味の素は10日、米子会社との取引に関し、東京国税局の税務調査で約37億円の申告漏れを指摘されたことを明らかにした。同社は「納得できない」として異議申し立てを行う方針だが、想定される追加納税額約18億円を2010年3月期決算で引き当て処理した。
 味の素によると、国税局は同社が03年から07年までの間に米子会社から受け取った飼料用アミノ酸の製造技術使用料について、所得の申告額が少ないと主張しているという。同社は国税局に対し、内外二重課税を防ぐために日米当局間の協議を求める方針だ。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕ミクロの世界
味の素、11年3月期営業益11%減を予想=原燃料価格上昇など想定
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上
EXILE事務所が1億超所得隠し=経理処理に仮装・隠ぺい

【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕-警視庁(時事通信)
もんじゅ運転再開 高コスト・ナトリウム取り扱い、なお課題(産経新聞)
錦市場などツイッター活用 商店街活性化に一役(産経新聞)
としまえん 「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
AD