社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は10日の記者会見で、外務省の有識者委員会が発表した日米間の「密約」に関する報告を踏まえ、「非核三原則がぶれないよう法制化が必要だとの声も随分出ている。今国会は法案もたくさんあるので、いずれ法制化も前進させたい」と述べた。【西田進一郎】

【関連ニュース】
日米密約:首相「核の持ち込み想定し得ない」
日米密約:首相経験者らに招致呼びかけへ
日米密約:西山太吉氏ら参考人質疑へ 衆院外務委
日米密約:非核三原則の法制化要望書…被爆者5団体送付
日米密約:「日米関係に影響せず」米国務次官補、報告受け

ラ・マンチャのワイン 品質で世界競争力向上(産経新聞)
禁輸回避、採決直前まで努力=クロマグロ問題で-赤松農水相(時事通信)
国宝展示問題、新潟市長が文化庁訪れ許可要請へ(読売新聞)
詩人の和泉克雄氏死去 「前奏曲」「短い旅」(産経新聞)
<新種鳥化石>地上走り回る ゴビ砂漠で発見(毎日新聞)
AD