宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、米スペースシャトルで宇宙へ行った日本の植物の種が地球に帰還後、所在不明になっていると発表した。科学教育ベンチャー会社「リバネス」(東京都新宿区)が有料で依頼したダイズやトマト、ウコン、ホップなど9種類、計120グラム。JAXAによると、宇宙への積み荷の「ロストバゲージ」は聞いたことがないという。

 種は、全国の小中高生らが「宇宙の種」の育ち方を普通の種と比べる教育プロジェクトの材料。約30センチ四方の袋に密封し、09年8月、シャトルで国際宇宙ステーションに運ばれた。日本実験棟「きぼう」で約8カ月間保管後、今年4月に山崎直子宇宙飛行士(39)とともに地球に戻った。

 JAXAによると、帰還3日後の4月23日、米航空宇宙局(NASA)から「所在不明」と連絡があった。作業記録などから、地球に戻ったことまでは確認できたという。

 同社は「子どもたちが待っているので、ぜひ見つかってほしい」と話している。【山田大輔】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」
山崎宇宙飛行士:地球帰還、20日に延期…気象条件悪く
山崎宇宙飛行士:ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎宇宙飛行士:地球に帰還 15日間の任務終え

<性犯罪>20件、少年関与か 一部認める供述…さいたま(毎日新聞)
介護する側を守る法とシステムの確立を(医療介護CBニュース)
要介護者や家族が長妻厚労相や山井政務官と意見交換(医療介護CBニュース)
3月の機械受注5.4%増=基調判断、2カ月ぶり上方修正(時事通信)
中国の反論「根拠ない」=核増強の認識変えぬ―岡田外相(時事通信)
AD