金魚をアートに仕立て上げる「アートアクアリウム」@日本橋三井ホールに行ってきました。

会場は大盛況!

夏になると金魚を見たくなるのは日本人のDNAに刷り込まれてるんですねぇ。

琉金たちのヒラヒラの尾ビレが、ライトに照らされるさまは、とても涼しげでほんとにきれい。

photo:02



photo:03



金魚たちの泳ぐさまによって模様がかわる水中金魚絵巻もなかなか綺麗でした。

カラフルなライトに照らされるこの金魚たちは辛くないのかな、とか考え始めなければ楽しめます。

金魚を見てたら金魚の思い出が蘇ってきました。

むかしフランス留学をしてたころ、友達が金魚を飼い、金ちゃんと名付け可愛がっていました。友人一同、けっこう可愛がっていたのですが、しばらくたって「最近金ちゃん、動かなくて元気ないねぇ」なんて言っていたら、金ちゃんは一緒に住んでいたナマズのプレコにかじられてお亡くなりになっていたのでした。

わたしたちはしばらくの間、死んだ金魚を愛でていたわけです…。

いつも底にへばりついてほとんど動かなかったプレコがいつの間にそんな行為に及んでいたのか…。友人一同かなり恐れをなした出来事でした。

余談でした。

このアクアリウムは9月23日までです。

iPhoneからの投稿
AD