谷口信輝オフィシャルブログ Powered by Ameba

SuperGT・Super耐久・D1 GRAND PRIXなどで活躍中!
谷口信輝オフィシャルブログ。


テーマ:

GT富士・・・   なんと勝っちゃいました о(ж>▽<)y ☆




NOB BLOG ・ SAVE JAPAN !!-ipodfile.jpg





ゴールデンウィークの真っただ中、

今年の富士も天気に翻弄されました。

(去年も雨でした)



5月3日(木)は、

午前中が練習、午後が予選。

がしかし、朝から雨。


レインタイヤでの練習&予選となりました。


予選は5番手でしたが、


車検落ちしたマシンが1台いたので、

4番手に繰り上がりました。



夕方、

チームに、

片岡(5月1日生まれ)と、

俺(5月18日生まれ)の、

誕生日祝いをしていただけました。



NOB BLOG ・ SAVE JAPAN !!-image0062.jpg


このケーキ・・・


凄い!



NOB BLOG ・ SAVE JAPAN !!-image0061.jpg


みなさん、ありがとうございました。


嬉しくて、涙がちょちょ切れました。 ←死語(笑)





5月4日(金)

決勝日です。


前日が終日雨だったので、

今回もスリックタイヤのテストができないままだったので、

朝のウォームアップで少しでもスリックの確認がしたかったのですが・・・


ウォームアップの時間ですら、

路面は濡れていて、

いたずらな天気は、決勝まで一切、タイヤを確認させてもらえませんでした。




GTは300kmの距離を走るレースなのですが、

今回の富士は500kmレース。

通常より200km長い。


ルールとして、

「2ピット以上、ドライバー交代も2回以上」というのがあります。


なので、

どちらか片方のドライバーが2回乗らなくてはいけません。


今回のレース、

俺達0号車は、

俺がスタートドライバーを務めました。


今回の富士から、

BOPというヨーロッパの性能調整が決まり、

各車の勢力図はどんな感じになったのかがやっとわかる1戦でもありました。


ぶっちゃけ・・・


俺たちのBMW Z4(11年モデル)は、

他車に対して、

「速さ」では全く敵わないことがわかりました。


正直、1秒くらいの「差」があります。

(1発の速さも、アベレージも)


(速さのリアル順位は、

ポルシェ、アストン、GTR、ランボ、R8の次だと思うので、

10番手前後というあたりだと思う) 


決勝も、4番手からのスタートですが、

前を抜くというより、

後ろにどんどん抜かれていく予想でした。


俺たちの作戦は、

しぶとく、安定したラップを刻み、

ピットワークも含め、

100点のレースをするしかない。

それで何位になれるのか?


周りがやらかしてくれて、

なんとか表彰台の一角に乗れないかなぁ・・・という淡い期待で臨みました。




決勝がスタートする頃・・・


なんと、雨が降ってきました。

どんだけいたずら好きな天気なんだよ。


セーフティーカースタートとなり、

3周くらいセーフティーカーが引っ張りました。


が、2周目に、

これはスリックは無理だと、

ほぼ全車、ピットインし、

タイヤをインターミディエット(浅溝レイン)に交換しました。


そこで、予選順位もへったくれもなく、

順位がバラっバラになりました。


多分・・・


俺は6番手を走っていたと思う。



すぐに雨は上り、

各車、再びピットに入り、

スリックタイヤに交換していく。


俺達は、500kmを2回ピットで走り切る為に、

ギリギリまで、インター(浅溝)で我慢する。


路面はすっかり乾き、

スリックタイヤを履いているマシンの方が速いタイムで走るが、

今ピットインをすると、

もう1度ピットインが増えてしまうので、

ミニマム(14周)まで我慢して走った。


正直、14周では、残り99周くらい走らなきゃいけないので、

ギリギリ無理かも的なところでした。

そこをエンジニアたちが、胃を痛くしながらの燃費計算&祈りで戦っていました。


そこからは片岡が、

プロらしい「いぶし銀」の走りで、

「燃費を稼ぎながら&タイヤを労わりながら&速く走る」という仕事をしていました。


タイヤなりに闇雲に全開で走るのは素人。


この、「燃費を稼ぐ」「タイヤを労わる」という行為と、

「速く走る」というのは、反対の行為でしょ?


更に・・・


スリックの確認ができていない、

雨続きで、路面ができていない(ラバーがのっていない)、

ということで、

タイヤがどれくらい持つのか?

無理をかけると、「グレーニング」という、タイヤがグソグソになる現象が出ないか?

もしグレーニングが出てしまうと、もう全然まともなタイムでは走れない。


俺がミニマム(14周)で入ってきたので、

もう片岡は44周は走ってもらわないといけないので、

未知のタイヤポテンシャルを、

壊さないように、

燃費を稼ぎながら、

速く走るという仕事をしていたんだ。


こういう事ができるドライバーだから、

俺は今年、

「片岡が絶対必要だ!」とチームに要請したんだ。


で、片岡のフィーリングを聞きながら、

同じタイヤで最後のスティントを行っていいのか?

変えた方がいいのか?を決めるんだ。


で、58周目、

片岡がピットイン!


俺に交代をしていると・・・


ストレート上で、

大事故が起きた。


セーフティーカーが出た。


俺がドライバー交代を終え、

コースへ戻る時、

そのクラッシュの破片が散乱していて、

避けようがなかったので、

「パンクしませんように・・・」と願いながら、

クラッシュ車両を見たら・・・


あまりの悲惨な状況に唖然としました。

近年稀に見る大事故です。

ドライバーの無事を祈ります。


片岡が走っている時に・・・


モニターでレースを見ていると・・・


ほとんどのチームが、

まだ1回もドライバー交代をしていない模様。


ってことは、

あと2回はドライバー交代をしなければならないわけで・・・


上位にいるチームほとんどだった。


これは・・・


俺達・・・

実質上、トップ争いだぞ!


15号車のポルシェだけが厳しいが、

あとは全部、ひっくり返せるぞ!という状況だった。


話は戻り、


ピットエンドからコースインし、

クラッシュ車両を見たら・・・

15号車だった。


でも、

あまりの悲惨さに、喜べなかった。


このレース・・・

荒れすぎだぞ・・・ と心を引き締めた。



セーフティーカーランをしているところで、

現在の状況を把握すると・・・


見た目は5位くらいだが、

実質上は、

0号車がトップで、

2番手がガライヤ、

3番手が紫電。


この3台での決戦だなという状況だった。


がしかし、

ガライヤの方が、

こちらより速そうだったので、

俺は負けるわけにはいかないと、

残り40周くらい、なんとか逃げきるつもりだった。



コースがクリアになり、

リスタートをし、

俺は逃げてた。


タイヤを労わりつつ、

燃費を気にしつつ、逃げてた。


すると・・・


ある周に、


18号車HSV小暮が、

プリウスコーナーで、

俺に後方からぶつけ、

俺はスピン、コースアウト。



NOB BLOG ・ SAVE JAPAN !!-ipodfile.jpg


エンジンも止まり、大きくロス。


順位も3番手に落ちる。



トップ ガライヤとは12秒、

紫電とは6秒差くらいだった。




俺は、そこで、

「もうタイヤマネージメントなんかどうでもいい」

「絶対追いついてやる!」

「タイヤがタレたらそれまでだ」

「ガソリンが持たなくてもそれまでだ」

とにかく絶対追いつく!

で、絶対抜く!


と、鬼プッシュしまくった。


エンジニアは、さらに燃費でハラハラし始め、

俺は、紫電をじわじわ追い詰め、抜き、


残るガライヤを追った。


なかなか追いつかないガライヤだったが、


フロントガラスにポツリポツリと、

雨が落ちてきた。


ガライヤのペースが落ちてきた。


チャンスとばかりに、

追いつき、追い抜いた。



残り7周・・・

トップにたったのだが、


もうこれ以上雨は降らないでくれと願った。


スリックで走れないほど降られると、

また不確定要素が出てくるからだ。


願いが通じたのか、

雨は、その後減り、


無事にチェッカーを受けることができた。




今回のレース、

まともに行ったら、全然勝ち目のないレースだった。


がしかし、天気のいたずらや、

他チームのトラブル、アクシデント、失敗に助けられ、

優勝することができました。


俺達、チーム全員の総合力で勝ち取った勝利だと思います。


今回、1番のMVPは、

エンジニアの燃費計算と判断かな。



NOB BLOG ・ SAVE JAPAN !!-ipodfile.jpg



今回、優勝することができて、

うれしい誤算でした。


でも、

今後のレースは厳しいこと間違いないのです。



いろんな関係者の皆様、

スポンサー各位様、

チームのみんな

片岡


ありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)

谷口信輝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース