私的花粉症対処方法!!

テーマ:

先日、今期初釣行へ行ってきたのですが、川の中に立ち込んでいる最中発症してしまいました。

 

一般的に考えれば、花粉が多く飛ぶ山に行くと花粉症になりやすいと考えがちですが、私の考え方は違います。

 

花粉単体では花粉症は発症せず、花粉に何らかの化学物質が結合することにより症状を引き起こす。

 

 

 

この考え方を元に検証してみました。

 

 

 

 

 

 

先日行った釣り場3カ所

 

①朝-中流域 (民家があり洗剤臭が若干有るところ)

 

 

 

②昼-源流域 (民家が無いところ)

 

 

 

③夕方-下流域 (民家が多く生活排水が多い所)

 

 

 

①若干怪しかったが発症せず。
②全く平常通り問題なし。
③川に入りしばらくすると、鼻水、くしゃみ、喉の痛みが出てきた。

 

 

 

明らかに、山の中の方が花粉は多く飛んでいてそこで発症すると考えるのが一般的だが、私の場合は違う。

 

 

 

「花粉+α=花粉症」

「α」が無ければ発症しないことになる。

私にとっての「α」とは"合成洗剤" "柔軟剤" "ファブリーズ等消臭剤" "建材臭"など色々。

 

今回の発症の原因は、川に垂れ流された合成洗剤臭によるもので、その証拠に、山奥の渓②では全く発症せず、③の本流で発症した。

 

一般の人は、合成洗剤と柔軟剤を使い洗濯をして、臭いのきついボディソープやシャンプーで全身を洗う。

つねに「α」を身にまとっているため、花粉の多い所に行けば当然発症のリスクは高くなる。

 

 

「α」はヒトそれぞれ。

合成洗剤に反応しなくても塗料や有機溶剤などに反応し発症してしまうこともある。

 

ちなみに、癒し効果があるとされるヒノキチオールは天然の殺虫剤。自然のものだから安全ということではなくヒトに対しての毒性もあるので注意が必要。

 

 

 

 

 

 

 

ここからが対処法

 

これをうまく利用すれば、発症してしまった後でも簡単に対処することができます。

 

1、家に帰ったら全身をぽぽで洗う。

2、湯船にえみなを5g入れゆっくりとつかる。

3、他からの影響を遮断するため抗酸化マスクでガード。

 

この方法で2日もすればマスクなしで外を歩けるぐらい回復します。

 

 「α」になりそうなものを極力身に着けないようにしてください。

 

 

現在抗酸化マスクは欠品中です。

代わりに抗酸化溶液を添加したガーゼを用意しました。

 

市販のマスクの内側に入れて使ってください。

 

一般に売られている使い捨てマスクは、化学物質臭がきつく「α」になってしまう可能性があります。

おすすめのマスクはこれ↓

http://store.shopping.yahoo.co.jp/shizenkan/sk180992.html

私はいつもこれを使っています。臭いしませんよ。

 

 

抗酸化のガーゼをカットして

 

 

内側に入れて使います。

 

 

 

抗酸化ガーゼは洗って何度も使えます。

 

 

 

 

少量しか作っていないのでご希望の方は早めにご連絡ください。

 

 

※私的にやっていることなので、あくまで自己責任でお願いします。

 

 

 

建陶社生活環境設計株式会社

http://www.seikatukankyou.com/

 

環境回復サロン 陶板浴こえど

https://www.facebook.com/kankyokaifuku.koedo.tobanyoku/

 

 

 

AD