週刊誌「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、前衆院議員の船田元氏らが、発行元の新潮社(東京都新宿区)に計3300万円の損害賠償を求めた訴訟の第一回口頭弁論が10日、宇都宮地裁(竹内民生裁判長)で開かれた。

 新潮社側は答弁書で「記事は名誉棄損にあたらず、事実と異なるという主張も間違っている」と全面的に争う姿勢を示した。

 訴えによると、昨年12月24日発売の同誌が、作新学院の理事長である船田氏が、同法人の職員と不倫関係にあるとの記事を掲載。船田氏側は「事実無根」と主張している。

【関連記事】
船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」
「ブランドの罪」再挑戦目指す船田元氏
イ・ビョンホンさん、名誉毀損で“元カノ”を今週中にも告訴 
精神鑑定医が名誉毀損で日テレを提訴 光市母子殺害
「恥を知れ」…隣家に暴言の主婦に懲役1年求刑

<遭難>スノボの3人 新潟のスキー場(毎日新聞)
<交通事故>乗用車同士が正面衝突、3人重体 京都・南丹(毎日新聞)
胆沢ダム談合情報、国交相が徹底調査を明言(読売新聞)
<防犯ボランティア>団体数、参加者ともに過去最多 09年(毎日新聞)
中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合(時事通信)
AD