2006年06月24日(土) 01時39分05秒

No.488 反則金の保険

テーマ:保険

やだ@NMAです。


テレビでも放映されたようですが、反則金を保障する保険があります。

以前からこの保険は知っていましたが、それほど自分には必要ないと感じて気にもとめておりませんでした。ですが、 最近少し気になっています。


べつに、違反を推奨しているわけではありませんが、気がつかず軽微な違反をしているという事は多くの人にありそうです。


違反行為はスピード違反や駐車違反だけではありません。

一旦停止やはみ出し禁止、転回禁止など全く意図するところが不明な制限標識もあります。

またそれを狙い撃ちしていると思える取締りも多く見かけます。


車をお持ちの方ならば自賠責保険には必ず入っており、多くの方が任意保険に加入されていると思います。どちらの保険も、もしもの時の為に加入されており、イメージしやすいですが、反則金の保険はどうなんでしょうね。


みなさんもご一考されてみては如何でしょうか?


※重大な違反(赤切符)は反則金ではなくて罰金です。
 白切符や青切符が反則金です。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年03月26日(日) 23時33分39秒

No.398 保険

テーマ:保険

齋藤@NMAです。


先日、自家用車の車両変更手続きの為に保険屋さんと連絡を取ったのですが、

保険料が変わるので差額を連絡するとの話を頂いたので連絡を待っていました。

しかし、2日以上遅れて更に連絡をくれると言っていた時間と全く違う時間帯に

留守番電話にメッセージが入っていました。

内容は「差額が発生したので書類を送りますので記入して送り返して下さい。」

との話だけでした。

このような対応に若干の不信感を感じつつ、書類を待っているのですが、

ネットで保険関連の話を検索してみると、様々な不満の投稿を見かけました。


主観的な話も多々あるとは思いますが、利用者側としては万一の事故の為に

高い保険料を支払っているのに、誠意が無いとも受け取れる保険会社の担当の方の

対応の話を見ると、とても悲しい思いがします。

仮に、事故の調停等で納得いかないような話を保険会社の担当からあった場合、

その不満はきちんと伝えて、どうしても駄目な場合は、担当を変更して貰う等の事を

しない限り変わっていかないのではないかと感じました。


被害者でも加害者でも、事故の当事者となってしまった場合の頼みの綱は

保険屋であり、加入者の立場に立って対応をして欲しいと切に願います。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月01日(水) 13時32分35秒

No.345 コンビニで自賠責

テーマ:保険

やだ@NMAです。


みなさまはいつでも開いているコンビニをどのように利用されてますでしょうか?
私は飲食物を中心に雑誌や化粧品、銀行ATMなどをよく利用します。
これだけでも随分便利なものだと思って使っていたのですが、もっともっと便利なサービスがあるのをご存知でしょうか?


10年以上前のことですが、原付バイクの自賠責保険をコンビニで手続きした事がありました。
届出済み証を渡して店員さんに書類を作成してもらい、保険金をお金を支払う形でした。


去年、原付を中古で手に入れまして、今回もコンビニで原付の自賠責保険に加入してきました。
10年前同様に店員さんにお願いしようとすると、今の時代では端末を使い自分で手続きをするようになっていました。時代は私の知らないところで変わってました(笑)


端末はタッチパネル方式で、指示された事を指でタッチしていくだけです。
操作は本当に簡単で、自賠責保険証も手書ではなくプリントされたもので綺麗でした。
他にもいろいろな事ができるようで、これからはコンビニに行く用事も増えそうです。


また、5年くらい前に200ccのオートバイの自賠責保険加入をコンビニで出来なかった事があったのですが、現在では250ccまでの手続きができるようになっていました。


250ccまでの二輪車は車検も無いので自賠責保険加入(更新)を忘れがちです。
みなさまも今一度ナンバープレートのシールを確認して、切れそうになっていたら更新を忘れないようにお願いします。


余談ですが、私の親戚が停車中に後ろから追突され、追突した4輪車は車検切れでした。
当然無保険車両ですので、相手の自賠責もおりません。
連絡も取り辛いようで心身共にダメージを受けています。

もちろん任意保険に加入された方が良いのですが、車検切れや自賠責更新忘れなどにはご注意ください。

NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月13日(金) 22時19分21秒

No.326 自賠責保険料、4月に引き上げ

テーマ:保険

小池@NMAです。


表題のニュースを今日みつけました。

ニュースソースはココです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/insurance_companies/?1137160460


2年連続の値上げで、自家用乗用車で代表的な2年契約の場合、

負担額は現行より900円増加し3万0680円となるそうです。


そこで少し自賠責保険を調べてみました。


 「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、

  公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、

  一般に「強制保険」と呼ばれています。

  交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、

  被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。」


何かあったときに被害者が「最低限」の保障を受けられる保険ですね。

現実的には任意保険にも加入している必要があると思います。


ちなみに、自賠責保険の証明書をクルマやバイクに積んでいないと、

それだけで30万円以下の罰金になります。

また、自賠責保険未加入の場合は、50万円の罰金または懲役1年以内の刑事罰、

という非常に厳しい懲罰が科せられ、さらに道路交通法違反の点数が6点となり、

ただちに免許停止処分となります。

保険証明書を必ず車やバイクに携帯することはもちろん、

とくに車検のない250cc以下のバイクや原付バイクでは、

自賠責保険の有効期限切れに気が付かないでうっかり乗り続ける、

ということがないように十分注意しましょう。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月30日(水) 23時28分37秒

No.282 事故の届け

テーマ:保険

浅川@NMAです。


今朝の出来事です。横浜市にて交通事故を目撃しました。

営業車バンと原付バイクでした。


双方ケガもなく、ほんのコツンとぶつかった程度のようですが、

事故の経験が無いようで、右往左往していました。


前に一度、いきなり喧嘩になったケースを目撃しているのですが、

今回は仲介するまでもなく、お互いに頭を下げながらオロオロとしていました。


私は出勤中で、時間の無い時でしたが、

おせっかいながら事故があった時のイロハを伝えました。


その時は体に異常がなくても、念のためにしておくべき事。

それから警察を呼んできちんと事故処理をし、保険会社等への連絡。


大きな交差点ではなく、小さな信号も無いような路地での出来事で、

野次馬もいない、小さな事故でした。


こうした事故は事故としないで済ませてしまっている人はかなり多く、

駅付近での自転車対自転車や、自転車対人などでは、日常茶飯事な接触です。


中には大怪我をする場合もあって、その時は生命保険等が適用されていますね。

交通事故傷害保険をかけている人は、まだ少数派だと思います。

保険の勉強をして、的確に最適な物に入りたいですね。



さて、車やオートバイでの接触であれば、小さくても事故処理をきちんとして、

後でもし(体だけでなく車両の傷等)何かあった場合に、保険の適用を受けられるように

しておく事が大事です。


自賠責の強制保険の他に、任意保険に加入している方は多いと思いますが、

毎月(毎年)それなりの額を払っていますので、万一のさいには遠慮無く使うべきだと思います。

そのためには事故の証明が必要になりますので、忘れずに警察へ届け出をしましょう。


今朝の事故の方へ、目撃者として連絡先を一応伝えておいた所、夜に連絡がありました。

お互いの車両の塗装が、よくみたら接触によりはげていたそうです。


体は問題ないので人身にはなりませんが、物損を適用して保険で修理するとの事でした。

その場では気が動転していたりして、冷静さを保ちにくいです。


後から物がどうのとか、体がどうのとなった時のために、軽いからとそのままにせず、

事故の届けを出し、必要に応じて保険を請求すると考えたいです。


No.280/281と、当NMAのブログで保険ネタが続いていましたが、

今日はタイムリーな出来事に遭遇しました。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月29日(火) 14時03分20秒

No.281 任意保険の特約

テーマ:保険

金子@NMAです。今日は保険の話です。


皆さんは、ご自分が加入されている任意保険の保証内容をよくご存知ですか?

私は恥ずかしながら、毎年あまり保障内容を熟読せずに更新をしてきました。

しかしふと見ると、どんどんサービスが充実してるんですね。


その中で「なるほどな」と思ったサービスが、『弁護士費用特約』。

もらい事故などで自分に過失が全く無かった場合、自分が任意保険に加入していても、

このようなケースでは自分の保険を使って示談交渉等が出来ません。

そんな時、弁護士を立てて相手と交渉して貰うことが出来ます。

『弁護士特約』は、こういったケースの弁護士費用を負担してくれる特約です。

弁護士を間に立てることで、自分も不快な思いをせずに交渉を進めて貰えますし、

何より心強いですよね。


ただでさえ、自分も痛い目に遭って、事故対応で不快な目に遭って・・・。

なんて事にならないように、こんな特約を付けておくのも良いかもしれません。


※参考:『All about Japan』

http://allabout.co.jp/finance/carinsurance/closeup/CU20050208A/





NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月31日(月) 20時30分09秒

No252 交通事故損害保険

テーマ:保険

八尋@NMAです。


車を運転する方々は自賠責保険(法律で加入が義務付けられています)、
保険会社各社が宣伝している任意保険に加入されていることと思います。

最近は様々なリスク細分型保険が出ていて、週末のみ運転する場合や年齢条件等が合致すれば
保険料も安くなる等色々なメリットもありますのでお詳しい方もおられるのではないかと思います。


では、車を運転していない時のリスク回避はどの様にお考えでしょうか。
例えば自転車運転中だとか、歩いている時に車にぶつけらる事故等ではどうでしょうか。

又、最近は無保険車も増えていると聞きます。
そこで私は車に掛ける保険とは別に、交通事故傷害保険に加入しています。


これは、例えば地下鉄のホームへ続く階段の上り下りで転倒した怪我、
ビルの工事現場の下を歩いていて建築用資材が落ちてきて怪我をした場合等
にも担保(保険金が支払われる)されるそうです。


私が加入したきっかけは、自転車運転時の保険を探していてこの類の保険商品を薦められたことでした。
生命保険や自動車保険のサブとして薦められましたが、保険料も7000円/年程度でしたので

(保険金により異なります)安心感を買うという意味からも即加入しました。


現在掛けられている任意保険の見直しの際には、
この様な保険商品を念頭におかれてご検討されては如何でしょうか。


NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月25日(火) 00時19分43秒

No.246 政府保証事業

テーマ:保険

矢田@NMAです。


昨今轢き逃げや当て逃げの被害が急増しているようで残念です。

事故を起こせば当然ですが、接触こそしなくても事故を誘発させた者には過失があり、その場から立ち去れば轢き逃げや当て逃げとなります。


なぜ、逃げてしまう方が途絶えないのでしょうか・・・

応急手当など的確な対応をしていれば助かる命もありますのに。。。


じつは私も轢き逃げや当て逃げにあった事があります。
オートバイで信号待ちをしている際に追突され、猛スピードで逃走された事や、雨の中をオートバイを運転していた際に細い脇道から乗用車が飛び出してきて、接触こそしなかったものの転倒し腕を骨折したり・・・。

私は痛みに耐えることしかできずナンバープレートを覚える事すらできませんでした。

こういう相手の特定できない事故は自賠責保険などの適用がされず、多くの人が治療費や慰謝料を泣き寝入りしてしまうのではないでしょうか?

こういった自賠責保険や自賠責共済の適用を受けられない場合は「自動車損害賠償保障法」によって保険金を被害者が独自で請求できる「政府保障事業制度」というものがあります。


こちら に詳しい解説がありましたので万一の際は各損害保険会社に相談しては如何でしょうか。



NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月18日(木) 21時45分41秒

No.178 自然災害と自動車保険

テーマ:保険

平沼@NMAです。


8・16宮城地震で被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
地震列島日本に住んでいる限り、誰もが大きな地震にあう可能性があります。
その時のために準備や備えには常日頃から意識しておきたいものですね。


さて、自然災害により車に被害があった場合、自動車保険が適用されるかと
いうと大きく二分されます。
台風や集中豪雨に伴う水害には、ほとんどの自動車保険が適用されます。
一方、一般的に自動車保険の約款では地震もしくは噴火またはこれらによる
津波による被害は免責、つまり対象外となっています。
ですので、地震による津波や洪水、土砂災害などは、同じ“水害”であっても
通常の自動車保険では補償されません。
ところが自動車保険には地震・噴火・津波危険「車両損害」担保特約というものが
あります。この特約を付帯することができれば地震のリスクも補償されます。
ただし、損保会社によってその引き受けに制限を設けていたり、或いは引き受け
そのものをしていない損保会社もあります。
心配な方は一度、ご自分が加入されている損保会社や代理店に問い合わせを
してみてはいかがでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月11日(土) 22時52分38秒

No.110 対物保険は、いくら?

テーマ:保険

20050611-cnob

平沼@NMAです。

先日、いつも利用しているGSに給油に立ち寄ったところ、

洗車機が画像の様にひとめでそれと分かるくらい大きく

歪み、レールからも50cm近くズレていました。
店長にお聞きしたところ、お客様がブレーキとアクセルを

踏み間違え、右側面から洗車機に衝突したとのことでした。
事故は平日夕方の店内が混み合っている時間帯に起きた

そうですが、運転されていた方も含め誰1人怪我がなかった

のは、まさに不幸中の幸いだったと思います。


ところで皆さんはご自分が加入されている対物保険の保険

金額がいくらか覚えていらっしゃいますか?

この事故では「洗車機の修理費だけで1千万を越える」そうです。

お恥ずかしい話ですが、私自身は数年前、保険会社を切り替えた際

”お薦めプラン”なら安心とそれに加入して以降、更新時も契約書に

ざっと目を通し「前年同条件」に○印を付けていただけでしたので保険

金額と言えば「対人無制限」くらいしか記憶にありませんでした。

その晩、帰宅後に慌てて保険証券を確認したのは言うまでもありません。

一応「対物5千万」となっていましたが、不安になり翌日「対物無制限」に

切り替えました。


ちょっと調べてみたところ、過去の物損事故にはなんと2億6千万、1億3千万、
1億2千万。。。と空恐ろしい額の賠償があったそうです。
もちろん、こうした高額賠償というのは極端なケースでしょうが、都市部では
目の前を1千万を超えるような車が、ごく普通に走っています。
年間の保険料は「対物無制限」にしてもさほど変わらない場合が多いですから
充分な補償と安心を得られることを考えれば対物も対人同様「無制限」にされては

いかがでしょうか?


尚、ずっと以前からの契約をそのまま更新していた方は要注意です。何しろ、
日本の自動車保険に「対物無制限」が登場したのは、ほんの7,8年前だそうです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。