沖縄県民大会に11万人!!

沖縄県宜野湾市で開かれた、

「教科書検定意見撤回を求める県民大会」。


11万人もの県民が参加し、

沖縄県知事をはじめ、

行政と県民が一体になった、

燃え上がるような大集会になったようですメラメラ


米兵による

少女暴行事件に講義して

8万5千人が参加した

1995年の県民総決起大会を上回る規模となったのは、

沖縄戦での「集団自決」について、

「日本軍による強制」の記述を

教科書から削除させた

政府・文部科学省にたいする

県民の怒りが

頂点に達していることを示しています爆弾


県民大会では、

高校生代表として、

二人の高校生が発言しています。


わたしは、

この高校生の発言を

新聞記事で読んで、

もう涙が止まりませんでしたしょぼん


高校生の発言を紹介します。



<高校生代表の訴え>


「沖縄戦での集団自決に

日本軍の強制があったという記述は、

沖縄戦の実態について

誤解する恐れがある表現である」


ある日の朝、

わたしの目に飛び込んできた

この新聞記事。


わたしは

“誤解”という検定意見書の言葉に

目を奪われました。


この記述をなくそうとしている人たちは、

わたしたちの

おじぃ、

おばぁたちが、

うそをついていると言いたいのでしょうか。


それとも、

思い違いだったと言いたいのでしょうか。


わたしたちは、

戦争を知りません。


ですが、

一緒に住む、

おじぃ、

おばぁたちから

戦争の話を聞いたり、

戦跡を巡ったりして

沖縄戦について学んできました。


おじぃ、

おばぁたちは、

重い口を開き、

苦しい過去を教えてくれました。


死体の山を越え、

誰が敵で

誰が味方かわからなくなる怖さ、

大事な人を

目の前で失う悲しさ、

そして

悲惨な集団自決があったことを。


なぜ沖縄戦で

自ら命を絶ったり、

肉親同士が命を奪い合うという

残酷なことが起こったのでしょうか。


住民は事前に

「敵につかまるくらいなら死を選べ」

「米軍の捕虜になれば、

男は戦車でひき殺され、

女は乱暴され殺される」

という

教育や指示を受けていたといいます。


さらに、

手りゅう弾が配布されました。


極限状態におかれた住民たちは

どう感じたでしょうか。


手りゅう弾を配った日本軍は

明らかに自決を強制していると思います。


わたしたちが住んでいる

読谷村には、

集団自決が起こった

「チビチリガマ」があります。


ガマの中は、

窒息死をするために火をつけた

布団の煙が充満し、

死を求める住民が

毒の入った注射器の前に

列をなしました。


母がわが子に手をかけたり、

互いを刃物で刺し合い、

80人以上もの

尊い命が奪われました。


そのなかには

年寄りから

まだ5歳にもならない子どもまでもが

含まれていたのです。


集団自決や教科書検定のことは、

わたしたち高校生の話題にもあがります。


「教科書から

集団自決の真相のことが消されるなんて

考えられない」

「たくさんの犠牲者が

実際に出ているのに、

どうしてそんなことをするのだろう」。


わたしたちは

集団自決に軍の関与があったということは、

明らかな事実だと考えています。


なぜ、

戦後60年以上を過ぎた今になって、

記述内容を変える必要があるのでしょうか。


実際に

ガマの中にいた人たちや、

肉親を失った人たちの証言を

否定できるのでしょうか。


わたしは将来、

高校で日本史を教える教師になりたいと思い、

勉強をしています。


このまま検定意見が通れば、

わたしが歴史を教える立場になった時、

教科書の記述どおり

事実ではないことを教えなければいけません。


分厚い教科書の中の

たった一文、

たった一言かもしれません。


しかし、

その中には

失われた多くの尊い命があるのです。


二度と戦争は繰り返してはいけないという

沖縄県民の強い思いがあるのです。


教科書から

集団自決の本当の記述がなくなれば、

次は日本軍による

住民虐殺の記述まで

消されてしまう心配があります。


うそを真実と言わないでください。


わたしたちは真実を学びたい。


そして、

次の世代の子どもたちに、

真実を伝えたいのです。


教科書から

軍の関与を消さないでください。


あの醜い戦争を美化しないでほしい。


たとえ醜くても真実を知りたい、

学びたい、

そして伝えたい。


AD

テーマは“継承”と“発信”

23日(日)、

『“つなごう平和のバトン”プロジェクト』

と題して、

被爆体験を聞く会をおこないました。


被爆体験を語ってくださったのは、

15歳のときに、

長崎で被爆された

湯浅笑子さん(77歳)。


湯浅さんは、

「突然、

稲光を何万倍にもしたような光が走り、

ドカーンという音がして、

一瞬であたりが真っ暗になった」

と言います。


湯浅さんが家族を探しに池に行くと、

そこは

「言葉にならない光景」

でした。


「たくさんの死体が、

すごい形相で池に埋もれていた。

わたしは

『おかあちゃん!』

と何度も叫んだけれど、

見つかることはなかった」

と話します。


湯浅さんは、

「戦争は本当にもうごめんです。

若い人たちには、

戦争をしないでほしい。

核兵器を使わないでほしい」

と話しました。


参加者からは、

「あらためて戦争の恐ろしさ、

苦しさ、

むごさなどが伝わってきて、

胸がつまる思いがした」、

「たくさんの人が苦しむ戦争や核兵器は、

絶対なくさないといけないと思った」

などの感想が出されました。


被爆体験を聞いたあとは、

8月に開かれた

原水爆禁止世界大会の参加者から、

大会の報告をしてもらいました。


「世界大会の様子がよくわかるように」

と、

写真の資料を作ってきた

学生のOさんは、

「被爆者の方が、

『すごいことを経験したけど、

自分の人生は幸せだった』

と言われていたことが

一番印象に残っている。

“継承”ということが、

戦争や原爆を体験していない私にとっては、

すごく重たいことのように感じていたので、

『若い人たちに望むことはなにか』

と質問したら、

『どんなことがあっても、

核に頼ることだけはしないでほしい』

と言われた。

絶対にそうならないようにしないといけないと

思った」

と話します。


学生のAさんは、

「わたしも

被爆者の方のお話が

一番印象に残っている。

現地に行かないとわからないことがあるんだ、

と思った。

“継承”と“発信”がテーマだったけど、

私も今回世界大会に参加した経験を通して、

まわりに少しずつでも

“発信”していきたいと思った」

と発言していました。



次回の、

被爆体験を聞く会は、

10月21日(日)ですハート


まだ、

お話してくださる方や、

時間・場所などは決まっていないので、

決まり次第、

お知らせしますねお月様

AD

原爆症裁判・傍聴リポート!!

21日(金)、

原爆症の認定を求める裁判の

証人尋問がありました。


今回、

証人として発言された被爆者の方は

3人。


大阪在住のNさん(72歳)は、

「被爆体験を今まで話したことは

一度もなかった」

と言います。


Nさんは、

C型肝炎や緑内障に苦しみ、

2年前には舌癌が見つかり、

リンパ節にも転移しています。


ご自身だけではなく、

奥さんも被爆者で、

2人の子どもや孫にまで、

被爆の影響

(骨髄腫瘍や眉間の奥に腫瘍ができるなど)

が出ているそうです。


「子どもや孫の病気がひどくなるにつれて、

息子の家族とけんかになることが増え、

『あんたらのせいや』

と言われることもあった。

自分の病気は仕方がないと思うが、

子どもや孫にまで被害が出るのは

許せない。

子どもや孫に、

病気だけ残して死んでいったと

思われたくない。

国を相手に、

できることはやったんだといえるように、

最後の力をふりしぼってたたかおうと、

裁判を起こした。

裁判では、

思い出したくないつらいことを

繰り返し聞かれて、

『何のためにこんなことをしているんだろう。

裁判なんてしないほうがよかったんじゃないか』

と何度も思った。

でも、

今までずっと苦しめられてきたうえに、

いつまで生きられるかもわからない。

自分たちには、

もうあとがない。

最後ぐらいは

笑って死ねるような判決をお願いしたい。

1日も早く、

日本人として、

人間として、

正しい判決をくだして、

被爆者を救ってください」

と、

涙ながらに証言しました。


そのあとの報告会では、

弁護士の方が尋問を振り返り、

「被爆者の方は、

体調が優れないなか、

しっかり証言されて、

反対尋問で、

くつがえされることもなかった」

と話しました。


一緒に傍聴に行った学生のOさんは、

「今まで原爆症訴訟に関わったことがなかったから、

裁判に行ってわかるのかな、

と思っていたけど、

原爆症の症状だけじゃなく、

被爆体験も詳しく聞けてよかった。

原爆は、

落ちた瞬間だけじゃなく、

ずっと被害が続いていくものだし、

原告の被爆者の方の背中が、

私にはとても小さく見えたけど、

その背中に背負っているものは

とても大きいと思った」

と話していました。


次の証人尋問は、

原爆認定に関わってこられた、

お医者さんの尋問です。


また、

日程もお知らせするので、

参加できる方は、

ぜひご一緒に音譜

AD

沖縄戦「自決」真実伝えよう!!

「私たちは、

沖縄戦での県民の『自決』について、

教科書検定の『強制』削除を撤回し、

真実を伝えることを求めます」


沖縄県宜野湾市で29日に開かれる、

沖縄戦「集団自決」についての

教科書検定意見撤回を求める

県民大会成功にむけて、

島ぐるみの取り組みがすすむなか、

全国革新懇(平和・民主・革新の日本をめざす全国の会)は、

26日、

那覇市内で記者会見しました。


このなかで、

「沖縄戦・教科書検定問題の各界アピール」に、

タレントの稲川淳二さん、

エッセイストの海老名香葉子さん、

野球評論家の張本勲さん、

ファッション評論家のピーコさん、

俳優の宝田明さん、

俳優の中原ひとみさんら、

各界46氏から賛同が寄せられたと

発表しました。


「有った真実を無かったとする。

それも国の力で歪められたら、

恐ろしいことで。

それは民主的な国でなく、

独裁の国です」

と寄せた、

ピーコさんをはじめ、

25氏からメッセージが

寄せられています。


それにしても、

すごい有名な人たちが、

こうして賛同を表明していることは、

ほんとにすごいことですよねぇ音譜

ひろげよう!9条の心

99


憲法9条を守る集会、

「ひろげよう!9条の心」が、

9日、

神戸文化ホールで開かれ、

1600人が参加しました晴れ


兵庫県内の

「9条の会」でつくる、

「9条の心ネットワーク」が中心になって

主催したものですヒマワリ


詩人・作家の辻井喬さんが、

「憲法施行60年 今、9条を考える」

と題して、講演。


「押しつけられた憲法」

「軍隊を持たなければ、独立国といえない」

などの議論の誤りをのべ、

「安倍首相は、

戦後レジームの一掃という

血迷ったスローガンを出したが、

戦後レジームをしっかり固めて

内容をつけることこそ大事。

みなさんの運動が成功するよう、

声援を送りたい」

と語りましたメラメラ


沖縄出身のシンガー・ソングライター

普天間かおりさんのライブがあり、

「さとうきび畑」

「守りたいもの」

など、6曲を熱唱音譜


「確かなのは、

戦争は絶対ダメ、

過ちをくりかえしてはいけない、

ということ。

歌を通して、

みんなと心を一つにしたい」

と語り、

満場の拍手を受けました。


司会は、

パーソナリティーの小山乃里子さん。


平和をテーマに、

ファッションパフォーマンス、

ダンス、

合唱が披露され、

羽柴修弁護士が、

「参院選で、

『靖国』派といわれる勢力が

打撃を受けた。

国民投票法が施行される

3年後を見据え、

9条の心を広げよう」

と主催者あいさつしました。

映画『日本の青空』

テーマ:

「憲法は、アメリカからおしつかられたものだ」―――


憲法改正を進める人たちから、

よく聞く言葉です。


「おしつけではなく、

日本人の手による憲法が必要」だと。


このことは、

多くのマスコミなどでも報道され、

憲法改正の世論をあおっています。


しかし、

本当にそうなのでしょうか・・・??


「憲法は、

アメリカからのおしつけなんかじゃなく、

日本人の手によるものなんだ」、

ということを教えてくれるのが、

映画『日本の青空』です合格


雑誌編集部の沙也可は、

特集企画の「日本国憲法誕生の原点を問う!」で、

名も知らぬ憲法学者、鈴木安蔵の、

取材を進めることになります。


戦後まもなく、

安蔵を中心として、

高野岩三郎ら民間人による、

「憲法研究会」が作成した憲法草案が、

実はGHQ案の手本になっていた、という事実―――。


安蔵の娘たちへの取材に成功した沙也可は、

託された、安蔵の当時の日記を手がかりに、

妻・俊子との夫婦愛、

そして日本国憲法誕生を巡る、

真実のドラマを明らかにしていきます・・・。


この、映画『日本の青空』が、

今度、神戸で上映されます。


ぜひ、一緒に見に行きませんか??


『日本の青空』上映会

映画ピフレ大ホール(JR新長田駅から南へ徒歩2分)

10月11日(木)

 111:00~

 213:30~

 316:00~

 419:00~

映画六甲道勤労市民センター大会議室(JR六甲道から南へ徒歩1分)

10月13日(土)

 110:30~

 213:30~

 講演 15:30~(朝日新聞記者でジャーナリストの伊藤千尋氏)

 317:00~

10月14日(日)

 19:50~

 212:10~

 314:30~


参加費:前売り1,000円(当日1,200円/高校生以下800円)


前売りチケットについては、

080-3107-6126

masae0731@k.vodafone.ne.jp

(ばんどう)までご連絡をハート

原爆症裁判の傍聴に行きませんか??

テーマ:

「原爆症と認定してほしい」

と、9人の原告が全面勝訴をした大阪地裁判決から、

1年以上が過ぎました。


その後、

広島、

長崎など、

すべての裁判が、

国の原爆症認定のありかたを厳しく断罪し、

安倍首相が、

「(原爆症認定)審査基準の見直し」を、

表明せざるを得ないところまで追い込みました。


しかし、

国は地裁判決をすべて控訴し、

高裁での審理が続いています。


その間、

全国で37人の原告がなくなっています。


今回の裁判は、

兵庫の谷口幾子さんなど、

3人への尋問が行われます。


傍聴席を満員にして、

原告の方々を激励したいので、

ぜひご参加ください音譜



日時:9月21日(金)10時開廷、17時まで(途中退入室もOKです)

場所:大阪地方裁判所 202号法廷(大阪市役所の近く)


傍聴に参加できる方は、
080-3107-6126
masae0731@k.vodafone.ne.jp (板東)まで、連絡ください☆★

戦争に備えて・・・!?

2006年度に実施された、

米軍と自衛隊による共同演習が、

のべ353日間、

54回に達することがわかりましたプンプン


激増していた05年度(416日、106回)に比べ、

減少したものの、

その内容は、

イラク型戦争をたたかえる能力の強化をはかるものになっています。


陸上自衛隊の第一空挺団(千葉県)が、

昨年10月に、

関山演習場(新潟県)などで実施した訓練で、

アメリカ側から参加したのは、

イラク戦争を経験した部隊

(オレゴン陸軍州兵第41歩兵旅団第162歩兵連隊第2大隊。・・・長い汗

です。


同部隊は、

民間人を含めた無差別虐殺で、

国際的な非難を浴びた、

イラク中部ファルージャでの掃討作戦にも、

参加しています。


オレゴン州軍の機関紙、

「オレゴン・センチネル」(06年冬号)によると、

陸上自衛隊部隊とは、

交通統制や近距離戦闘、

偵察、狙撃などの訓練を実施。


このなかで、

「訓練に戦闘の現実味を加えた」として、

紹介しているのは、

ある部隊に、

戦場での市民だけでなく、

「反政府分子」の役割も演じさせたことです。


同紙は、その意味について、

「イラクに展開したときに、

オレゴンの部隊が直面したように、

敵はいつも軍福を着ているとは限らず、

ある日は、

握手をした同じ人間が、

翌日には、

簡易手製爆弾(IED)を、

主要補給道路にしかけることがありうる」からだ、

と解説しています。


横暴な軍事支配によって、

イラク民衆そのものが「敵」となり、

泥沼に陥っているイラク作戦―――。


それを軍事的に打開しようとする戦術を、

陸上自衛隊が実施で学んでいる姿がうかがえます。


また、

陸上自衛隊の第1混成団(沖縄県)は、

今年1月―2月に、

大家野原演習場(熊本県)などで、

沖縄に駐留している、

アメリカ海兵隊の第3海兵師団の部隊と、

都市型戦闘訓練をおこなっています。


都市型戦闘訓練は、

イラク戦争を遂行するなかで、

アメリカ軍が重視しているものです。


同訓練の様子を報じた、

アメリカ海兵隊部隊ホームページのニュース(2月9日付)で、

陸上自衛隊幹部は、

「われわれの戦術は、

本が基礎になっている。

海兵隊は、

われわれが学びたい、

非常に進んだ現実世界での戦闘経験を持っている」

と語っています。


海外での戦闘能力の強化につながる訓練は、

航空自衛隊も実施しています。


05年は、

航空自衛隊単独で実施しましたが、

06年には、

アメリカ軍のF15戦闘機が「敵」役となり、

空中戦を展開。


「航空自衛隊F4EJ改戦闘機が、

その間隙を縫って射爆撃をおこなう訓練」

(自衛隊の準機関紙「朝雲」同年6月15日号)

が実施されました。


07年には、

対艦・対地攻撃能力が強化された、

航空自衛隊最新鋭のF2戦闘機が、

爆撃訓練に初参加しました(6月)。


航空自衛隊が導入をすすめている空中給油機は、

F15やF2戦闘機へ給油可能で、

航続距離を飛躍的に伸ばすことができます。


すでに、

航空自衛隊F15戦闘機については、

アメリカ空軍の空中給油機から、

空中給油を受け、

アラスカまで遠征する共同訓練を、

06年度も実施しています(開始は03年)。


航空自衛隊の海外攻撃能力を、

さらに強化するものです。


このほか航空自衛隊は、

在日米軍再編の合意に基づき、

米軍嘉手納基地(沖縄県)配備の、

F15戦闘機部隊との共同訓練を、

航空自衛隊築城基地(福岡県)で、

初めて実施しました(3月)。


「沖縄の負担軽減」を口実に、

日米の軍事一体化をはかる一環です。

“つなごう平和のバトン”プロジェクト

テーマ:

今日は、被爆体験を聞く若者のつどいのお知らせナリ合格


「被爆者がいなくなってしまう前に、

世界から核兵器をなくせるようにがんばりたい」


8月の原水爆禁止世界大会で、

被爆者の谷口さんが発言されていました(ノω・、)


被爆者の方たちの命をかけたたたかいを、

若い世代のわたしたちが引き継いで、

核兵器も戦争もない世界をつくりたいと、

強く思いましたメラメラ


そこで、

兵庫県在住の被爆者の方から、

被爆体験を聞く会をしたいと思います('-^*)/


ぜひご参加くださいあし


日時:9月23日(日) 13:30~

場所:神戸市立総合福祉センター

     JR神戸駅から徒歩6分

     神戸高速鉄道高速神戸駅から徒歩2分

     市営地下鉄大倉山駅から徒歩4分

語り手:湯浅 笑子さん(77歳)

      長崎で被爆された方です。

参加費:無料


被爆体験を聞いたあとは、

原水爆禁止世界大会に参加した青年が、

長崎で学んだことや感じたことを報告します!!


主催は、

わたしが所属している、

日本民主青年同盟兵庫県委員会です。


参加できる方は、ワタクシまでご連絡を(^∇^)

携帯080-3107-6126

ラブレターmasae0731@k.vodafone.ne.jp (ばんどう)