1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007年01月28日(日) 23時27分23秒

No.706 バイクの防寒グッズ最終回

テーマ:知恵

森村@NMAです。


バイクの防寒グッズその2 の続きで、本日で最終回です。

五本指のインナーソックス、フェイスマスクと紹介して、
最終回は「腹巻」・・いえ、腰サポーターです。

最近はローライズのジーンズが流行っていますので、
女性でも股上が浅いジーンズを履いてる方が多いのでは?

そんなジーンズのバイク難点は、乗っているときに腰から
隙間風が入ってくるのですね。
冬場なので、長めのジャケットを着ていることが多いと思いますが
それでも腰から入る隙間風は辛いものがありました。


それを解決する良いアイテムは「ショートジャケット用のウインドストッパー」
ジーンズの上に腹巻の様に巻きつけて、隙間風をシャットアウト!


もっとお勧めなのが、腰サポーターです。
医療用のコルセットでも良いと思うのですが、
バイク用がバイク用品店で販売していますので、そちらの方がお勧めです。
私もバイク用品店で購入いたしました。

腰サポーターの良い点は、寒さも防ぐことが出来るのですが
本来の目的、腰への負担の軽減があることです。
特に寒さで腰痛も勃発しやすいので、腰痛の心配がある方は
是非着用してみてください。


今期初めて本格的にバイクのウインターライフを楽しみましたが
結果的には暖冬でしたので、防寒グッズの威力を発揮することなく終わってしまいました。
来期の冬に期待したいと思います。

寒さに負けずに素敵なバイクライフをお楽しみ下さい。

~No More Accident~ NMA

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月18日(木) 20時09分32秒

No.696 防寒グッズ その2

テーマ:知恵

森村@NMAです。


バイクの防寒グッズその1 の続きです。

前回、寒さは隙間風が一番寒いと申しましたが
中でも究極に寒いのが、ヘルメットの隙間から入る風が
顔に直撃する場合でした。

対策用に各メーカーから色々なタイプの「フェイスマスク」が販売されています。

フェイスマスクは、首、口周りを覆い、ヘルメットからの隙間風を防ぎます。
首と口周りだけの覆うものもあれば、覆面レスラーのマスクの様に
目以外を全て覆うものなど色々なタイプがあります。


実は色々なフェイスマスクを試しました(笑)。
一番防寒効果があったのは、ゴアウインドストッパー素材で
肌に当たる部分が起毛になっており、鼻から下は円筒状の状態で
首周りの外気をシャットアウトできました。


肌に当たる起毛の部分がとても暖かくて、大変重宝しています。

素材は防風の役割がある「ゴアウインドストッパー」を使用しているのがお勧めです。


お値段も普通のマフラーと変わらないお手ごろな価格でしたので
顔に当たる風が寒く感じられる方は、是非とも購入をお勧めします。


~No More Accident~ NMA





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月31日(日) 01時22分35秒

No.678 今年最後に

テーマ:知恵

やだ@NMAです。


正月休みに入り、帰省などで路上駐車の増える時期ですね。


先日、街灯のない真っ暗な道をオートバイで走っていたときに、
ちょっと危険に繋がることを発見しましたのでお伝えします。


布製の幌をつけたトラックが駐車しており、あおりを下げた状態です。
※あおりとはトラック荷台の枠の事で、ベロンと下がります。


荷物の積み下ろしの際によく見かける光景なのですが、、、

このトラックの場合はあおりを下げるとテールランプが完全に
隠れてしまっており、反射板らしきものも有りませんでした。


街灯の無い暗い夜道で、車に比べれば頼りないオートバイの
ヘッドライトでは発見がかなり遅れ、危険だと思います。


乗用車でも、似たような状況になるものもあるかもしれませんので
ご注意ください。


今年度は飲酒運転の問題や駐車違反問題などに対する具体的な取り組み
がなされ、それらに成果を上げた年だったのではないでしょうか。
賛否両論あると思いますが、私は評価しています。


来年もみなさまが事故などにあわないようご無事で一年を過ごされます
ように心からお祈りさせて頂きます。


今年は NMA スタッフブログを読んでいただき有難う御座いました。

来年もがんばっていきますのでよろしくお願い致します。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月29日(金) 23時15分10秒

No.676 防寒グッズ その1

テーマ:知恵

森村@NMAです。


昨日から強い西高東低の気圧配置になり、全国的に厳しい寒さになりましたが
皆様の住む街はいかがでしょうか?
大阪は、歩いている時でさえ肌に当たる風が痛い位に寒い一日となりました。

これほど寒くなると、バイクにとっては辛いですが、
少しでも快適に運転できることが出来るようにと、防寒グッズを揃えていってます。

風が直接当たる冷たさよりも、ウェアの隙間から入ってくる風の方が寒く
そして足先、指先からかじかみ、その冷たさが全身に回ってきて
体が冷えていくことが分かってきました。


バイクの防寒グッズは沢山ありますが、実際に使ってみて暖かさを
実感できたものを紹介します。


一番良かったものは、
ブレスサーモ素材の五本指インナーソックスです。

五本指ソックスは慣れるまで違和感がありますが
指を刺激して、疲れも軽減した気がします。
インナーソックスなので、上にまた靴下をはくのですが
二重にはくことで、暖かさも実感できました。

バイク用品店よりも、スキー用品店で販売していると思います。

快適に運転できることは、無駄な緊張が解れ、事故防止に繋がります。
少しの工夫ですので、参考にしていただけたらと思います。



~No More Accident~ NMA

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月26日(火) 18時03分21秒

No.673 事故の教訓

テーマ:知恵

平沼@NMAです。


警察庁によれば、今年の交通事故死者数は6年連続で減少、51年ぶりに6千人台

前半になる見通しとのことです。

個人的には、死者数が減少した大きな要因は2つあると考えています。

1つは、車両そのものの乗員保護性能が飛躍的に向上したこと。もう1つは、飲酒

運転による事故の社会問題化と警察の取締り強化により、少なからず「安全」を

意識した運転をするドライバーが増えたのではないかと考えています。


過去の交通事故発生件数の推移を見てみると増減を繰り返し、事故発生件数と

負傷者数は2004年に過去最悪を記録しています。今年も11月末現在、事故発生

件数は80万、負傷者数は99万を越え、2年前より減少しているものの未だ高い

水準で推移しています。


死者数が減少したことは喜ぶべきことですが、過去の推移のような悪しき歴史を

断ち切り、政府が方針として掲げる「究極的には交通事故のない社会をめざす」

ためには今一度、我々、ひとりひとりが常に「事故など起こすものか」という強い

意志を保ち続けることが何よりも大切だと思います。


とはいえ、強い意志を保ち続けることは、けして容易なことではありません。日々、

繰り返される悲しい交通事故の多くも、ドライバーの前方不注意など意識の低下が

原因と思われるものから発生しています。

皆さんも日に一度は新聞やTVで交通事故のニュースを見聞きし、家族や職場の

同僚と感想を述べ合ったり、批評することもあると思います。そこで、もう一歩、

踏み込み、それら事故の報道を教訓としてご自身の強い意志を保ち続けるために

活かされてみては如何でしょう。

報道されたニュースに自らがヒヤリとした体験、似たような状況と重ね合わせて

考える。ただそれだけのことでも得られる差は大きいのではないでしょうか?


さて、今年も残すところ5日、今回が私の今年最後のブログとなりました。私自身、

残り少ない今年はもちろん、来年も引き続き「事故など起こすものか!」という強い

意志を保ち続け、運転にあたりたいと思います。

では、皆様、よいお年を!


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月21日(木) 03時52分28秒

No.668 備えあれば憂いなし

テーマ:知恵

やだ@NMAです。


今年も残すところわずかとなってきており、みなさまにおきましても
お忙しい日々を過ごされているのではないでしょうか?


あまり気になさる方はいないと思うのですが、正月休みなど大型連休時、
車にトラブルがあるとカーディーラーやカー用品店などが休みで、困っ
てしまうことがあります。


タイヤがパンクしてしまったことやバイクで立ちゴケをしてウィンカー
が割れてしまったり、私はなんどもこういった失敗してきました、、、


自戒を込めて「備えあれば憂いなし」ということを念頭に過ごしていき
たいと思います。


年越し準備の一つにマイカーのメンテナンスも入れては如何でしょうか。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月20日(水) 20時42分06秒

No.667 暖気運転にもご注意を

テーマ:知恵
奈良@NMAです。

いよいよ寒さも本格的になってきました。
この時期、寒い朝には暖房器具が必須だったりしますよね。
車やバイクがしっかり暖気運転をしている光景も多く見かけます。

寒い朝に車に乗り込むと、暖房が効くまでしっかり暖気している人もいるようですが、暖気運転をする時には回りの状況に注意してください。

エンジンは排気ガスを出します。
排気ガスには一酸化炭素を含む有害物質が含まれています。
家庭で使用する暖房器具が故障して一酸化炭素中毒で亡くなられる事故が発生していますが、自動車の排気ガスも同様に換気に気をつけないといけません。

といっても、排気ガスは車外にあるマフラーから出ているので、車内に居る人には換気といってもピンと来ないかもしれません。
しかし車自体が閉め切った場所にあったりすると非常に危険です。

この時期スキーに出かけたりする方も増えると思いますが、雪が多く積もる場所での車中泊は大変危険です。
寒いのでエンジンをかけて暖房を効かせたくなります。
停車したまま雪が多く積もってしまうと、車の周囲を雪が取り囲み、マフラー出口周辺を塞いでしまう事があります。
そうなると換気が悪くなってしまい排気ガスがうまく散らずに車内に入ってきてしまい大変危険です。
一酸化炭素中毒は命に関わりますので気をつけてください。

日常の暖気も、マフラーのある方向に部屋がある場合は、排気ガスが部屋の中に入り込まないように気をつけましょう。
窓やドアだけでなく、部屋の換気口があってもそこから入り込んでしまうので十分気をつけた方が良いでしょう。

そもそも、暖気運転は長時間する必要はありません。
いつもより丁寧な安全確認をして暖気時間を気持ち長めに行ったら、スローペースでも走り始めましょう。
走りだせばエンジンはアイドリングよりも高回転になりますから、そのほうがエンジンは暖まりますので暖房も効きやすいのです。

この冬は暖気運転にもご注意を。

NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月10日(日) 21時20分57秒

No.657 自転車の飲酒運転はセーフ?

テーマ:知恵
奈良@NMAです。

飲酒で自転車の運転はセーフ!?

答えはアウト!
道路交通法によれば、自転車は軽車両になるので飲酒運転は道路交通法違反です。
違反すると3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

過去に何度かNMAのブログで取り上げられたこともありますが、忘年会シーズン到来なので再度書きます。
自転車は軽車両なので飲酒運転はもちろん、携帯電話などで片手運転も、意味の無い右側通行も、夜間の無灯火運転だってダメなんですよ。
ついやりがちな事かもしれませんが、これみんな道路交通法違反です。

とはいうものの自動車のように厳しい取り締まりは聞きません。
警察官に遭遇しても厳重注意で済む事かもしれませんが、自転車の飲酒運転で書類送検されている人も居るのは事実です。
「今日は自転車だから飲酒していても大丈夫」というのは法的に根拠が無い事ですので、この際しっかり覚えておきましょう。

お酒を楽しく呑む為にも、呑むと分かっている日くらいはしっかり公共機関やタクシー、そして自分の足を使いましょう。
自分の足とはいえ、まっすぐ歩けないくらいに呑んでしまうのも意外と問題がありそうですね。
道路に寝てしまうなんていうのは問題外ですから、そうならないように気をつけましょう。
このブログを読んでいらっしゃる方は交通事故に遭わないのはもちろんの事、トラブル無く来年を迎えていtだきたいと思います。

NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年10月12日(木) 04時14分56秒

No.598 プラスチックの色褪せに

テーマ:知恵

やだ@NMAです。20061012-yada


古くなったプラスチックは白っぽく色褪せてきてしまいます。
車のモール部分やバイクのプラスチックで塗装していない部分などがそうです。


私の原付は12年前のモデルですので、プラスチック部分が真っ白でどうにかしたいと考えていたところ、友人からアドバイスをもらいました。

白っぽく色褪せてしまったプラスチックはバーナーで軽く炙るときれいになる。というのです。


そして本日、工具箱からトーチを引っ張り出して試してみました。

写真下段の写真はエアクリーナーボックスで、左がもともとで右が炙ている途中で撮った写真です。


如何でしょう。とても綺麗になりましたね。


劣化して白っぽくなったプラスチックがありましたら、皆さんも試してみては如何でしょうか?
ただし、自己責任でお願いします。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月12日(火) 14時45分53秒

No.568 ブリヂストン タイヤセーフティードライビングレッスン

テーマ:知恵

やだ@NMAです。

20060912-yada

みなさんは日頃からタイヤの空気圧や残り溝のチェックをしていますか?

先日のことですが、那須塩原市でブリヂストン タイヤセーフティードライビングレッスン

(無料)に参加して、空気圧や残り溝の重要性を再認識してきました。


今日はそこで勉強してきたことを交えて書かせていただきます。


このレッスンでは同じ車種の車を2台用意して、タイヤの空気圧や残り溝、銘柄をかえた状態を運転し比べて肌で体感することができます。

スラロームや8の字旋回、急ブレーキ、ウエット路面、ハイドロプレーニング体験、

定常円旋回などです。


タイヤは車が路面と接する唯一の部品で、走る、曲がる、止まる、衝撃を緩和するなど

大切な働きをしますが、日頃のメンテナンスで忘れがちなところだと思います。

タイヤは適切な空気圧と十分な残り溝が確保されていないと、本来の性能を発揮できず

危険な状態になってしまうことさえあります。


通常の使用で約 8 ヶ月何もしないと適正空気圧の半分になってしまうと言われています。
ここまで空気圧が低下しますと、全体的に操作感が重たくなり、旋回するときにはハンドルを

多く切らないとならないようになります。また、変磨耗を起こしてタイヤの寿命を縮めてしまったり、

抵抗が増える分燃費などいろいろな弊害がおきます。


高速道路でバーストした車をたまに見かける事がたまにありますが、殆どの場合空気圧の

管理が行き届いておらず、空気圧の低い状態で高速走行をしたためにタイヤが破損してしまう

ものが大半です。

じつは私も若い頃にこれを経験したことがあるのですが、バーンという音と共に車は

大きく振られ大変怖い思いをしました。私の場合幸い事故にも至らずに結果的に良かったのですが、

バーストが原因の惨事も多いようです。


タイヤのスリップサイン(残り溝1.6mm)は法的にこれ以上磨耗したタイヤは使用してはいけない

という意味で、残り溝 1.6mm までは安全だということではありません。

ちょっと激しい雨が降ればよく目にする、水深 2mm のウエット路面でタイヤの残り溝 7mm と、

2.4mm の車体で停車するまでの距離を比較しました。
時速80キロからフルブレーキングで、残り溝 7mm と 2.4mm で制動距離に 11m もの差が出ました。

これがもしスリップサインの1.6mmだとどうなってしまうのか、考えてみるとちょっと怖いですね。


これらの事からタイヤは適切な空気圧の管理が必要で、なるべく磨耗したタイヤを使用しないことが

望ましいのですが、経済的な理由などから毎日タイヤを新品に換えるようなこともできません。

ドライバーはタイヤの状態を意識して、雨天時のスピードをおさえるなどの運転を心がけることが

事故防止に役立つのではないかと思います。


今回のレッスンは様々な条件で比較し体感する事で安全に対する意識を上げていく事できた

大変有意義なものでした。


NMA としてこういうイベントを開催する!というのが私の目標ですが、、、、、


みなさまも機会が有りましたらこういった講習に参加してみては如何でしょうか?

これからもこういうイベントがありましたら情報展開をしていきたいと思います。


NPO法人NMA ~No More Accident ~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。