中井洽国家公安委員長は6日、連休中に訪問したオーストラリアで会談したマクレランド法相が、調査捕鯨船妨害事件で東京海上保安部が傷害容疑などで逮捕状を取った反捕鯨団体「シー・シェパード」代表のポール・ワトソン容疑者に関する捜査への協力を表明したと明らかにした。

 中井氏の協力要請にマクレランド法相は「捕鯨に対する考えは(日豪間で)別だが、破壊行為は断固許すべきではない。日本側の立場を断固支持し、協力したい」と述べたという。

【関連記事】
「クジラを食べるな」DNA鑑定まで駆使し“日本食監視”
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
外交切り離し捜査 SS元船長起訴で検察側
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる-福島県警(時事通信)
<南アW杯>記念切手を発行 31日から発売…郵便事業会社(毎日新聞)
長野の一家遺体遺棄、4人を強殺容疑で再逮捕へ(読売新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
<普天間>米大使、小沢氏と極秘会談「鳩山は信用できない」(毎日新聞)
AD