18日から24日までに全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.03人で、前週(8.13)より増加したことが29日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。昨年12月以降、減少が続いていたが、8週ぶりに増加に転じた。
 1週間の推計患者数は約48万人で、昨夏以降の累積は推計約1971万人。ほとんどが新型とみられる。 

【関連ニュース】
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
インフル患者、6週連続減少=ほとんど新型
インフル患者、減少続く=休暇の影響も
インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型

無免許でしみ取り=エステ店経営者ら逮捕-大阪府警(時事通信)
参院予算委 長妻氏が新語提案、「イクメン」「カジメン」(毎日新聞)
<谷垣自民総裁>定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み(毎日新聞)
元巨人桑田さんの元義兄を逮捕=架空投資話で詐欺容疑-神奈川県警(時事通信)
雑記帳 「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)
AD