1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年11月30日(木) 22時13分48秒

No.647 今年の忘年会シーズンは酒気帯び運転(飲酒運転)ゼロでいきましょう

テーマ:マナー&モラル
奈良@NMAです。

いよいよ明日から12月ですね。
そろそろ忘年会などの飲み会でスケジュール帳の予定が一杯になってくる人も多いのではないでしょうか。

今年一年を振り返ると、飲酒運転による悲惨な交通事故が数多くマスコミで大きく取り上げられるものの、その後も一向に減る気配をみせない飲酒運転&酒気帯び運転が印象に残ります。

ドライバーの慣れから飲酒運転が発生しているような現状では、周りの人が飲酒運転をしないように働きかけるしか無いのかも知れません。
忘年会シーズンで同席するような人は、少なからず自分の身の回りの貴重な人たちだと思います。
そんな人が悲しい事故を起こさない為にも、同席者は「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」を徹底するようにしてあげましょう。

統計的に見ても、年末にかけてこれから交通事故で亡くなってしまう人は必ず出ます。
それは、これを書いている私かもしれませんし、読んでいるあなた自身かもしれませんし、あなたの横を歩いている人かも知れません。

そうなってしまう前に何をすれば良いのか、もし事故に遭ってしまった時にはどうすればいいのか。
行動が伴うのが一番ですが、まずは知識を身につける事から初めて見てはいかがでしょうか。

難しいことは置いておいて、せめてこれからの年末の忘年会シーズンは身の回りで酒気帯び運転(飲酒運転ももちろん)ゼロになるように呼びかけてみてはいかがでしょうか。

NPO法人NMA ~No More Accident ~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月29日(水) 22時43分44秒

No.646 雨は滑る

テーマ:運転中の出来事

森村@NMAです。



数日前、大雨の中を長時間走る機会がありました。

雨の中を走行したことは何度もあるし、そしてオフロードバイクなので
雨でも大丈夫、それどころか雨の状況を楽しんでいました。

お店の駐車場に入ろうと左折したときです。
何とか体制を整えることはできましたが、危うく右にズルッと滑りそうになりました。
マンホールの上を走ったからでした。
スピードは落としていましたが、濡れていなければ滑ることが無かったと思います。


以前の私なら、それはそれは慎重に走り、もちろんマンホールの
存在にも気がついたと思います。
しかし、慣れてきて大事に考えてませんでしたし、注意深く路面を見ていませんでした。


路面が濡れていると滑りやすい。
マンホールは濡れていなくても滑りやすい。
路上の白線ラインの上も滑りやすい。


それ以降は、教習時に習ったことを思い出し、頭の中で唱えながら走ります。
ベテランドライバーの皆様は、こんなこと知っていて当然と思われたかも知れませんが
私はまだまだ経験していない、知らないことも多いと改めて悟りました。


慣れてきた頃こそ事故に遭いやすい。
その事を肝に銘じて、運転しようと誓いました。

私と同じような、そろそろ運転が慣れて、緊張が無くなり楽しく感じてきている皆様。
今一度、自分の運転を振り返ってみましょう。




NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月28日(火) 09時56分49秒

No.645 玉突き

テーマ:交通事故

浅川@NMAです。


私の自宅は大きい環状線がそばに走っているのですが、

環状線から自宅へ向かう交差点で事故が発生しました。


環状線を都心から来ると右折するのですが、

そこには右折レーンがある交差点です。


右折レーンで待っているセダンに、後ろから来た1ボックスが激突。

その後から来たまた1ボックスが激突するというものでした。


間に挟まれた1ボックスは前後が原形をなしてないので、

おそらく廃車コースだと思います。


右折レーンで右折待ちで止まっていたセダンの過失は0%だと思います。

見ている限りは、激突した1ボックスのドライバーの前方不注意です。


ブレーキ跡も無いんじゃないかと思うくらい、ズドーンとぶつかってました。

休日の夜で疲れていたのかもしれませんが、事故の言い訳にはなりません。


今回の事故をみて、自分だけ注意していてもダメである事を再確認しました。

模範的な運転や優良な運転をしていても、止まってる後ろからズドーンとやられたら、

避けようがありません。


昨今、車の性能は向上していますが、ブレーキは踏まなければ利きません。

あくまでも運転しているのは、間違いを犯す不完全な人間達である事がポイントです。


自動で事故を回避できるようなシステムが出来るまでは、

ヒューマンエラー的な事故は消し去る事は不可能なのでしょう。


危険な車が後ろから来たと察知できても、交差点の右折レーンでは、

前に出るわけにもいかないし、難しいシチュエーションです。


何か方法が無いものかと考えています。

ジャストアイデアをお持ちの方がいれば、ぜひ教えてください。



NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月27日(月) 19時38分08秒

No.644 オートバイ、低速の転倒でも

テーマ:交通事故

 須田@NMAです。


知人がオートバイで転倒して怪我をしてしまいました。

それも、かなりの大怪我です。

股関節骨折で、即入院となってしまいました。

手術が必要で、それが終わってもリハビリには時間がかかることと思われます。


事故のあらましはこうでした。


朝、オートバイに乗りでかけようとしたところ、エンジンストールしてしまい急に

バイクが止まってしまいました。

安定を失って右によろけたので右足で踏ん張ろうとしたのですが、それ以前に

右足を痛めていたために力が入らず、バイクに巻き込まれるように転倒したため

右の股関節に無理な力がかかってしまったようです。


当然、自分で歩けるような状態ではないので救急車で病院に運ばれましたが

そのまま入院です。

人工股関節にするか、自分の骨を繋ぐ手術をするかは精密検査をした後に

決めるとのことでした。


知人が乗っていたオートバイは、最近流行の大型スクーターです。

私の肉親も同じオートバイに乗っていますが、かなりの重さがあります。

乾燥でもおよそ160Kg、運転状態では170Kgを超えているので、倒れているのを

起こすだけでも大変です。

その重さがひねった状態の関節にかかったのですから、相当な力が加わった

ことだったでしょう。


この事故の話を聞いて、思ったことが2つあります。


一つは、体の状態が完全でないときにオートバイに乗るのは危険だということと

もう一つは、低速であっても危険は常に潜んでいると言うことです。


聞けば当たり前のことですが、ふと自分を振り返ると似たようなことをしたことも

あるんじゃないかなと思いました。

体調が十分でなくてもこれくらいなら大丈夫じゃないかなとか、低速だとついつい

注意力を怠ってしまったり。


気温の低くなる冬は、エンジンがきちんと動く温度まで暖気をするのは時間が

かかることもあります。

かといって、暖機運転の騒音とか排気ガスを考えると暖機運転に時間をかけるのを

ためらう事もありますね。


オートバイは常に体が露出していて、何かあれば全て自分の体に返ってきます。

このブログを読んでいただいている皆さんも、十分に気をつけて冬のオートバイを

利用していただきたいと思います。



  NPO法人NMA ~No More Accident ~






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月26日(日) 19時39分36秒

No.643 乾杯

テーマ:マナー&モラル

平沼@NMAです。


先週、内閣府より発表された「交通安全に関する特別世論調査」によれば、

飲酒運転者に対する罰則や行政処分の強化を回答者全体の7割以上もの

人が支持しています。同様に「同乗者」や「運転者に酒を提供した者」に対する

罰則強化を支持する人も4割を越えています。


No.641 で良永さんも書かれていましたが、これだけ厳罰化の機運が高まって

いても尚、毎日のように飲酒運転による事故の報道が繰り返されています。

厳罰化だけでは飲酒運転撲滅が難しいことを示唆していると思えます。


さて、酒を提供する側として飲食店、特に郊外の居酒屋などは既に飲酒運転

防止への対応を始めていますが、先日、友人が出席した結婚披露宴でも宴の

前後や乾杯前に司会者から飲酒運転防止のアナウンスがあったそうです。

晴れの宴でもと思いましたが、記憶を辿れば、私が列席させていただいた

披露宴でもテーブルに置かれたグラスに当然の如く、ビールやシャンパンが

注がれたことが少なくなかった記憶があります。


披露宴会場も酒を提供する側として飲酒運転問題を深刻に受け止め、対応を

始めたということなのでしょう。とはいえ、対応を始めた露宴会場は郊外型など

まだ一部でしょうし、食事を主とした店やファミリーレストランなど含め、飲食業界

全体として取り組むことは難しいであろうことも想像に難くありません。


これから、忘年会やクリスマスなど乾杯をする機会が増える時期です。

飲酒運転は、当然、運転者本人のモラルが一番に問われるますが、同乗者や

一緒に酒を飲んだ人、酒を提供した店など様々な人や場が関わっていることが

大半です。

飲酒運転を許さない社会を築くために、そのような場でひとりでも多くの人が

「断る勇気」「止める勇気」をもって、臨んでいただくことを願う次第です。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月25日(土) 22時47分02秒

No.642 カーナビ

テーマ:安全対策

八尋@NMAです。

前回の記事 で記載しましたが車を買い替えることになりました。

現在いろいろな手続きを行っているところですが、

装着するカーナビをどのメーカーのどの機種にするのか検討しているところです。


WEBやカー用品店で実際に触ったりすることで使い心地を確認していますがPANASONIC製のカーナビで、

事故多発地点をデータで収録し表示する機能がある製品 がありました。


以前WEB上で事故多発地点を分析しているHPがある旨ご報告していましたが、過去事故多発・重大事故発生が

している箇所を通行する際に、その直前で警告を発する機能は危険予知、事前回避が可能になるという意味で

大変有効ではないかと思います。


私は、この機能の搭載されているカーナビを購入しようかと思っています。
今後、このような機能が購入の重要なポイントとされるようになればいいですね。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月24日(金) 16時11分16秒

No.641 ドライバーの自覚

テーマ:その他
良永@NMAです。

連日の取り締まりや検挙の報道にも関わらず、相変わらず毎日 飲酒運転で
検挙されたドライバーの報道が繰り返されていますが、この報道のきっかけ
ともなった福岡県で23日、代行運転後のタクシー運転手が逮捕されたと言う
報道がありました。
県警は勿論、マスコミや自治体もPRに力を入れている福岡県で、しかも
職務中のプロドライバーであった事は私にとっては大きな驚きでした。

容疑者は北九州市のタクシー運転手で、22日夜に代行に使ったタクシーを
運転して帰る途中、車と衝突。
呼気中からアルコールが検出されたため道交法違反の疑いで現行犯逮捕された
と言う事でした。

以前にもコメントしましたが、飲酒運転は信号の見落とし等の突発的な違反
とは違ってドライバーの意識で完全に防げる違反です。
車を運転する以上、ドライバーの一人一人が自覚を持つ事は当然ですが、
プロドライバーにはより高いプライドと自覚を持って運転して欲しいと
個人的には思っています。


NPO法人NMA ~No More Accident ~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月23日(木) 16時28分01秒

No.640 気になるニュース

テーマ:ニュース

西村@NMAです。


最近気になるニュースがあったのですが、今日はそれについて。



記憶が曖昧なのですが、ここ1ヶ月くらいのニュースで


愛知県岡崎市で、渋滞で停車していた車の車内から

発火して、車内にいた方が焼死した



というニュースがあったのですが、その後続報を全く聞きません。私が

聞き逃しているだけかもしれず、その後の続報がとても気になります。


まず、発火の原因が何だったのか?

車?人?


発火した車からどうしてドライバーは逃げることができなかったのか?

または逃げなかったのか?


通報した人も車から煙が出ているのを見て通報しているはずですが、

消防車が来るまでに助け出すことはできなかったのか?

または助け出そうとはしなかったのか?



などなど、色々と疑問の残るニュースだったのですが、どなたか

続報をご存じありませんでしょうか。ミステリアスなニュースの

割には全くその後報道されていないような気がするので、とても

気になっています。



NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月22日(水) 23時04分51秒

No.639 IC免許証

テーマ:ニュース

齋藤@NMAです。


偽造免許証を使用しての悪用防止の為に、平成19年1月4日より
運転免許証がICカード化されるという事をご存知でしょうか?


大きさは現在の免許証と変わらないですが、若干厚くなり、
今まで記載されていた本籍地の情報がプライバシー保護の為、
ICに記録される事により表記から無くなるそうです。


また、免許証発行には、2種類の4桁の暗証番号を設定する必要があり、
手続き上も登録カードの発行を行う必要がある等の若干の変更が
あるようです。


興味がある方は、警視庁の下記HPを参照下さい。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/ic/ic.htm

免許証を紛失した場合などに悪用される可能性が低くなる事は
大変良い事だと思います。

近い将来、検問でお巡りさんに「はい、暗証番号を入力して」と
言われる日も近いのかな?とふと思いました。

NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月21日(火) 01時23分45秒

No.638 二輪車がコインパーキングに駐車できればいいのに・・・

テーマ:その他

やだ@NMAです。


前回、バイクの止められる時間貸し駐車場マップについて触れた続きになります、、、


本当に良く見かける・・・【オートバイに括り付けられた黄色い輪】

以前のようにオートバイの特権?と無闇に駐車する事が出来なくなってきています。


法改正で駐車違反に対する取締りが強化されてからコインパーキングもかなり増え、

利用者としてはとても使いやすくなりまして嬉しいのですが、もう一つ欲を言わせて

もらえれば、「オートバイ用の駐車場をもっと作って欲しい!」ということです。


星の数ほどある大手のコインパーキングに、車と兼用でも良いのでオートバイを

止められる場所を作ってくれたら、ユーザーとしてどんなに楽なことかと考えます。
車1台のスペースにバイクならば何台も置けますので、四輪兼用で二輪車が駐車

できるようなシステムさえ開発すれば、、、すぐに実現可能なことだと思うのです。


○○コインパーキングに行けばバイクも止められる!

っと、バイクに乗る方でしたらきっと利用しますよね。


この事を先日コインパーキングを運営する大手企業に提案してみました。
返事はまだ来ていませんが、この二輪車用駐車場問題が変わっていけば良いなと

願っています。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。