2012-02-18 23:55:55

BabyFace RAN★UP Moto モニター

テーマ:ストリートトリプル
ベビーフェイスさんにて新発売の『RAN★UP Moto』のモニターを募集していましたので
お邪魔させて頂きました。

まず、RAN★UP Motoの商品説明をして頂きまして
実際にエンジンに注入するブツを見た所、乳白色の液体でした。

商品は、いわゆる金属改質剤などではなく
PTFEのようなコーティング剤でもないとの事

金属同士の摩擦面の抵抗を減らすため
微細な金属表面の凹部に入り込み、平面に近づける事により
摩擦抵抗を減らすという物の様です。

主成分は超微粒子のセラミックとの事

なるほど・・・乳白色というのも肯けます。

RAN★UP Motoが注入されているエンジンオイルも
乳白色になるらしく、次回オイル交換時には
通常とは違う色(乳白色)のオイルがドレンから出てくるそうなので
驚かないでくださいね。と御忠告を受けました。

という訳で、シャーシダイナモにて注入前の状態のパワーチェックをします。

その後、RAN★UP Motoを注入後、エンジン全体に行き渡らせる為に
30分ほどダイナモ上にて慣らし運転をします。

十分に行き渡らせたら、エンジンを停止させ
暫く自然冷却で休憩させます。

$のんびり日記 遊風稜版(仮)

少し冷えたら本番です。

エンジン始動後、数分暖機させたら

アクセル全開!

ダイナモルームに咆哮が響き渡りますw

という感じで、以下結果↓

$のんびり日記 遊風稜版(仮)

全体的にピークに向かってパワーが上乗せされています。

これだけだと、何の効果でパワーが上乗せされているか判り難いですよね?

という訳で、ベビーフェイスさまより
今回のダイナモデータを拝借いたしまして
こちらでグラフを作ってみました。

$のんびり日記 遊風稜版(仮)

データは何の改竄もしていません。

頂いたデータの0ps以下、マイナス部分を追加して表示させただけです。

そう!マイナス部分が重要なのです。

0ps以下のマイナス部分は駆動に関する総フリクションです。
この部分が下方向に大きく振れるほど抵抗が大きく
パワーロスになって入るという事です。

紺色のラインが注入前
赤いラインが注入後です

赤いラインの方が0ps以下の振れが少ないですね。
これは注入後のフリクションが減ったと考えても良いと思います。

ダイナモ測定が終了し帰宅途中に気が付いたのですが
ミッションの切り替えがスムーズになりました。

信号待ち等でニュートラルに入れるのに結構神経使ってたのが
スムーズにニュートラルにも入るようになりましたので
パワーピークの差は4ps程度ですが
体感できる操作系のスムーズさに効果が現れてますので
燃費にも多少なりとも影響が出るかと思います。

これからどのように燃費が変化するのか楽しみです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。