谷口信輝オフィシャルブログ Powered by Ameba

SuperGT・Super耐久・D1 GRAND PRIXなどで活躍中!
谷口信輝オフィシャルブログ。


テーマ:
みなさんもうご存知の通り…

スーパーGT 第2戦 富士で…

勝っちゃいました。


{9FAA2A1F-0E39-4CE4-994C-11427C0E9580:01}



勝ったどぉ~! ではなく、

勝てちゃった!でもなく…


勝っちゃいました!


ニュアンスね。




今回のレースには、
もちろん1位を目指しては来てますが…

CRZ GTR BRZ プリウスが速いだろうと予測していました。



土曜の午前の公式練習で、
なにやらイマイチな雰囲気。

予選も、
イマイチなフィーリングのまま、
9番手で終えました。

その理由は…

シフトがうまく落ちない。
シフトダウンの時に、
回転が合ってなくて、
シフトロックになっちゃう。
だからハンドルを切れない。

っていう問題。

その問題を解決するため、
メカニックは夜遅くまで、
ミッションを下ろして、
バラしてチェックをする。

エンジニアは、
ロガーから、
細かく症状を探り、
セッティングを変更をする。


日曜の朝のウォームアップで、
フィーリングの確認をする…


確認をする…


確認…


数周走ったら…


ABSがトラブりピットイン。


そのまま走行時間中には直らず。


なので片岡は、
変更したセッティングに乗れないまま、
決勝を走ることになった。



今回のレースは500km、
周回数110周(500クラスがね)

300クラスは、
102周くらいだろうと予想。
(全体の1位のマシンが500kmに達したらチェッカーだから)


2ピットが義務付け。



まともな作戦で行くと…


102周を約3等分で走るのが普通。
34周/34周/34周前後。




がしかし…



9番手からスタートする我がチームは…



はじめから、
17周~20周の間に、
最初のピットを考えていた。

それは、
団子の中を走らず、
空いてる場所を走ろうという作戦ですが、
それにはリスクがあります。




やはり、
ロング、ロング、ショートで行った方が、
最後のスティントが燃料軽めで行けるとか、タイヤを交換せずに行けるかもとか、
レース中の作戦の幅が広がります。


でも、
うちはあえてショート、ロング、ロングで行こうと決めていました。


結構なバクチです。


僕らが、
17周くらいで1度目のピットを終わらせた後にセーフティカーでも入ろうもんなら、
もうこのレースは終わりです。
やはりセーフティカーのタイミングで交代をする方が、
大体得するはず。
しかし燃料の問題や、
1名のドライバーが全体の70%以上走ってはいけないルールなどを考慮して判断しないといけない。


作戦の幅ゼロのこの、
ショートロングロング作戦ですから。



ところが…



レースは意外にも、
前半から荒れました。



1度目のセーフティカーは10周くらいで入りました。


さすがに、
この周回数では、
1度目のピットは無理。
残り92周を走るにはガソリンが足りません。


なので、
全車コース上にステイ。



リスタートが切られ、
数周でまたセーフティカーが入りました。

その時点で約20周だったので、
迷わずピットインを決行!



ところが、
上位陣の大半が、
このタイミングでピットインしたので…

うちのショートロングロング作戦は、
「周りと一緒だね作戦」になっちゃいました。

{F455013E-D25B-4EE2-837C-5A22B38B7306:01}



僕の番になり、
一生懸命走り、

CRZ BRZ GTR ポルシェ ベンツ…

沢山抜きました。


11号車ゲイナーとのバトルは、
去年のJAFGPで平中とのバトルのシーンの真逆な感じでした(笑)



そして2番手に上がり、
トップを走る3号車GTRに追いついた所で、ルーティンピット。



片岡に最後を託す。



全体がルーティンを終え、
順位が落ち着くと…

僕らは2番手。




いつの間にか、
0号車CRZが前に。

どうやら、
タイヤ2本交換で前に行ったらしい。


この時点での順位は…

0号車 CRZ
4号車 Z4
11号車 SLS
3号車 GTR
7号車 Z4と続く


前を行く0号車に追いつくどころか、
むしろ離され気味の4号車。

後ろからゲイナーも迫ってきて、
大ピンチ。

僕は、
ただただ祈るだけ。


何度もゲイナー(ビヨンビルドハイム)のミサイルが飛んで来ましたが、
片岡は辛くも凌ぎ、
2番手を渡さない。


すると、
トップを走る0号車のタイムが、
急に落ちて来た。


「タイヤがキテる!」


2本交換のツケが、
終わり間際に出てきた。


みるみるうちに、
0号車に近づいて行く4と11。


しかし…


0号車に追いつくは良いが、
前に詰まると、
11号車にやられる可能性も多いにある。


期待と不安が入り混じる中…


突然…


0号車がスピンした!


やはりタイヤがかなりキテたらしい。



ここで、
トップにたった4号車!

残り6周

ビヨンの猛追を抑えきれるのか?



この6周は長かった…



モニターを見ていて胃が痛かった。



{34FC7EDB-4ED6-4EA0-81DB-8759359983C4:01}



しかし…


流石片岡!


体型通り、
図太い神経で、
長い長いピンチを、
見事乗り切ってくれました!


{3691E22A-C73F-4A2F-88BA-7F206D70F5CA:01}



これにより、
まさかまさかの、
開幕から2連勝!!


{18E88EB4-5F6F-4F6E-91EC-9431B2D4F124:01}



僕は、
今回も優勝を狙っていましたが…

かなり難しいとも思ってました。



僕らのペースも、
悪くはないですが…

僕らのペースより速いチームは沢山いました。

今回のレースは、
僕と片岡の諦めない執念の走りと、
チームの的確なジャッジと、
「運」が良かった。


2度目のセーフティカーが、
16周から20周くらいに入った件も、
運が良かった。

この時点でピットに入ると…

燃費が苦しくなるマシンがいる。



実際に3号車GTRは、
ここでピットインしたので、
後半は燃料が苦しく、
ペースが上げられないことになっていた。


今回のレースで、
速さNo.1 No.2だったのが、
マクラーレンとプリウス。

この2台は、
終始39秒台で走るほど速かった。
(上位陣はみんな40秒台)


でも、
セーフティカーのタイミングでピットに入らなかったので、そこで勝負権は無くなりました。


最大のライバル、
7号車 スタディZ4は…

レーススタート時に、
ヨルグがフライングをしたらしく…

ドライブスルーペナルティ


最後まで片岡を猛追していたゲイナーSLSは、若干マシントラブルを抱えてたらしいのと、
500クラスに追突され1度スピンをしてるのに… あの位置。


どのマシンが優勝してもおかしくないレースでした。




僕ら4号車だけ、
何事もなく、
ゴールを迎えたわけです。



なので、

実力で勝ったどぉ~!って感じではなく、

だけど、
運だけで勝てちゃった!ってのも違う。


執念と運で勝っちゃった!だな。



{A2CA6E85-3592-465C-964F-5FE67CD702E6:01}




困難なレースを乗り切り、
本当にこのチームは最高だ!

スタッフみんなに感謝したい。


{23012DC4-3A7C-42BD-ABAF-BFB755850DEF:01}


この2連勝により、
ポイントは40点をゲット。

次戦オートポリスのウェイトは80kg

さすがに重たいだろうな。

雨でも降らない限り、
上位は厳しいだろう。

逆に言うと…

雨が降れば、
ちょっとチャンスあるかも?

6月だからね。

雨もあるよ。

ただ、
オートポリスは雨が降ると、
雲の中に埋もれてしまい、
レースが出来ないケースが多いからなぁ…




今のところ、
最大ポイントを稼いでいますが…

ランキング2位がゲイナー 
ランキング3位がスタディ

なので、
すぐ追いついて来そう…


{845C5992-C975-432D-95AB-31C374AE3A46:01}






















GT+が楽しみだ(笑)







いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

谷口信輝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース