株式公開準備・上場準備が本格化する中で、社内の体制整備の中で、一番初めにぶつかる壁が事業計画書・経営計画書の作成です。


「すでに事業計画書・経営計画書を作っている」と言う会社もあるとは思いますが、株式公開・上場企業レベルの事業計画書を作成する必要があります。


「監査法人さんも教えてくれるし、上場企業の経理経験者がいるから大丈夫」と考えるのですが、意外にそこがハードルになる場合もあります。


すでに上場企業の経理体制(事業計画書作成の体制予算制度など)が出来上がったのを維持する能力と、これからそれらの体制を創り上げる能力は、全く違う物だからです。


この体制づくりの部分が株式公開・上場への本格的なスタートになっていくのです。



AD

コメント(1)