消防車用の泡消火剤を未検査で販売していたとして、消防庁は3日までに、京都市の輸入販売業「ヨネ」(京都市)など3社を厳重注意した。十分な消火性能を得られない可能性があり、北海道根室市では今年3月、消火中に泡が出ないトラブルがあった。3社は5製品計8000品を自主回収する。

 未検査だったのは「ヨネ」のほか、「モリタ」(兵庫県三田市)、「古河テクノマテリアル」(神奈川県平塚市)。消防法に基づき販売前に成分や性能などの検定を受け、「合格証」を取得する必要があるのに怠っていた。

 根室市では、耐用年数が25年と長く、海水でも使用できるとして、ヨネが輸入した英国製「フォレックスパンS」を購入。3月3日と4日、住宅と倉庫の火災で出動した際に低温で泡が詰まり、消火薬剤を散布できなかった。同社は「検定対象とは思わなかった」と説明している。

【関連ニュース】
キリンビバレッジ:ボルヴィック43万本回収へ
ドトール:ガムシロップ自主回収 一部に金属片混入の恐れ
日清ヨーク:「ピルクル」を自主回収 酵母混入で
食品廃棄:安易な廃棄「待った」 消費者団体がガイドライン提案
中国製ギョーザ 自主回収商品

<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)
STACIA PiTaPaカードをクルマの鍵代わりに――オリックスカーシェアリング(Business Media 誠)
乗用車転落、20代3人死亡=ガードパイプ突き破る―千葉(時事通信)
区分審理で近大ボクシング部2元部員、対象外事件を認める(産経新聞)
AD