2009年4月に北海道安平町のゴルフ場「ル・ペタウ」で、プレー中の女性がホールにできた穴に転落して死亡した事故で、室蘭工大の木幡行宏准教授(地盤工学)が陥没の原因を地下水の浸食とする鑑定書を18日までに道警に提出した。
 道警では業務上過失致死容疑も視野に捜査してきた。鑑定書の内容を分析し、ゴルフ場側の管理責任を判断する。 

【関連ニュース】
オリックスの小瀬選手が転落死=沖縄・宮古島のキャンプ宿舎で
川に車転落、男女2人が死亡=雪でスリップか
後藤真希さんの母転落死=自宅3階から
スキー事故、高崎市課長死亡=コース移動中に転落
9階から高1男子転落死=那覇

厚労省元局長公判、検察苦戦=「虚構」「冤罪」証言相次ぐ-郵便不正・大阪地裁(時事通信)
飲食店で水飲みのどの痛み=女性客6人軽症-警視庁(時事通信)
万引き少年、1割増加=刑法犯全体は微減-警察庁(時事通信)
<ベルリン映画祭>特別功労賞に山田洋次監督(毎日新聞)
五輪カーリング 近江谷選手、2代挑戦「父の5位超える」(毎日新聞)
AD