鳩山由紀夫首相は25日午前、小沢一郎民主党幹事長らとの前夜の懇談について、首相公邸前で記者団に「今が一番厳しい時だからこそ、党と政府の間で意思の疎通を頻繁に図っていく」と確認したことを明らかにした。
 首相は、自身や小沢氏らの「政治とカネ」をめぐる問題を念頭に、「むしろ今が正念場だ。国民の目も大変厳しい。何とか国民に理解してもらえるよう頑張ろう」と呼び掛けたことも説明した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待-東北大(時事通信)
色×15の臨海オフィス 東京・臨海副都心に出現(産経新聞)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で-長妻氏(時事通信)
AD