昴の雑記帖

主に【映画】絡みになります(笑。映画の感想は極力ネタばれ無い様にしておりますので、お気軽に^^)。

後は徒然と…

徒然と徒然と、気の向くまま、思い向くまま、お気楽極楽のんびりまったりと・・・OK
ヘッダ画像


テーマ:
【若きハン・ソロ最終候補に『キングスマン』タロン・エガートンら!】


  映画『スター・ウォーズ』シリーズでハリソン・フォードが演じてきた
  人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くスピンオフ映画で、
  その主役の座を巡るオーディションがいよいよ最終段階に入ったようだと
   The Hollywood Reporter が報じた。

  『キングスマン』のタロン・エガートン、
  『ヘイル、シーザー!』のオールデン・エアエンライク、
  『トランスフォーマー/ロストエイジ』のジャック・レイナーらが最終候補に残っているという。 


  米ディズニーとルーカスフィルムによって行われている大規模な本オーディションは、
  候補者の数が実に2,500人以上にのぼっていたと報じられていた。
  同サイトに情報を提供した者によると、先週、ロンドンで行われたテストに、
  タロン、オールデン、ジャックの3名が参加したという。
  彼らは、すでに監督との面会を経ていた10名ほどの候補者の中から声をかけられ、
  今回のテストを受けたとみられている。
  その10名の候補者には『セッション』のマイルズ・テラーや
  『きっと、星のせいじゃない。』のアンセル・エルゴートが含まれていたようだ。

  最終候補者リストにはそのほか数名の俳優もいるものとみられているが、
  『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の際と同様に、徹底した秘密主義が貫かれているため、
  全候補者を特定するのは困難だと同サイトは伝えている。
  ディズニーはこの件に関してコメントを控えているとのこと。

  そして今回、テストを受けたとされる3名はいずれも若手の注目株ばかり。
  タロンは、日本でもサプライズヒットを記録した
  スパイアクション『キングスマン』での活躍が記憶に新しいほか、
  ヒュー・ジャックマンと共演を果たした新作
  『エディー・ジ・イーグル(原題) / Eddie the Eagle』(日本公開未定)の公開を控えている。

  オールデンは、韓国の鬼才パク・チャヌク監督作『イノセント・ガーデン』や
  ウディ・アレン監督作『ブルージャスミン』に続き、
  ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が手掛ける新作
  『ヘイル、シーザー!』(日本公開5月13日)で主要キャストに名を連ねている。
  ジャックは『トランスフォーマー/ロストエイジ』で
  マーク・ウォールバーグ演じる主人公の娘のボーイフレンド役で注目を浴び、
  マイケル・ファスベンダー主演作『マクベス』(日本公開5月13日)など話題作に出演している。

  本スピンオフのメガホンを取るのは、『LEGO(R)ムービー』『22ジャンプストリート』の監督
  コンビ、クリス・ミラー&フィル・ロード。全米公開は2018年5月25日を予定している。
  人気キャラクターの若かりし頃を演じるまたとないチャンスを握るのは誰なのか。期待が高まるばかりだ。





さて、誰が射止めますか?

↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
予告編パート2。いよいよ、蟻と蜘蛛登場ですな^^



↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エミリー・ブラント危機一髪、メキシコ麻薬戦争描く「ボーダーライン」特別映像公開


「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作「ボーダーライン」の
特別映像が公開された。

「ボーダーライン」の舞台は、アメリカとメキシコの国境に面した都市フアレス。
麻薬カルテルを壊滅させる極秘任務に就いたFBI捜査官ケイトを中心に、
人命がいとも簡単に奪われる無法地帯での攻防が描かれる。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントがケイト役で主演を務め、
「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、
「ノーカントリー」のジョシュ・ブローリンが脇を固めている。

公開された特別映像は、映画本編の冒頭シーン。完全武装したケイトたちがバンに乗り込み、
誘拐事件の犯人グループのアジトに強行捜査を行う場面だ。
映像では、ケイトが犯人グループの一員の銃撃を間一髪でかわし応戦するシーンや、
ほかのFBIメンバーが壁の中に隠された“何か”を見つける場面を観ることができる。



やはり、エミリー・ブラントがカッケー(笑)



↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ズートピア」ジュディの旅立ちシーン公開、動物が暮らす大都会の全容明らかに


ディズニー・アニメーションの新作「ズートピア」より、
本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

本作は、「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」の
リッチ・ムーアが監督を務めたファンタジーアドベンチャー。
動物たちが平和に暮らす文明社会“ズートピア”を舞台に、
ウサギの警察官ジュディと詐欺師のキツネ・ニックの冒険を描く。

このたび公開された映像は、ジュディが警察官になるために故郷のバニーバロウから
大都会ズートピアへ向かう旅立ちのシーン。
両親や275匹の兄弟と別れを惜しみつつ電車へ乗り込んだジュディは、
みるみる変わる窓の外の景色に目を輝かせる。
そしてこのシーンでは、ズートピアの全容が明らかに。
ジュディの乗る電車がまず通過するのは、ラクダなど砂漠の動物が暮らす“サハラスクエア”。
さらにホッキョクグマやトナカイなどが暮らす白銀の世界“ツンドラ・タウン”、
熱帯雨林の“レインフォレスト地区”を通り、
最後にビルが立ち並ぶ“サバンナ・セントラル”に到着する。

またこの場面で使用されているのは、Dream Amiが歌う主題歌「トライ・エヴリシング」。
オリジナル版でシャキーラが歌っている楽曲の日本語版だ。
映像の中では、ジュディが音楽プレイヤーを操作することでこの曲が流れ始めるが、
Amiはその画面に表示されているポップスター・ガゼル役も務めている。



正直な話『ズートピア』は鑑賞するかどうか迷ってる(汗)
何せ、『インサイド・ヘッド』で懲りてるしなぁ(苦笑)。


それよりも我が家は『ペット』が観たい(笑)





↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ファインディング・ドリー」日本語吹替版予告、ジンベイザメも新たに仲間入り


ディズニー / ピクサーによる長編アニメーション「ファインディング・ドリー」の
日本語吹替版予告編がYouTubeにて公開された。

本作は2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の1年後を描く新たな物語。
予告編の冒頭部分には前作に引き続き日本語吹替を担当した、
ニモの父親・マーリン役の木梨憲武とドリー役の室井滋が登場。
おなじみのキャラクターに再び声を吹き込んだ喜びを伝えている。

さらに予告編では、いつも忘れん坊のドリーが家族の記憶を思い出し、
「ねえねえ、私のパパとママってどこにいるんだろう!?」と大はしゃぎ。
ドリー、ニモ、マーリンに加え、ウミガメのクラッシュ、
そして新しく仲間に加わるジンベイザメのキャラクターが力を合わせ、
ドリーの家族を探す大冒険に繰り出す。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、ドリーに寄り添うニモ、
ドリーを心配そうに見つめるマーリン、そしてどこか遠くを見つめるマーリンの姿が。
さらに「ドリーの秘密は、<人間の世界>に隠されていた。」というコピーが添えられ、
壮大な冒険を予感させる。



…早いなぁ。13年振りですかい。
しかし、室井さんも木梨さんも変わらん(笑)

7月になったらタートル・トークで特別ver.でもやるんかな?


↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラえもん『新・のび太の日本誕生』が初登場1位!旧作ファンの大人も劇場に!


興行通信社が7日、土日2日間(3月5~6日)の全国映画動員ランキングを発表し、
アニメ「ドラえもん」の長編映画36作目『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が
初登場ナンバーワンを獲得した。

74スクリーンで公開された同作は、動員54万4,816人、興行収入6億3,703万5,600円と、
最終興収39億3,000万円を記録した前作
『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』の初週
(動員55万7,310人、興収6億4,473万5,500円)並の成績を記録。作品評価も高く、
『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』(最終興収39億8,000万円)を
超えるシリーズ最高記録樹立への期待が高まっている。

客層の男女比は59対49で半々。年齢別では0~5歳が27.6%、6~9歳が20.2%、
10~12歳が14.4%。昨年と比較して、高校生以上、特に30代以上の比率が高く、
旧作の『ドラえもん のび太の日本誕生』を観た大人たちも来場した模様。
鑑賞理由に関するアンケートでも「1989年版の『日本誕生』が好きだから」という回答が多かったという。

世界的金融危機“リーマンショック”を予見した4人のアウトローを描き、
第88回アカデミー賞では主要部門を含む計5部門にノミネート、
脚色賞を獲得した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が4位に初登場。
214スクリーンで公開され、動員8万4,008人、興収1億1,581万4,100円を記録した。

先週首位デビューを果たした『黒崎くんの言いなりになんてならない』は
2位にランクダウンしたものの、先週末だけで動員10万4,669人、
興収1億1,936万4,700円を記録。累計成績は動員38万3,108人、
興収4億5,083万2,700円となった。公開5週目の『オデッセイ』は3位で、
ベスト3圏内をキープし累計動員210万人、累計興収30億円を突破。
公開6週目の『さらば あぶない刑事』は累計動員116万5,815人、
累計興収14億9,611万4,400円と、興収15億円突破も間近となった。

また、惜しくもトップ10入りを逃したが、赤川次郎の小説「セーラー服と機関銃」のその後を
橋本環奈主演で映画化した『セーラー服と機関銃 -卒業-』が12位となっている。

今週末は、『アーロと少年』『エヴェレスト 神々の山嶺』『家族はつらいよ』
『マジカル・ガール』『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』
『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』などが公開予定となっている。


【2016年3月5~6日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位

 1(初)『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』:1週目
 2(1)『黒崎くんの言いなりになんてならない』:2週目
 3(2)『オデッセイ』:5週目
 4(初)『マネー・ショート 華麗なる大逆転』:1週目
 5(3)『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』:7週目
 6(7)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:12週目
 7(6)『X-ミッション』:3週目
 8(4)『ザ・ブリザード』:2週目
 9(8)『さらば あぶない刑事』:6週目
 10(5)『Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~』:4週目



ドラえもんは強いねー


最早、春のドラえもん夏のポケモン冬の妖怪ウオッチは定番か。。。


マネー・ショートは恐らく、アカデミー効果。個人的にはあまり観ようとは思ってない(笑)


セーラー服を機関銃 卒業・・・外れだった^^;

↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【「デスノート 2016」に戸田恵梨香が海砂役で出演!事件の重要人物に】


  大場つぐみ、小畑健原作による実写映画「デスノート 2016」に、
 戸田恵梨香が弥海砂役で出演することが決定した。

  弥海砂は2006年公開の映画「DEATH NOTE」シリーズで、
 死神に魅入られデスノート保持者となったトップアイドル。
 2008年に公開された「L change the WorLd」にも登場していた。

  「デスノート 2016」ではデスノートにまつわる記憶を失うも、
 月への思いを抱き続けながら女優として活動中。
 6冊のデスノートが人間界に持ち込まれたことにより、
 月とLの戦いを知る海砂の記憶を狙う人物が現れ、
 ノートをめぐる事件に巻き込まれていく。
 2006年版の「DEATH NOTE」でスクリーンデビューを果たした戸田は、

  「10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて
   伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います」

 とコメントを寄せている。




ミサミサ来たーーー!!!




↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
死んだはずの美女が蘇生して牙をむく、絶叫ホラー「ラザロ・エフェクト」予告編


「二郎は鮨の夢を見る」のデヴィッド・ゲルブが手がけた
「ラザロ・エフェクト」の予告編がYouTubeにて公開された。

本作は世界中で報告されている脳死患者が“復活”する現象、
“ラザロ徴候”にまつわる恐怖を描く絶叫ホラー。ゲルブと「パラノーマル・アクティビティ」
を生み出したブラムハウス・プロダクションズがタッグを組み製作した。
出演はマーク・デュプラス、オリヴィア・ワイルド、ドナルド・グローバーら。

予告編は、死者をよみがえらせることができる“ラザロ血清”の研究の最中に、
メンバーのゾーイが感電死する場面から始まる。
婚約者のフランクがラザロ血清を投与したことで奇跡的に息を吹き返すものの、
死亡する前とは明らかに様子が異なるゾーイ。
そして彼女が次第にコントロール不能となり研究者たちへ牙をむく姿や、
死後に体験した恐怖を巡る映像が映し出されていく。

本作について、ゲルブは

 「人間をこの世によみがえらせるというコンセプトを
  徹底的に掘り下げるアイデアがすごく気に入った」

とコメント。また

 「よみがえるまでの間、いったいどんな体験をするのだろう?
  よみがえったとき、以前とは何が変わっているだろう?
  そして、潜在的に何を持ち帰ってくるのだろう? 若い科学者たちは、
  患者や愛する者たちに希望を与えようというところからスタートするけど、
  自然の法則をもてあそぶことには恐ろしい影響があることに気付くんだ」

と見どころを語っている。

「ラザロ・エフェクト」は6月11日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。
なお一部の劇場を除き発売中の前売り鑑賞券には、
“蘇生意志表示カード”デザインのステッカーが付属する。



当り外れは別にして…こういうの好き(笑)



↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
山下智久がバッタに変異!『テラフォーマーズ』戦闘シーン


伊藤英明主演で、ゴキブリと人類の戦いを描いた人気コミックを映画化する
『テラフォーマーズ』から予告編が公開され、
体内に埋め込まれた昆虫のDNAを活性化させサバクトビバッタに変異した武藤仁(山下智久)をはじめ、
豪華キャストがふんするバグズ2号乗組員の変異シーンがお披露目された。

人口増加の影響により、地球から火星に人類を移住させる火星地球化
“テラフォーミング”計画が進む2599年、火星に送り込まれ異常進化してしまった
ゴキブリことテラフォーマーと、駆除のために特殊な手術を施された
15人の宇宙船クルーとの戦いを描き出す本作は、
『クローズZERO』シリーズや『悪の教典』などの三池崇史監督がメガホンを取った。

公開された予告編の冒頭では、宇宙船バグズ2号が火星に接近し着陸するシーンが映し出される。
テラフォーミング計画の全貌を知らされないまま、本多晃博士(小栗旬)にすすめられ
バグズ手術を受けて火星に向かった15人のクルーは、
人型に異常進化したゴキブリたち“テラフォーマー”に遭遇し次々に倒されていく……。

しかし、「俺たちは必ず生きて帰る」と力強く宣言する小吉(伊藤)や
「俺より強いやつがいるなんて許せねえ」と苦々しく口にする仁(山下)を筆頭に、
手術で体内に埋め込まれた昆虫のDNAを活性化させたクルーは、
肉体変異とともに特殊能力を発揮。三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE が
本作のために書き下ろした主題歌「BREAK OF DAWN」をバックに、
乗組員たちとテラフォーマーの激闘が展開する。
ほか乗組員役には、武井咲、山田孝之、菊地凛子、小池栄子らが名を連ねる。



…いや、もう何か色々だめだろ(笑)

↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アントニオ・バンデラスがロボットの衝撃行動に呆然、「オートマタ」映像公開


アントニオ・バンデラス主演作「オートマタ」より、
本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

近未来の地球を舞台にした本作は、人工知能搭載ロボット
“オートマタ”の反乱を描くSFスリラー。
オートマタを製造・管理する企業に勤める調査員ジャック役をバンデラスが演じ、
共演にはビアギッテ・ヨート・スレンセン、ディラン・マクダーモット、
メラニー・グリフィスらが並ぶ。
メガホンを取ったのは「シャッター ラビリンス」を手がけたスペイン人監督のガベ・イバニェス。

この映像には、立ち入り禁止区域に足を踏み入れたジャックが、
スナイパーから狙撃を受けて逃げ込んだ先のコンテナでオートマタと出くわす場面を収録。
ジャックが「何を隠している?」と問うと、オートマタはおもむろに燃料を自らの体にかけ、
溶接用の火花を散らして炎上。燃えさかるオートマタを前に
呆然とするジャックの姿が切り取られている。



アントニオ・バンデラス主演で所謂ロボット3原則を扱った当作品。

結構、気になってる。




↓人気BR参加中!ポチットな
OK

人気ブログランキングへ



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。