クルトガ内蔵Dr.グリップ

テーマ:
今日は、友人の弟から貰った「クルトガハイグレードモデル」からクルトガエンジンを取り出し、
クルトガ内蔵Dr.グリップを作りました。

クルトガハイグレードが、クルトガのノーマルのように力をかけてピョン!とはいかなかったので
ちょっとググってみたけど見つからずw
調べてみたら「クルトガハイグレードは解体できないからイヤだ」みたいな表記を見つけてガックリしましたが、めげずにやって見ました。

なんとか解体し、クルトガエンジンを取り出すことに成功しました。
クルトガハイグレードから作る人の為に動画も撮っておきました。
これです↓
クルトガハイグレードモデル解体
分からない方はコメントくだされば解体方法をお教えします。

一応ノーマルのクルトガの解体方法も載せておきます。
生憎ノーマルクルトガは持ってないので、他のブログのリンクを張らせてもらいます。
●uni クルトガ● 分解&改造
ペイント博覧回のyjn-501さん、ありがとうございます。


恐らくここで皆さん、クルトガエンジン(オレンジの所らへんの物です)を取り出せたと思うので、
ここからはクルトガエンジンがある想定で話をしていきます。


とりあえず必要な物から。

ペンチ ニッパー ラジオペンチ ボンド 定規(必要な人は)
精密ノコギリ(熱したカッターでもできると思います)
カッター やすり(私は紙やすりを使いました)

位ですかね。

では丁寧に紹介していきます。

工具以外の必要な物ですね
$B'zLog

画像の印の辺りをノコで切ります。 マウスなので字が汚いですが気にしないでww
$B'zLog

切った所です。
$B'zLog

切り口が汚いのでやすりで綺麗にします。
before
$B'zLog
after
$B'zLog

出っ張りがクルトガエンジンと干渉するので、出っ張りをノコで切ります。
$B'zLog

こんな感じで
$B'zLog
横から
$B'zLog
切り残しちゃったらカッターとかで切り落として下さい。

そしたら、クルトガエンジンをはめ込みます。
$B'zLog

そしてはめ込んだらDr.グリップのグリップ部分を好きなポジションにはめます(今後の確認です。)
$B'zLog
ここでカラーが赤からシルバー、青に変わりましたが気にしないで下さい。

はめたら1層目(透明の方)をとり、切った部分を接着剤でくっつけます。
$B'zLog

~ここで10分放置~
余談ですが、ダイソーで売ってたこのコニシ製クリアボンド、おすすめです。
このボンドはダイソーが販売しているだけでダイソー商品ではありません。西友で136円で売ってましたw

接着出来たら芯のホルダーが長すぎるので切ります。
$B'zLog

切りすぎるとノックが出来ないので慎重にちょっとずつ、ちょっとずつ切っていきます。
$B'zLog

目安は約2cm飛び出してるくらいです。(*あくまで目安です)
$B'zLog


そして、はめたら・・・
完成です!
$B'zLog

しっかりノックも出来て、芯がまわることを頑張って確認してみて下さい。

あと、今回の製作の余りである、写真の物は次回書くであろう記事の物にちょうど使えるので絶対に捨てないで下さい。
$B'zLog


作り方の質問があればコメントして下さい。
出来る限り答えていきたいと思います。
AD

コメント(2)