奈良県御所市にある国の史跡・巨勢山(こせやま)古墳群の一部がゴルフ場拡張工事で破壊された問題で、奈良県警が「秋津原ゴルフクラブ」(御所市)の前支配人の男性らから、文化財保護法違反(現状変更)容疑で任意で事情聴取を始めたことが17日分かった。同社は文化庁に同法に基づく許可申請を出しておらず、県警は立件を視野に、違法性の認識があったかなどについて調べる。【岡奈津希】

【関連記事】巨勢山古墳群:ゴルフ場工事で4基壊す 無許可で拡張

【関連ニュース】
<写真で見る>邪馬台国の最有力候補?纒向遺跡
<写真で見る>高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見
<写真で見る>2008年空から見たニッポン 風景 箸墓古墳
奈良・脇本遺跡:6世紀後半の大型建物跡見つかる
世界遺産:暫定リストに佐渡など2件 文化審議会特別委

介護型療養病床、方針通り廃止へ=期限は延長が有力―長妻厚労相(時事通信)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
「半年あっという間」野口さん、米国で会見(産経新聞)
高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
<生存権訴訟>生活保護の老齢加算廃止は違法 「国の検討、不十分」--福岡高裁判決(毎日新聞)
AD