ やらなきゃやらなきゃと詰まってしまうあなたへ
 「やるべきこと」と「やりたいこと」第1話 第2話 第3話

◇ 苦手な人がいるあなたへ
  苦手な人こそ冷静に

◇ とにかく疲れてしまったあなたへ
  一杯のコーヒー

◇ 病気と共に生きているあなたへ
  病気が教えてくれること 第1話 第2話 第3話 第4話

◇ いつも後悔ばかりしてしまうあなたへ
  取り戻せない『もしも』 第1話 第2話

◇ 本当の自分を知りたいあなたへ
  自分を知るということ 第1話 第2話

◇ サラリーマンに嫌気がさしてしまうあなたへ
  サラリーマンというお仕事
  サラリーマンというお仕事(管理職編)

今のあなたにピッタリの記事を、「テーマ別記事一覧」からどうぞ。

テーマ:
ひとつの言葉が持つそれぞれの意味2



優しいあなた、毎回押していただいてありがとうございます。
すごく励みになります。


今日もお立ち寄りいただいたあなた
いつもありがとうございます。


はじめましてのあなた。
ご縁をいただき感謝します。


前回のお話は、同じ言葉でも
捉え方によって意味が違って

思わぬ誤解を招くことがある
なんて話の途中でした。
前回の記事はコチラ

早速、続けますね。


褒めたつもりで言った言葉が
相手に不快感を与える。

怒ってるのにイマイチ伝わって
ない。


こんな経験は誰にでもあると
思います。


とある会社の社長は言いました。

部長連中を集めて、

部下たちに飲酒運転をするなと
一度言ったところで、

10人にひとりぐらいは必ず飲酒運転を
していると思え。

だから基本的なことでも
何度でも伝える必要があるんだ。


こんな勘違いしにくい言葉でも
何度も伝える必要があるんですよね。


大人どおしの会話だと、一度言えば
相手には伝わっているものだと
思い込むことが多いです。

しかも、こちらの意図した意味通りに
伝わっているはずだと勘違いします。

ひどいときは、相手の理解力が足りない!
なんて怒ってる人までいます。


言葉って、そんな簡単なモノじゃ
ないですよね。

言葉をつむぐ我々にとって
気をつけるべきこと。

それは、同じ意味の言葉を伝えたり
同じような経験を伝えるときに

何度も何度も表現を変えて
できるだけたくさんの方々に
同じ意味で伝わるように努力すること。


私の伝えたいことが何なのか、

あなたの伝えたいことが何なのか

諦めずに続けることです。


親子でも夫婦でもそれは同じこと。

どれだけわかり合っているつもりの間柄でも、
一度だけ、ひとつの言葉で伝えたことは
伝わっていないと考えても

大げさではありません。



あなたも、根気よく続けましょう。


それでは、また。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひとつの言葉が持つそれぞれの意味1



優しいあなた、毎回押していただいてありがとうございます。
すごく励みになります。


今日もお立ち寄りいただいたあなた
いつもありがとうございます。


はじめましてのあなた。
ご縁をいただき感謝します。


今日のお話は、言葉の意味について。

たったひとつの言葉に対しても
その人なりの解釈があり・・・

といったお話です。


始めますね。


あなたには、好きな言葉がありますか?

それは、どんな言葉でしょう?


例えば、日本語で『好き』という言葉が
あります。

この言葉を嫌う人は少ないと思います。

ただ、この好きという言葉、
英語でもLoveとLike、Favoriteなどなど
たくさんの表現があり、そしてその解釈も
人それぞれ。

日本語でも、好きの前にどんな言葉が
くっついてくるかによって、
意味が違って聞こえます。


美味しい食べ物が好き。

心の美しい人が好き。

美しい景色が好き。

美形の異性が好き。


こんな分かりやすいポジティブな
表現もあれば、


どちらかというと、好き。

あれよりは、好き。

無いよりは、あったほうがマシ。

くれるなら、もらう。


などなど、ちょっと好きという言葉
からは離れてますが、

少しネガティブに聞こえる
好きもあります。


英語で言い方だけで意味が変わる

come on

excuse me

などは、音で聞かないと
何が言いたいか分かりにくいですよね。

もちろん、それまでの会話の流れも
重要な要素になります。


私のように文章を書いて表現する人間に
とって、言葉の意味が伝わらないのは
死活問題です。


いつも簡単に使っている言葉。

同じ言葉にもたくさんの捉えかたがあって
思わぬ勘違いをされてしまったり、

こちらの思いとはまったく違った
解釈をされてしまったり・・・

本当にムズカしいです。



あなたは、同じような経験ありませんか?

思い通りにコミュニケーション取れていますか?


続きは次回とさせていただきます。
続きはコチラ

それでは、また。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




『あなたの非常識』



肩がぶつかり謝らずに通り過ぎていった

『あの人』に腹を立てた。


でも、『あの人』と『あの人』の肩がぶつかっても

そこには、何の感情も起こらない。


『あの人』の常識と、あなたの非常識。

そこに『正解』など存在しない。


正しい『常識』はあなたの中にのみ存在する。







(この色って非常識? ※ヒリアー湖)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
佐藤初女さんの言葉



優しいあなた、毎回押していただいてありがとうございます。
すごく励みになります。


今日もお立ち寄りいただいたあなた
いつもありがとうございます。


はじめましてのあなた。
ご縁をいただき感謝します。


日本のマザーテレサと呼ばれた
佐藤初女さん。

ご自身が主宰した

『森のイスキア』

そこは、心や身体が疲れ切ってしまった人々を
迎え入れ、

最後までぜんぶ話を聴き、

心のこもった自然のいのちを
いただく食事を共にし、

去りゆく人に、やさしいおむすびを渡して
送り出す。


そこにあるのは、アドバイスではなく
ただただ聴いていただけることと
祈り。


テレビで見た佐藤初女さんの言葉が
突き刺さったまま、とれなくなった。


『無条件で、自分の考えを持たないで』


人の話を聴こうとするとき、
誰しも自分の経験や考えかたがあり

それを正しいと思い込む力が
強ければ強いほど、

相手の話をないがしろにして、
自分の考えを押し付けてしまう。


それは、どんな場所にも見られる光景。

仕事、家庭、遊びの場ですら例外ではない。


私は人の話を聴くうえで、
私に突き刺さったこの言葉が
ずっと取れないでいてほしいと
思えるようになった。


『無条件で、自分の考えを持たないで』


この心を持てたとき、
始めて

『人の話を聴く』

ということの本当の意味を知り、
それができるのだろうと思った。


逆にこの心が持てない人に
すべての本心、

いわゆる、ホントの気持ちを
引き出すことはできない。


自分の感情や慣習、今までの経験を
横において、

ちゃんと人の話を聴く。






こんな人になれたらと思う
今日この頃です。


それでは、また。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

テーマ:
見せかけの自分2
                                       


優しいあなた、毎回押していただいてありがとうございます。
すごく励みになります。


今日もお立ち寄りいただいたあなた
いつもありがとうございます。


はじめましてのあなた。
ご縁をいただき感謝します。


前回のお話は、見られたい自分と
本来の自分にはギャップがある。

あなたはどちらが楽ですか?

みたいな話で終わっていました。
前回の記事はコチラ

早速、続けますね。


前回は、外見のことを例にあげて
お話しました。

でも、外見って心の底からオシャレが好きで
着飾ること自体が趣味という方もいますよね。

こういう方は、見られることも意識はしている
かも知れませんが、自分に磨きをかけるのを
目的とされている方も多いでしょう。

特に年を取ってオシャレに興味がなくなっていく
よりは、見られることを意識し続けられることで
若々しさが保たれたりします。

とっても良いことですよね。


ただ、これが外見とは関係のない普段の生活と
なると少し話が違ってきます。

普段の生活の中で


『見られたい自分』

『こうあるべきと演じている自分』

『理想の自分』


を造り上げて


最後には、

『なりたいのになれない自分』

を追いかけて、私のように朽ち果てる。


これは、お勧めできません。

最低限のオトナを装うことと、
良い人に見られたい欲望とは違います。


ありのままの自分から離れれば離れるほど、

『自分にも他人にも嘘をついている』

と考えて下さい。


嘘つきと言われると、急に否定されたようで
まずは拒絶反応から感じる方が多いと思います。

その拒絶する気持ちが強ければ強いほど
本来の自分を隠してきた人だといえます。


それは、絶対に騙してはいけない
『自分』を騙すこと。



急に変わることはできない。

結局、変えられないこともある。


でも、ほんの少しの意識の違いで
大きく人生が変わることもあります。

あなたが演じるのが当たり前と思っているのは
本当に必要最低限のことですか?

いつの間にか、過剰に演じていませんか?


疲れが溜まってしまう前に、
一度、自分を棚卸ししてみて下さい。


それでは、また。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。