31日午前6時15分ごろ、奈良県大和高田市西三倉堂のJR和歌山線で、線路内にいた男性が王寺発五条行きの普通電車(2両編成)にはねられ、即死した。乗客約30人にけがはなかった。

 JR西日本などによると、電車の運転士が線路脇の公園から歩いて線路内に入ってきた男性に気づき急ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。男性は60~70歳とみられ、高田暑で身元の確認を進めている。

 この事故で、同線は上下線計11本が運休。計6本が最大約2時間半遅れ、約3600人に影響した。

【関連記事】
東急東横線でも男性はねられ運転見合わせ 目黒
阪急・特急電車にはねられ死亡、約2万人に影響
車いす男性、電車にねられ死亡 JR横須賀線踏切
京都の大学生が電車にはねられ死亡 大阪
特急にはねられ女性死亡 JR高徳線

週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ-参院委(時事通信)
自転車違反警告水増し、埼玉県警巡査2人処分(読売新聞)
小6いじめ自殺で和解=道、市が遺族に謝罪-条項に再発防止策も・札幌地裁(時事通信)
「国務に専念を」民主・小沢氏、閣僚発言にくぎ(読売新聞)
AD