「日本初のモールス・トンツー・セラピスト」松本が

施術するまでの評価基準について個人的意見を述べます。

 
良い接骨院、悪い整骨院を見分けるポイントはこんなところにもありますので、
 
患者の皆様も参考にしてください。
 
初回時に、必ず行われるであろう、
 
問診(医療面接)は、正確な施術を行うため、大切な要素であることはもちろんです。
 
その後、
 
いきなり、ベットに寝かされて・・・
 
押したり、もんだりの施術を受けていませんか?
 
残念ですが、そんなあなたは、
 
三流整骨院の施術を受けていると思ってほぼ間違いありません。
 
もし、あなたが整骨院や鍼灸院の先生でしたらぜひ、
 
患者さんの痛みを訴えている箇所だけを施術しようとしないでください。
 
いつまでたっても、効果(結果)が出ない施術になりかねないからです。
 
多くの場合で、主たる症状の現れている箇所以外に原因はあるものです。
 
痛い、辛いを自覚している患者さんだけでなく施術者側にとっても、
 
主訴である局所の痛み症状に囚われそうになります。
 
どのような治療を開始するにしても、本当に大切なのは評価基準ではないでしょうか?
 
当院にて、ほぼ全ての患者さんに対しチェックしている検査は、
 
1 関節の可動性と可動域
 
2 主要筋力の検査
 
3 バランスチェック(前後・左右)
 
4 骨格の形、筋肉の弾力とボリューム。姿勢の歪みなど。
 
最近の傾向として、
 
症状は軽くても不調を感じる方に、
 
2 の筋力検査にて、異常が出る方が多すぎます。
 
まだ、患部に関しては必要に応じて
 
細かい検査「圧痛、熱感、腫脹 など」の所見もとる必要はあります。
 
少なくとも、
 
最低限、上記に上げた4つの項目だけは評価して、
 
施術結果が出せるような方向で施術を進めたいと考えています。
 
健康と施術のご相談は、
 
松本接骨院 090-3165-1678 松本まで!
 
(上記番号にはお問い合わせと、ご予約専用です。業者のかたはご遠慮ください。)
 
 
 
 
AD

3ヶ月連続投稿おめでとう!

「日本初のモールス・トンツー・セラピスト」

松本がほねつぎ、柔道整復師の真実と実態について述べたいと思います。

矛盾ばかりの業界にいると、不都合な現実を述べることは同業者の抵抗もあって、なかなか本当の事が書けずに、ブログ更新が滞りがちとなります。

専門学校や大学で学んでいる学生すら、気付いている問題点は、療養費の対象となる業務範囲内傷病が極端に限定されていること。

柔道整復師は診断できないという真実。

これは、国家資格を持つわれわれが忘れてはいけないスタンスでもあります。

そんな制約の多い中で、整骨院、接骨院の施術所はコンビニの増加率を上回る勢いで増えています。

要領の良い施術者は拡大解釈と言う判断?で全ての症状を「捻挫・打撲・挫傷」に仕立てあげてしまう事を得意としています。なぜなら、「診断できない」からです。

原因と症状により、〇〇捻挫と判断しました!

と見なせばいいからです。

要領の良い患者さんは、安価に診てもらえるというだけで、ケガの傷病名が付けられていても何の矛盾も感じないか知らないふりをしているのです。

これが、この業界が伸びてきた本当の理由でしょう。

しかし、心ある柔道整復師はどうしても不明な原因だったり、病的症状を認めればドンドン専門医の受診をお勧めします。

また、急性期でないものや、外傷原因の無い症状に対しては、正当に自費施術を提案します。

関連する施術箇所が全身に認められる場合は、かなり存在しています。

いつまでも解決しない痛み症状に、それは外傷以外に原因がある事も想定してもらいたいと思います。

▼3ヶ月連続投稿スタンプ

AD
大腰筋テスト

柔道整復師として各種検査法(可動検査・筋力検査・通流値検査など)を大切にして、

患者さんの痛み症状の評価に当たることは当然なのですが、

近年、極端な筋力低下をきたしているケースが多いように感じます。

単に運動不足だという前に、

筋力を「出せない」で「入れてばかり」の人が多く、

それでもスポーツを行うという信じられない状況です。

「そりゃあ、故障おこしますね!」

と納得できるほどの弱い筋力です。

「筋トレは誰にも負けないくらいやっています。」

という人でも、筋力テストや可動域のテストで「+」となるケースは

あって、本人も相当なショックを覚えるようです。

特に、骨盤周囲筋の筋力と大胸筋鎖骨部の筋力は信じられないくらい出せていません。

生理的には急激な温度変化に対応できていない方は学生さんにも多く、

ケガの治りが悪いばかりか、非常に壊しやすい体調となってしまいます。

施術者サイドとしても、痛みだけでなく、

術後にどれだけ筋力や可動性、バランス状態が改善したかを

再評価して、施術の必要性を正しく伝えてほしいと思います。

電気治療やテーピング、ストレッチなど作業としてこなしていくだけの

施術で納得してはいけないでしょう!

自信を持って社会復帰、スポーツ再開するには確固たるバランスと筋力、

最低限の可動域は確保しなければなりません!

ご相談は、

総合施術を得意とする、豊岡市 松本接骨院まで電話かメールをください。

TEL0796-52-5467
Mail : honekinあっとまーくgmail.com


ペタしてね




AD