抗酸化インク♪

最近万年筆を買ってみた。

 

字が汚い私は丁寧に書くこともしていない。

手帳に書いてある文字を後で読み返しても解読できないものもあるぐらい。

 

一文字ずつ丁寧に書くことを心がけるため万年筆を購入することになった。

 

 

どうせなら環境に良いインクにしてしまおうと思い抗酸化溶液を入れてみた。

 

 

 

 

 

インクに入るごく微量の抗酸化溶液。

この万年筆で私が文字を書くことで、大きな効果はないと思うが、汚い文字でも少しは環境にやさしくなれれば良いかな。

 

 

ついに勢いでペンケースも作ってみた。

もちろん製造段階で抗酸化処理を施し、表面処理をするミツロウワックスにも抗酸化溶液を添加してある。

このペンケースを左胸のポケットに入れておくだけで、心臓の動きが良くなるような気がする(笑)

 

 

 

 

詳しくは・・・

 

 

建陶社生活環境設計株式会社

http://www.seikatukankyou.com/

 

 

陶板浴こえど

http://www.seikatukankyou.com/koedo.html

 

 

facebook

https://www.facebook.com/kankyokaifuku.koedo.tobanyoku/

 

AD

ユニットバス 抗酸化処理

テーマ:

最近よく聞かれます。

「ユニットバスに抗酸化処理をして効果あるの?」

 

 

答えは当然「あります!」

 

 

 

 

 

 

防カビ効果

 

浴室のコーキング部分や排水回りに付くカビは頑固でなかなか落ちません。

除去するにはカビキラーなどの有害物質を含んだ薬品を使って殺菌したり漂白したりします。

一時きれいになってもすぐにまた黒カビは生えてきます。

 

原因は殺菌してしまうことにあります。

薬剤で殺菌し無菌状態になった部分には、黒カビなどの菌が繁殖しやすくなります。

 

抗酸化工法では殺菌をしません。

俗に言う善玉菌を優位にすることにより黒カビが繁殖しにくい環境を作ります。

 

殺すのではなく生かす技術ですねニコニコ

 

 

 

 

 

保温効果

 

 

写真は断熱材がついている浴槽ですが、これが無いタイプでも浴槽に貯めたお湯が冷めにくいんです。

壁パネルや天井の裏側にも抗酸化処理をするので、冷めにくい抗酸化に囲まれた空間が出来上がりますラブラブ

 

 

 

 

化学物質除去

 

浴槽に貯めたお湯。

カルキや塩素を分解、とってもやわらかいお湯になります。

入浴剤なんていりませんよ、抗酸化のお湯は体の中に熱が入りやすく、芯まで温めてくれますニコ

 

新品のユニットバスは有害物質が多く使われており、新品臭がすごいのですが、この臭いも3日程度で無くなります。

 

 

 

らくちんお掃除

 

抗酸化処理を施したお風呂は汚れがこびり付くことなく、軽くこするだけで簡単に落ちてくれます。

排水管にも抗酸化処理をしますので、特有のヌメリなども出にくくなります。

 

 

たった数万円でこれだけの効果を期待できるのなら迷うことはないですね!!

 

 

 

詳しくは・・・

 

 

建陶社生活環境設計株式会社

http://www.seikatukankyou.com/

 

 

陶板浴こえど

http://www.seikatukankyou.com/koedo.html

 

 

facebook

https://www.facebook.com/kankyokaifuku.koedo.tobanyoku/

 

AD

素人でもできる漆喰♪

テーマ:

梅雨雨

 

じとじとしていてすっきりしません(>_<)

 

 

 

せめて普段居る室内の環境だけでもすっきりしていれば・・・

 

 

一昔前に流行った珪藻土壁。

先日お伺いしたお宅は、他社で10年ほど前に珪藻土壁を施工したのですが、触ると白い粉が出てくるようになりぼろぼろと落ちてくるようになりました。

 

そもそも珪藻土は自分で固まることができないので、接着剤などの樹脂を混ぜて固めています。

年数が経てばぼろぼろになるのは当然のこと。

 

 

 

 

 

 

 

村樫のしっくい画像


漆喰はお城の外壁にも使われるぐらいで、耐火性・耐久性・調湿性・意匠性にも優れた素材です。

 

こんなに良い素材なのだから、やらない手はない!

 

 

 

 

 

 

 

この写真は全くの素人が私の指導の下施工した漆喰の壁です。

天井はさすがに素人では難しいので、クロスにて施工しました。

 

 

細かなことを言い出すと左官職人の足元にもおよびませんが、自分のお家を苦労しながら自身で作り上げると愛着がわきます音譜

 

 

 

難しそうだな~って思ってませんか?

 

漆喰の壁はお城のような平坦でつやのある壁を作ろうと思うと大変。(素人では無理!)

 

ある程度のコテムラを出しながら塗ると意外に簡単にできる。

今は下地材も良い物があるのでチャレンジしてみると楽しいかも!

 

 

 

 

 

 

お客様ご自身で施工した写真があるので、こちらを参考にざっくりと工程を説明します。

 

まずはクロスを剥がし「いきいきコート」を塗布

 

 

 

ボードの割れているところやすき間に寒冷紗を貼り、全体的にMKプラスターを塗る。

MKプラスター

 

 

 

 

 

 

 

混ぜるときに使う水は抗酸化溶液1セラミック水3で割った水溶液を使う。

手でも混ぜられるが、できればマゼラーがあると良い。

 

 

 

 

 

硬化後漆喰を塗る。

 

いきなり広範囲に施工しようと思うとくたびれてしまうので、一部屋ずつ、もっと言えば壁の一面ずつ仕上げていくイメージで塗っていくとよいでしょう。

 

 

 

 

抗酸化工法で施工する場合に限り、材料の調達から施工指導まで私が面倒見ますよ音譜

 

 

詳しくは・・・

 

 

建陶社生活環境設計株式会社

http://www.seikatukankyou.com/

 

 

陶板浴こえど

http://www.seikatukankyou.com/koedo.html

 

 

facebook

https://www.facebook.com/kankyokaifuku.koedo.tobanyoku/

 

 

 

AD

ずいぶん前からASK会田会長から「古い陶板何とかしなさいよ~」と言われ続けていましたが、このたびゴールデンウィークを利用し新型抗酸化溶液と抗酸化セラミックの紛を使い、初期型陶板に抗酸化処理を行いました♪

 

 

同じ陶板でも製造時期によって性能が全く異なるもので、陶板浴こえどの茶色い陶板は前体制時の一番初期のものです。

陶板浴の効果が明確になったのもこの時期です。

 

初期のものは設置されている施設も少なく、当時純粋な思いで作られたであろう陶板なので、体への熱の入り方もやさしく奥まで入るかんじです。

 

茶色陶板は2種類あり、初期型の茶色のものと濃茶があります。

濃茶は多くの施設で使われております。

性能についてはご自身で体感してみてください。

 

新体制になってからはオレンジ色になり、見た目にも違いが分かりやすくなりました。

体への熱の入り方もしっかり入る感じで、温まるのも早いです。

焼かれているような熱さもないので長い時間入ることができます。(長時間はいる必要もないのですが・・・)

 

今回の処理は、日々進化している新型抗酸化溶液と抗酸化セラミック紛体をミックスして処理しました。

今までのオレンジ色陶板に比べて熱の入りやすさもさらによくなり、優しく体の芯まで素直に入る感じです。

 

 

 

 

 ヒトによって感じ方は違うもの。

新旧を体感できるのは「陶板浴こえど」だけ!

何が正解かご自身の体に聞いてみてください。

 

 

 

建陶社生活環境設計株式会社 陶板浴こえど

 

お問い合わせは・・・ こちらへ

 

facebook・・・  こちらへ

 

平素より建陶社生活環境設計株式会社及び陶板浴『こえど』をご利用頂きありがとうございます。

 

ゴールデンウィーク中は暦通り営業致します。
陶板浴『こえど』は4月29日30日、5月2日〜5月7日までお休み致します。

 

商品のご発送は5月8日から再開致します。(webでのご注文は通常通りお受け致します)

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

お問い合わせは・・・


建陶社 生活環境設計 株式会社
陶板浴こえどfacebookページ