空・月・星・虹

趣味の一人旅やマラソン等を書いていきますので応援ヨロシクお願いします

47都道府県のマラソン大会制覇‼ 次は海外マラソン⁉


シーズン‘39’ 参加レース


2017年
7/2 函館マラソン(フル)



テーマ:
能登和倉万葉の里マラソン①のつづきです。

 
27.8km地点のエイドまでは、㌔4分40〜50秒ペースで進む予定でしたが、アップダウンの連続で 体力が消耗し、中間地点を過ぎて 早くもペースが落ちていきます。
 
22.6km地点のエイドでは、能登の食材を使用した おにぎりが用意されており、ツインブリッジのと を進みながらいただきます。



後半もアップダウンが続き、能登の里山を走ります。

コース上には残雪がありました。


 
ペースは㌔5分を超えてきましたが、なんとか踏ん張って 27.8km地点のエイドに到着し、能登かきが入った「能登マ丼」をいただきます。



コースはこれからフラットになりますが、最初から27.8km地点までをペース走で走ろうと思ってたし、脚も疲れてるので、ここからはゆっくり進みます。

30km地点を通過。



海からの風が冷たく、ゆっくり走ってると寒いです。


 
また 気温は低いですが、花粉も飛散しており、寒さなのか?花粉なのか?わかりませんが 後半はくしゃみしながら走ってました。

33.4km地点のエイドでは、おかゆが用意されてましたが、ご飯が続いてるのでスルー。

35.2kmのエイドでは ビタミンちくわをいただきました。



 
残り5kmからは、残距離が標示されます。



ゆっくりペースも㌔6分→㌔7分までペースが落ち、40km地点を通過。



後半は 後方ランナーに次々と抜かれましたが、途中で歩くことなく 和倉温泉街に戻ってきました。



沿道の声援に励まされ、最後は力を振り絞って 無事ゴールしました。


 
結果は下記のとおりです↓
 

 
レース後は、タオルと記録証を受け取ります。

せっかく和倉温泉に来てるので、温泉券(1,000)を購入し、旅館の露天風呂で汗を流しました。



まだ混んでなかったので、ゆっくり入れましたが、外から露天風呂が丸見えで、すぐ近くに観光客がゾロゾロ歩いてたのはびっくりしました。
 
イベント会場に移動し、無料のつみれ汁をいただきます。



参加賞で500円分の金券をいただき、出店は大賑わいです。



一番人気は牡蠣小屋でしたが、これを頼むとビールが飲みたくなるので、今回は諦めます。



他にも地元グルメがたくさん用意されており、能登島バーガーをいただきました。


 

タフなコースでレースは惨敗でしたが、能登の食べ物をたくさんいただき、沿道の声援も熱く 素晴らしい大会でした。
 
最後に大会スタッフの皆さん。沿道で声援を下さった皆さん。寒いなかありがとうございました。
 

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
3/12㈰は、能登和倉万葉の里マラソン(フル)に参加しました。
 
石川県和倉温泉までは車で移動し、滋賀県以北では所々で雪が積もってましたが、道路上には残っておらず、ノーマルタイヤで通行できました。
 
和歌山から6時間以上かけて、受付会場の和倉温泉観光会館に到着し、参加賞を受け取ります。


 
ゼッケンは事前に配布されており、参加賞はアームウォーマーでした。

この辺りは日中の気温も5℃前後で、まだまだ寒く、アームウォーマーは嬉しいです。
 
和倉温泉付近では宿が確保できなかったので、富山県へ移動し、氷見市内のホテルに泊まります。
 
夕食は白エビの天ぷらに、



氷見うどんをいただきました。



当日の朝も 朝食バイキングをいただき、氷見グルメを味わいました。
 
大会会場から車で40分程なので、多くの参加者が宿泊されていました。
 
大会種目は フルの他に、10km,親子ラン,ウォーキングがあり、参加者は全体で7500名。
 
スタートは ブロック毎に整列し、自分はBブロックからスタート。



コースは、アップダウンの多いコースで、登り坂看板も設置されています。


 
看板には坂の数と延長が標示されています。

能登島大橋を渡って能登島を走ります。

給水所は12箇所あり、アミノバリューや給食も用意されています。


 
次のエイドステーションまでの距離も標示されています。

距離標示は1㌔毎に設置しており、5km毎で計測が行われます。



9km手前で先頭集団とすれ違います。


 
ここから 選手とスライドします。

七尾湾(海側)の方を見ると 立山連峰を見ることができますが、視界は悪くなかったので見えてたのかな?

何個目かの坂を登り、第1折返地点を周ります。



10km地点を通過。



第2折返地点を周ります。



ペースランナーは4時間,4時間半,5時間と走ってます。



写真はありませんが、島の所々で、太鼓や吹奏楽の演奏があり 励みになりました。

前半はアップダウンが続き、20km手前で9個目の坂を登ります。



20km地点を通過。



中間点通過が1時間41分ですが、早くも脚に疲労が・・・


 
つづく。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

3/5㈰は、有田川駅伝に参加しました。

 

今回は、Facebookでお世話になっているチームで出場します。

 

7区間35.1kmのコースを走り、自分は2区(5.9km)を担当します。

 

当日は7時前に受付会場の吉備中グラウンドに到着。

 

チームの皆さんと会うのは初めてですが、すぐに見つける事ができ、チームの皆さんに御挨拶してゼッケンを受取ります。

 

7時40分に 2区を走る人は集合して、バスで移動します。

 

8時30分に第1中継所に到着して、ウォーミングアップを行います。

 

レースは9時30分にスタート。1区の選手を待ちます。

普段のレースでは緊張しないんだけど、チームで参加してる以上 チームに迷惑をかけれないので、プレッシャーみたいなもんを感じて スタート前は もの凄く緊張してました。

 

1区の先頭ランナーがやってきて、襷リレーを行います。



先頭は㌔3分ペース。

 

箱根駅伝を走った人や,大学生,高校生等、全体的に速いランナーが集まってます。

 

自分のチームも20番目ぐらいで襷を受取り、いよいよスタート。

 

2区のコースは、前半アップダウンが続いて、後半は下り坂となります。

 

スタートして直ぐに2人抜かれて、1人抜かれて、また2人抜かれて・・・と、抜かれてばっかりで、思ってるほどスピードも上がらないし、少々落ち込んで走っておりました。

 

1人だとそのまま最後までズルズル下がったかもしれないけど、チームで参加してるので そういうわけにはいきません。

 

結局8人ぐらいに抜かれましたが、最後まで全力で走りぬき3区のランナーへ襷を渡しました。




結果は、25分53秒(36位/47人中)。

 

2区のトップは19分台。中間順位でも23分台。

つまり㌔4分を切ってるペースなので、レベルの高い大会です。

 

走り終わった後は バスに乗車し、1時間ほど待機して、ゴール地点へ移動します。

 

 

この駅伝は途中に関門があって、制限時間内に通過しないと繰り上げスタートになりますが、自分のチームは最後まで襷が渡り無事ゴールしました。

 

最後まで全力で走って良かったです。


この大会は参加費が1人2,500円ですが、参加賞がとても多く、とてもお得でした。

 

出店の食事も安いので、豚汁と出店の食事でお腹いっぱいです。

 

会場を後にし、お風呂半額券を使用して、みんなでお風呂に入ります。

 

和歌山駅周辺へ移動して、打ち上げにも参加しました。

 

朝から晩まで お世話になりました。

 

 

駅伝の緊張感いいですね!

また走ってみたいです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
海部川風流マラソン①の続きです。
 
中間点を過ぎた最初のエイドでは、マラソン大会キャラクターである 「ふるるん」 から応援をいただきます。



海部川沿いの自然豊かな風景を見ながら進んで行き、24.3km地点で折り返します。



折り返してすぐのエイドでは、パンをいただきました。



折り返して500m程で、サブ3.5のペースランナーと すれ違います。



写真では見にくいですが、海部川にかかる橋の上では、鯉のぼりが泳いでました。



30km手前のエイドでは 梅干しをいただき、脚に疲労を感じ始めたので踏ん張ります。


 
こんな場所でも地元の方達は精一杯応援してくれるので、ホントに嬉しいです。
 
町中に参加者名簿を配布してるのかな?ゼッケン番号から名前を探して、名前で声援を送ってくれた方がたくさんいました。

35km地点付近では、きんかんの甘煮をいただき、この大会に協賛しているJALのCAさんからも応援をいただきました。



スチュワーデスって呼ばないんですね、キャビンアテンダント(CA)なんだね!
 
残り5kmからは、残距離も標示されます。



このままいけば 目標としているサブ3.5は確実。けど、ラスト5kmはスピードを上げて さらに上を目指したかったんですが、ペースを上がるどころか、疲労の影響で ペースが落ちていきます。
 
ゴール前の上り坂では、地元の高校生が伴走して励ましてくれて、めちゃくちゃ嬉しかったです。



怪我することなく 最後まで走り切り 無事ゴールしました。



タイムは下記のとおりです↓



アップダウンが多いので累積標高が高いですが、急な坂はありませんでした。
 
完走証、アミノバリュー、SOYJOY を受取り、更衣室で着替えます。
 
無料で、伊勢エビみそ汁をいただきます。


 
伊勢エビの香りが口の中いっぱいに広がって、美味しいみそ汁でした。
 
こちらも無料で、うどんをいただきます。


 
これだけで おなかいっぱいです。

あめゆ も無料でいただけます。



物産店では、地元産の食べ物が試食できます。
 

 
温泉無料券や観光割引券もありましたが、フェリーに間に合わなくなるので会場を後にしました。
 
RUNNETの口コミランキングでは毎年高得点なので、昔から気になっていた大会ではありましたが、おもてなしが素晴らしく、毎年高得点なのが納得できる大会でした。
 
今現在、100人以上の方が口コミし、96点を獲得。
 
今年も1位になって4連覇やね!
 
最後に大会スタッフの皆さん。沿道で声援を下さった皆さん。素晴らしい大会ありがとうございました。
 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10年前、東京マラソンをテレビで見て、ここを走りたいな と思ったのが、ランニングを始めたきっかけです。

 

今年は10年前と同様 テレビで観戦しています。

 

自分も2011年に 東京マラソンを走りました。

 

 

スタートからゴールまで、沿道の声援が続いて、もの凄く気持ち良かったです。

 

 

記録は、3時間50分ぐらいでした。

 

 

それにしてもよく10年もランニング続けてこれたな〜⁉

 

ハーフマラソン完走,フルマラソン完走,ウルトラマラソン完走,トライアスロン完走,トレイルレース完走,東京マラソン完走,自己ベスト更新等、目標がしっかりあったから 10年も続いてるのかな〜って思います。

 

さて、今後の目標は、函館マラソン(フル)で自己ベスト更新!

このフルマラソンが30代最後の大会となるので、自己ベスト更新できるように頑張りたいです。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2/19㈰は、徳島・海陽 究極の清流 海部川風流(フル)マラソンに参加しました。
 
徳島県の大会は約2年ぶりで、2回目となります。
 
前日に阿南市のホテルに宿泊して、当日は朝5時にホテルを出発。
 
コンビニで朝飯を食べて、6時30分ごろ大会駐車場に到着。
 
そこからバスで移動し、大会会場の まぜのおか に到着して受付を済ませます。



地元特産品をはじめ 参加賞品が多く、とても満足です。


 
当日は晴れで、そんなに寒くは無かったけど、更衣室では ビニール袋の耐寒着が用意されていました。



種目はフルマラソンのみで、参加者は約2,000名。
 
アップダウンの多いコースですが、日本陸連公認コースです。
 
ゼッケン毎(タイム順)で整列を行い、9時にスタート。


 
スタートロスは13秒。

スタート後は この大会のゲストで 徳島県出身の市橋有里さんとハイタッチし、サブ3.5を狙っているので、㌔4分50秒ペースで進んで行きます。
 
距離標示は1㌔毎に設置されており、路面にも標示されています。



地元の皆さんが一生懸命応援してくれるので、とても励みになりました。
 
写真はありませんが、阿波踊りの応援もあり、間近で見れて嬉しかったです。
 
地元の子供達とハイタッチしながら進んで行き、海部川沿いを走ります。


 
給水所は全体で13ヶ所設置されており、13ヶ所全てにアミノバリューが用意されているので、栄養補給も問題ありません。


 
給水所では、四国アイランドリーグ 徳島インディゴソックスの選手もお手伝いしております。
 
緩やかなアップダウンが続きますが、コース中盤は選手とすれ違う区間が多いので 励みになります。



ペースメーカーも3時間から30分毎に用意されているので 目標もって走る事ができます。



擁壁にも応援メッセージ。



5km毎の距離標示は 大きく標示されます。



16km付近で 折返します。



折り返してすぐに 3時間30分のペースランナーと すれ違います。



ペースメーカーとの差は約400m。
 
油断すると すぐに追いつかれるので、ペースを気にしながら進んで行きます。
 
海部川沿いに戻り、トンネル内を走ります。



トンネルを通過して 20km地点を過ぎると、早くも先頭ランナーと すれ違います。



ここで先頭との差は約9km。
 
トップは大塚製薬陸上競技部の招待選手でした。
 
中間点を 1時間41分台で通過し、後半戦へ突入します。
 
OI000804.jpg


つづく。

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2/12㈰は、有田みかん海道マラソン(10km)に参加しました。
 
自宅から1時間程運転して、大会会場のマツゲン有田球場に到着。



受付を済ませて 参加賞のTシャツ等をいただき、ゼッケンは 7 です。



大会種目は10kmの他に、親子マラソン(2km)と ウォーキング(7km)があり、参加者は全体で900人程です。
 
当日は雪予報でしたが、晴れたり曇ったりで、天気には恵まれました。



野球場内に集合し、記録は狙ってないので 最後方からスタート。
 
グラウンド内を半周して、一般道に出ます。



最初こそ平坦ですが、アップダウンの多いコースで、主に有田みかん海道を走ります。



給水所は全体で2ヶ所ありました。



みかん畑の前を通りますが、収穫が終わっており、みかんの姿は無かったです。



5km地点で折返し、元のコースを戻ります。



折返すと 前方には太平洋が一望に広がり、淡路島や四国も見えて感動しました。



距離標示は、残り4kmから1km毎にありました。



レースの終盤は下り坂メインとなり、最後の2kmはスピードを上げて、そのままゴールしました。
 
結果は下記のとおりです。↓



ゴールすると くじ引き抽選を行い 「ほねく」 が当たりました。


 
有田市は太刀魚の漁獲量が日本一であり、太刀魚を骨ごとすり潰して揚げた物を「ほねく」といいます。

また、有田産の炭酸水 や 有田産みかん もいただきました。
 
イベント会場では、はも団子汁が無料で振る舞われており、とても美味しく、身体が温まりました。



コーヒーも無料でいただけます。



温泉もゼッケンを提示すれば、無料で入れます。


 
こんだけたくさん無料のもんがあって、参加費2,500円は かなりお得です。

ご当地グルメも たくさん食べれて 大満足でした。
 
 
最後に大会スタッフの皆さん。沿道で声援を下さった皆さん。寒いなかありがとうございました。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2/5㈰は、香川丸亀国際ハーフマラソンに参加しました。
 
前日に丸亀へ移動して宿泊し、当日の朝は6時に起床。
 
消化に良い かけうどんを朝飯に食べて、大会会場に向かいます。
 
大会駐車場に到着しましたが、雨でグラウンドがグチョグチョ状態。
 
シューズは一気に汚れましたが、大会会場の Pikaraスタジアムへ行き、受付を済ませます。



種目は ハーフの他に 3kmがあり、参加者は、なんと・・・全体で約12,000人です。
 
ハーフのスタートは 3回(A,B,C)に分けて行い、最初のAは 実業団選手や大学生等、トップクラスの選手が走ります。

OI000723.jpg
 
Bは 男子1時間50分以内,女子2時間以内の記録証を エントリー時に提出された方で、それ以外はCからのスタートとなります。

B・Cは スタジアム内で集合し、1万人程のランナーが集まっております。



A・Bがスタートして、いよいよ自分が参加する Cの番。
 
スタートの順番も ブロック毎に分かれており、自分は一番先頭のブロックからスタート。



スタート時には雨も上がり、湿度が高くて、風も無く、平坦なコースなので、記録を狙うには絶好のチャンス。



今シーズンはまだ100分切りを達成してないので、㌔4分30〜40秒ペースで進んで行きます。
 
㌔標示は1km毎にあります。



5km手前で、先にスタートしたエリートランナーとすれ違います。



1位は外国の方でしたが、神野選手や村山選手等、実業団選手や箱根駅伝に出場してる大学選手の走りが間近で見れます。
 
給水所は全体で5ヶ所あり、アミノバリューと水が置いてます。



女子のエリートランナーとすれ違い、こちらも1位は外国の方でした。


 
中盤も序盤と変わらず㌔4分30〜40秒ペースを刻んでいき、中間点は 48分17秒(ネット)。



坂出駅付近で折り返します。



折返点は約10.7km地点でしたが、約15km地点まで 後方ランナーとすれ違います。



また前方も、Bスタート選手に追いついたので、たくさんのランナーが走っており、改めて参加者が多いなと思いました。
 
残り5kmからは残距離も標示されており、写真では見にくいですが、丸亀城を見ながら進んで行きます。



まだ余力はあったので、ここから少しペースを上げていき、前のランナーを次から次へと抜かしていきます。
 
スタジアムがある公園に戻ってきたので、さらにペースを上げたかったですが、ペースが上がりません。



けど、ペースが下がることもなく、そのままゴールしました。



結果は↓のとおりです。



今シーズン初めての100分切り達成です。
 
ゴール後は、完走証をいただいて 会場を後にし、近くの温泉で汗を流します。

帰りは、高松道のSAで さぬきうどんバーガーと、



丸亀名物の骨付鳥を食べて、和歌山に帰りました。


 

最後に大会スタッフの皆さん。沿道で声援を下さった皆さん。素晴らしい大会ありがとうございました。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1/29㈰は、たつの市梅と潮の香マラソン大会(ハーフ)に参加しました。
 
当日は朝5時に家を出発し、車で3時間かけて、大会会場の たつの市御津運動場 に到着。



ゼッケンは事前に送られてくるので当日受付はなく、当日は参加賞引換所で タオル&大会冊子をいただきます。
 
大会種目は ハーフの他に 10km,5km,3km,小学生,ファミリーの部があり、参加者は全体で約4,200人です。
 
スタートは、ブロック毎に整列し、自分はAブロックからのスタート。



コースの前半は アップダウンの多いコースで、梅林の前や はりまシーサイドロードを走り、5.5km地点で折り返します。


 
梅は まだ咲いてなかったので、梅の香りはしなかったけど、海岸沿いでは 潮の香りを感じながら進んで行きました。
 
距離標示は1㌔毎に設置されています。



給水所は、5km毎にありました。



大会会場前を通過して反対方向へ進みます。



後半はフラットなコースで 新舞子海岸や成山新田の周りを走ります。



住宅街の中も走り、先頭ランナーとすれ違います。



ここの堤防道路は例年、強風が吹いて、コースの難所と言われておりますが、今回は無風で気温も高くなく とても走りやすかったです。



さて、レースの方ですが、スタートから㌔5分を切るペースで走っていき、天気や体調も良かったので、ペースを落とさず、そのままゴールしました。



結果は下記のとおりです↓



ゴール後は 完走証をいただき、飛び賞(袋ラーメン)をいただきました。
 
会場内では豚汁を振る舞っています。



また、梅の木 や うめジュースもいただけます。



隣接会場では、当地名産の室津かきまつりも開催されており、レース後も楽しめます。
 
会場近くでは 菜の花も咲いており、たつの市の自然を感じることができ、とても楽しめました。


 
最後に大会スタッフの皆さん。沿道で声援を下さった皆さん。寒いなかありがとうございました。
 
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1/22㈰は、奈良県橿原市で開催された 畝傍(うねび)山一円クロスカントリー(10km)に参加しました。
 
自宅(和歌山)から車で1時間30分程運転して、大会会場の橿原運動公園に到着し、受付を済ませます。



大会種目は 10kmの他に 7kmと小中学生の部があり、参加者は1,000人程です。
 
受付を8時30分過ぎに済ませましたが、10kmスタート時間が11時20分なので、車で待機します。


天気は曇りで、いつ雨が降ってもおかしくない状況。



風も強く寒かったです。
 
スタート後は、広い公園内を走ります。



コースは白線が引いてあり、道に迷うことはありませんでした。



レース中は時折、小雨が降りましたが、晴れ間も見えました。



橿原神宮の周りを走ります。



給水所が1ヶ所用意されています。



畝傍山の山道を走ります。


 
登山客もたくさんいて、譲り合いながら進んで行きます。
 
畝傍山麓からの景色です。



コース誘導の看板はありましたが、距離標示はありませんでした。



大会前日に30km走ったので、マイペースで進んで行きました。



結果は下記のとおりです↓



ゴールしてから 完走証を受取り、まかない処で 温かいスープをいただいて 身体を温めます。


 
レースが終わって 車に戻ると、雨が本降りとなり、あまり雨に濡れず良かったです。


クロスカントリーなので、アップダウンの多いコースかと思っていましたが、全体的に平坦で走りやすく、橿原神宮の周りも走れて 楽しいレースでした。



最後に大会スタッフの皆さん。寒いなかありがとうございました。






 
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。