1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年07月31日(月) 10時06分32秒

No.525 夏休みドライブ

テーマ:NMAの活動

浅川@NMAです。


いよいよ夏休みも本格化してきました。

事故が多くなる季節ですね。


このシーズンは若者の事故が増えるのは、

単純に出かける率が上がるからだと思います。


若いときは車に乗ってドライブに行くという行為だけでも

大きなイベントになったりします。


行き先が海や山とは限らず、隣町へ行くなどでも

楽しいイベントになっています。


自分の若い頃を考えてみると、若い人の気持ちも理解できます。

今となっては危ない事をした等、若い頃を振り返る人も多いです。

かく言う私も若い頃は相当無茶をしてしまいました。


徹夜明けでの長距離ドライブなどという今なら絶対にしない行動も、

若さゆえに乗り切れるだろうと考えていたと思います。


幸いにして事故を起こしていませんが、一歩間違えれば、

毎年定番の、ドライブ中の若者の事故という形でニュースに出ていたでしょう。


活発な若者は、大人のアドバイスを受け入れない傾向もあります。

私もかつては活発な若者でしたので、当時を思い返すと、正しいことを大人が言っても

素直に受け入れなかった記憶があります。


事故を減らしていくというNPOである私たちの活動からすると、

そういう活発な若者にも、スーッと受け入れてもらえるような、そんな何かを見つけて

アクションしたいと考えています。


無茶をした体験を持つ大人だからこそ、何かができるのではないかと考えています。

ありきたりの綺麗事を言うつもりもありません。


ただ、若さの至りで事故を起こしてはいけないという事だけです。

未来ある若者の人生、事故で未来を狂わせてはいけないのです。


少しでも誰かの役に立てるようこれからも考えていきたいと思います。



NPO法人NMA ~No More Accident ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月30日(日) 15時45分25秒

No.524 3種類あるAEDへの戸惑い

テーマ:救急医療

 須田@NMAです。

7月1日に「第8回 救急救命講習」を実施しましたが、その準備をしていたときの話です。

準備をするにあたって多くの人と話をしたのですが、その中ではAEDについての会話が

頻繁に出ました。

AEDの講習があるのかといった質問も多く、設置されている場所も増えてきて実際に目に

する機会が多くなり、実際にAEDを使ったことによる救命成功事例がニュース等を通じて

報道されることが、関心を持つことにつながっているように思えす。

AEDへの関心が高まっていることが実感できて嬉しかったです。

その会話のなかで、ちょっと意見が分かれるものがありました。

現在、薬事法により医療用具として日本で認可されているAEDは3機種ありますが、機種

によって取り扱い方法は微妙に異なります。

異なると言ってもその違いは小さなものですが、人により受け止め方はかなり変わります。

ある人は、違いと言ってもたいした違いではないのだから、何かあっても実際に目の前に

あれば使えるでしょ、といった意見でした。

これに対して、何かあって自分も気が動転しているかも知れないのに使い方が違う機種が

目の前に現れたらきちんと使うことは出来ないかもしれない、と言う人もいました。

車だったら、右ハンドルと左ハンドルの違いでウィンカーやワイパーのスイッチが左右逆に

なることはありますが、とっさの場合に必要なブレーキペダルやハンドルの位置はメーカー

が違っても変わることはありません。

緊急時に必要とされるAEDの使い方が、メーカーによって異なる(その差は小さくても)と

いうのはどうなんでしょう。


私個人の考えでは、こういった部分での差別化は避けてもらいたいです。

緊急時に、操作する人が自信を持って扱えなくなるような要素は徹底して排除するべき

なのではないかと思います。

みなさんは、どう思われますか。

(機種の違いによる問題こちらの記事 もご覧ください)

先に書いたように操作の違う部分は小さなもので、基本的な操作は同じです。

違いをきちんと説明できれば、実際に扱うときにも慌てることは少ないと思います。

現在NMAでは次の救命講習会の準備を進めています。

そういった違いも考慮に入れて、必要なときに適切な処置を行える知識と技術が身につく

効果的な講習、となるよう努力していきたいと思います。

  NPO法人NMA ~No More Accident ~



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月29日(土) 23時49分16秒

No.523 日々の積み重ね

テーマ:その他


齋藤@NMAです。

現在の私の職場の近くに消防署があり、ちょうど休憩室の窓から
見える場所にありますので、色々な光景を見る事が出来ます。

例えば、朝のランニング風景(通勤途中で良くすれ違います)や
車両点検等です。

仕事中、いつも見ている訳にもいきませんので
見る光景は日によって違ったりしますが、消防車の車両点検
を行っている様子はとても興味を惹かれます。

例えば、ハシゴ車であれば一人が籠に乗りながらハシゴを
一番高く伸ばしながら色々な動きをしたりします。
また、時にはボードを出していたり、またチェーンソーのような
機械等を使っている時もあります。

問題無く動作するかの点検もあるかと思いますが、いざという時に
これらの道具をスムーズに使えるように訓練する意味もあるかと
思います。

仕事とはいえ日々黙々とこれらの作業をこなす消防隊の方達に
関心させられ、とても心強い気持ちになります。

しかし、消防隊の方達のお世話にならないように私たちも
常日頃から防災について色々な事を勉強する必要があることも
強く感じております。

NPO法人NMA ~No More Accident ~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月28日(金) 22時48分39秒

No.522 止める勇気

テーマ:ニュース

平沼@NMAです。


飲酒運転による事故の民事起訴で画期的とも言える判決が下されました。


一緒に飲酒、乗らなかった同僚にも責任…ひき逃げ死亡

埼玉県坂戸市で2001年、大学生が酒酔い運転の車にひき逃げされ死亡した

事件で遺族が運転手の元会社員(37)と運転前に一緒に飲酒した同僚(33)

などを相手取り、計約8100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、

東京地裁であった。
裁判長は、同僚についても「深酔い状態にあることを知りながら、運転を止め

なかった責任がある」と賠償責任を認め、元会社員と同僚、車の所有者だった

勤務先の会社に計約5800万円を支払うよう命じた。
原告代理人によると、飲酒運転による事故で同乗者の責任を認めた判例は

あるが、直前まで一緒に飲酒した者の責任を認めた判決はほとんど例がない

という。                      (読売新聞-7月28日付報道より抜粋)


この判決で画期的とも言えるのは「事故時、同乗していなくとも、一緒に飲酒した

者にも責任がある」とされ、「一緒に酒を飲んだ者は、運転を制止すべき注意義務

がある」と指摘したそうです。


飲酒運転は許されない悪質な行為です。
ご自身がそのような悪質な行為をされないのは当然ですが、「止めなくては」と

思っても、年齢や仕事での上下関係などが頭に先立ち、「止める勇気」を持て

なかった方もおられるやも知れません。


この事故でも、飲酒運転を止めなかった責任を問われた同僚は、事故を起こした

運転手が「年長で意見できなかった」そうです。


今回の判決を受け、周囲の方が飲酒運転という悪質な行為を侵そうとされたら、

勇気を持って制止して下さい。


その勇気がご自身を、周囲の方を、そしてこの社会を飲酒運転による事故という

悲惨な事故から守る道に繋がっていると思います。



NPO法人NMA ~No More Accident ~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月27日(木) 10時40分11秒

No.521 心肺蘇生の新ガイドライン

テーマ:その他
良永@NMAです。

先日、心肺蘇生に関する新ガイドラインの講演会が開催されたのを聞いて
きました。

昨年の11月に国際ガイドラインが変更になっていますが、講演の内容は
その概要に関するものでした。
国際ガイドラインは2000年に世界統一基準として発表されました。
現在日本でAEDが普及してきたのも、このガイドラインによるところが
大きいと言われていますが、5年振りの改訂です。

20060727-yoshi

最大の変更点は心臓マッサージの比重が従来以上に高まった事。
以前は心臓マッサージ:呼吸は5:1と言われていました。
その後(2000年ガイドラインでも)15:2へと変化しましたが、今回の
新ガイドラインでは30:2を推奨されています。
これは内圧を確保して有効な心拍出量を得るためです。
これに伴って、マッサージの手技にもより具体的な指導が加わる事と思います。
例えば「環流量を増やすために胸郭を十分に弛緩させる事=そのためには圧迫後
十分に力を抜く事」
また、これまでAEDは連続3回使用する様に指導されていたと思いますが、1回
AEDを使用した後は解析を待たずに2分間の蘇生を行った後、再びAEDを施行
する様に変更になっています。

その他にも例えば「循環のサインの確認」が省略されました。
これは市民救助者には確実に循環のサインを判断できる根拠性が低く、そのために
心肺蘇生の開始が遅れる事を回避するためですが、これは市民救助者に限らず
医療関係者にも拡大適応されるかもしれないとの事でした。

欧米では国際ガイドラインの変更に伴い、直ちに各国で独自のガイドラインが
発表されました。
我が国独自のガイドラインの作成は遅れていましたが、既に完成し、もうすぐ
発表されるとの事でした。
発表されれば当然これまでの講習とは違う内容になると思われます。
まだ講習を受けられていない方は勿論、既に講習を受けられた方も新しい
ガイドラインに沿った講習を受講される事をお勧めします。

NMAではこれまでにも8回の救急救命講習会を実施しています。
新ガイドライン下での講習会は、まだこれからの計画となりますが、今後も
講習の機会を作って行きたいと考えています。


NPO法人NMA ~No More Accident ~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月26日(水) 02時45分14秒

No.520 火災にご注意

テーマ:ニュース

西村@NMAです。九州四国地方では梅雨明け宣言が出て、これからまた暑い日が続きますが、

暑さにちなんで今日はこういうニュースをご紹介します。



「乗用車火災、お守りの吸盤がレンズの役割?福岡」


福岡県大川市一木の無職男性(77)方で12日午前10時50分ごろ、止めてあった軽乗用車から

出火し、全焼した。県警大川署と市消防本部は、フロントガラスに張り付けてあったお守りの吸盤

(直径約5センチ)がレンズの役割をして太陽光を集め、ダッシュボード上の紙類が燃え上がった

可能性が高いとみている。(asahi.com)



要するに、吸盤が虫眼鏡のような作用をして、ダッシュボード上の紙に火をつけたのでは

ないか、ということですね。


このような火事のことを収斂火災というのですが、吸盤の他にも水を入れたペットボトルなど

光を集める作用をする物体は注意が必要です。

もちろん、ライターなど火の気のあるものを車の中に放置しておかないというのは当然です。


これからますます暑くなってきますが、みなさんも一度ご自分のお車の中を点検されて

みてはいかがでしょうか。まさかこんなものがというのが一大事を巻き起こす可能性も

あるのです。



NPO法人NMA ~No More Accident ~



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月25日(火) 23時36分28秒

No.519 駐車違反取締りの順序

テーマ:マナー&モラル

齋藤@NMAです。


駐車監視員の方の話です。


私は田舎の方に住んでいますので、駐車監視員の方が

職務を行っている姿を見かける事は殆どありませんが、

先日、買い物の為に都内に出かける用事があり

活動されている姿を見かけました。


しかし、その活動内容には?が付くものでした。

その場所は、JRを始め複数路線が乗り入れている

駅の近くの大通りだったのですが、近くに駐車場がない為に

店の前に停車して商品を搬入しているトラック

(ドライバーの方が荷物の積み下ろしをしていました)

を取り締まる為に写真を撮っていました。


一人は、ドライバーに注意をしているようでしたが、

何故もう一人は写真を撮っているのでしょうか?

すぐ後ろには、暫くの間駐車したままの高級外車がありました。


私の偏見かもしれませんが、並んでいる順番に

取り締まっていると言われればそれまでかと思いますが、

順序が違うような気がしてなりませんでした。


時折、駐車監視員の取り締まりにてドライバーとの

トラブルのニュースがありますが、

一歩間違えれば上記のような事からも刑事事件

になりうるのでは無いかと思った光景でした。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月24日(月) 01時07分06秒

No.518 レインスーツのお手入れ(実践編)

テーマ:知恵

20060724-1-yada 20060724-2-yada 20060724-3-yada やだ@NMAです。


No.477 でレインスーツのことを書きましたが、本日は実際にレインスーツに撥水処理をしたので、レポートをさせていただきます。

洗剤洗剤・撥水剤はニワックスの製品を用いています。
先日ご紹介したRevivexよりも価格は高いものの、洗浄力や作業の手軽さといった部分に優れています。


使用方法、

1、洗濯機にレインスーツとニワックステックウォッシュを

  いれて洗濯(すすぎ、脱水を含む)をします。

  汚れが酷い箇所には直接洗剤を塗りつけておくと、

  襟や袖の汚れも綺麗になります。


2、洗濯が済んだら脱水し、ニワックスダイレクトインで

  コーティングをします。

  コーティングも洗濯と要領は変わらず、とても簡単です。
  脱水してもレインスーツの中には水が溜まっていますの

  で、中の水を出してからもう一度脱水すると良いです。
  コーティング剤は木工ボンドのような匂いのする白い液体

  で、ベトベトしたもので、洗濯層に手を入れると、手に撥水

  加工されたようになります。

  ベトベトになった手は石鹸で落ちます。
  

3、仕上げは乾燥機、または自然乾燥させます。

  部屋の中に干しておくと、木工ボンドのような匂いがするの

  で屋外で干すと良いでしょう。



仕上がりは3番目の写真のように、すばらしい撥水効果を得ることができます。撥水スプレーでも気軽な作業で撥水効果を得られますが、しっかりとコーティングしようとするとかなりの費用が掛かってしまいます。丸ごとコーティングできる、こういった製品は隅々までコーティングできてお薦めです。


不快な服装は事故やトラブルのもとです。快適な服装でより良いライディングをしましょう。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月23日(日) 11時28分26秒

No.517 晴れた日のハイドロプレーニング現象

テーマ:NMAの活動
奈良@NMAです。

ハイドロプレーンング現象に気をつけないといけないのは雨の日だけでしょうか?
もちろん雨の日は、至るところで路面に水が溜まりやすいですからハイドロプレーニング現象が起きやすいです。
実際に雨の高速道路で経験した人は多いのではないでしょうか。

では晴れの日は、雨が降っていないからハイドロプレーニング現象は起きないのか???

ハイドロプレーニング現象とは、タイヤと路面の間の水が排水しきれずに、タイヤが水上スキーのように路面の水たまりの上を滑ってしまう現象です。

つまり、排水が間に合わないほどの水量があったり、タイヤの溝が減って排水が不十分だったり、タイヤの空気圧不足でタイヤの設計通りに排水ができないとき、また速度の出し過ぎで排水が間に合わずに水の上に乗り上げるような状況が発生してしまえば、天気は関係なく発生してしまうのです。

もしハイドロプレーニング現象になっていまうと、その間タイヤが滑っている事になるので当然ブレーキは効きませんしハンドル操作も効きません。
その間に、車体が進行方向から回転してしまうと、再びタイヤのグリップが回復したときにスピンを引き起こす等の危険性があります。

曇りの日、緩いコーナの途中にあった水たまりが、実は深さ数センチもあり、しかも速度超過だった。。。
これで実際にハイドロプレーニング現象が発生してしまった例があります。
コーナーリング中であったために、車体は慣性で回転をしてしまいその後水たまりを抜けた後も姿勢を元に戻すことができず路肩の木に衝突、大破してしまいました。

タイヤの溝や空気圧のチェックを怠ると、思いがけない事故を招く恐れがあります。
日頃からチェックを行うように心がけましょう。
自分でよくわからない人は、ガソリンを給油するタイミングでスタンドの人に見てもらうのが良いかもしれませんね。

NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月22日(土) 00時30分55秒

No.516 天災とボランティア

テーマ:自然災害

森村@NMAです。

ここ数日、梅雨前線の影響で全国的に大雨が降り、各地に被害が出ています。
被害に遭われました方に、お見舞い申し上げるとともに、
一日も早く復興出来る事をお祈りいたします。

近年は地震や台風などによる天災の被害が世界的に相次いでいますよね。
幸いにも、自分自身や周囲では阪神大震災以来は被害に遭っていません。
しかし、明日はわが身の状態は誰にでも有り得ると思っています。

天災が起きるたびに何か自分でも手助けできることがないだろうか・・。
それが募金だったり、必要としている物資を送ったり、
人手が必要なら自分自身が出向いたらと考えたりします。


自分自身が出向く・・さらりと書きましたがとても勇気が要ることですよね。
まだその勇気が出せない事が殆どです。


勇気が出なくても、自分が出来る事で協力する行動をとることが大事です。
そう思って、自分なりに一念発起しています。


皆さんも、ほんの少しでも良いから勇気を持ちましょう。
その手助けが出来る活動をNMAは行っていきたいです。


NPO法人NMA ~No More Accident ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。