作業療法士杉長彬(すぎながあきら)のやる気を高めるコミュニケーション

現役の作業療法士が、リハビリ職のためのやる気を高めるNLPコミュニケーション術をお伝えいたします!NLPを用いたコミュニケーションセミナーを行っています!

ご訪問ありがとうございます。

リハビリコミュニケーション研究所の杉長彬です。

私はリハビリ職のための現場で本当に役に立つコミュニケーションについてセミナーやブログ更新などの形でお伝えいたしております。


☆セミナー情報
平成29年3月19日(日)
誉めてやる気を膨らませるPTOTSTのためのコミュニケーションセミナー~患者さん・スタッフ・自分自身に使えるいいところを見つけてやる気を引き出す方法~

☆メルマガ情報
メルマガ配信しています。


リハビリコミュニケーション研究所のメルマガ.JPG



2日に1回 リハビリ職のためのちょっとしたコミュニケーションのコツについてお伝えしています!!

メルマガの内容はブログとはまた違った内容を配信してますので、おたのしみに!!

また、メルマガ登録者限定で、セミナーの音声、セミナー動画、セミナーのレジュメなど、特典いっぱいです。

無料にて配信しています!!



よかったら登録どうぞ~登録、解除、再登録、すべてフリーです。

テーマ:
「他職種のOTのことをうまく伝えて、動いてもらうにはどうしたらいいでしょうか?

このような相談をいただくことがあります。

他職種連携において、OTやPT、STなどリハビリ職が、

自分の考えを伝えて、

思ったように動いてもらう。

そのようなところで、他職種連携の難しさを感じているセラピストは多いかと思います。


この問題を考える時。

まずこの、「思うように動いてもらって」というところを

具体的に考える所がポイントだと考えています。




この続きを明日18時配信のメルマガで書いております。

よかったら登録して読んでみてください。

http://goo.gl/Rx3oat
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
他職種からの情報をどのように取ったらいいでしょうか?

実習中の課題で、
他職種から情報を取ることが課せられているのですが、

他職種の方に、

○○さんについて治療方針を教えてくださいと

聞きに行くと嫌な顔をされたり、


逆に『なんでそんなこと聞くの?』と質問をし返されたりして、

コミュニケーションがうまくとれないことがあります。」

このような相談を、

実習中の学生さんや

学生指導中のセラピストから受けることがあります。

実習指導においても

他職種連携は難しいものです。

まだ、他職種の学生さんが聞く質問内容が、

時に「そんなこと突然聞かれても。。。」

と思われるようなことであったり、

「それは私に聞くようなことではないでしょ?」と

思われたり

「忙しいのに学生の相手なんかしてられない」

と思われたり、

してしまうこともあるものです。

このような場合、

私が学生に伝えていることは、、、


この続きを今日18時配信のメルマガで書いております。

よかったら登録して読んでみてください。

http://goo.gl/Rx3oat
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かなりブログでの報告が遅くなりましたが、

1月8日に

 

夢や目標を5倍膨らませるコミュニケーション術セミナー

~あなた自身、あなたの周りの人のやる気を引き出す方法~

 

を行いました!!

 

 

場所はいつもの越谷コミュニティセンターです!

 

 

新年1発目!張り切ってお話しさせていただきました!!

 

 

以下参加してくださった方の感想です!

 

Aさん
言語聴覚士
5年目
回復期勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
患者様との目標共有に手間どり、スムーズに介入ができなかった。

Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
コミュニケーションに特化したセミナーをずっと探していました。
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
自分自身のコミュニケーションのパターンのクセを知り、良い点、悪い点を理解できました。
患者様の視点に立って、また一緒に考えていけるよう活用したいと思います。

 

 

 

Iさん
理学療法士
3年目
回復期勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
どうしてもやる気を引き出せていない患者さんに対して、どう関わっていけば良いのか悩んでいました。
Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
夢や目標を5倍膨らませるというタイトル
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
自分の普段のコミュニケーションがいかに問題回避型であるかということに気づかされ、目標が膨らむような質問の仕方、話し方を意識的にしてみるということが、非常に良い経験になりました。
知識を知るだけでなく、実際に二人組でワークをしてみることで、明日からやれることが多く得られました。


Sさん
作業療法士
2年目
身体障害領域勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
患者さんの促しの声のかけ方
聞き方捉え方距離感など
Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
今年1番のセミナーだったこと
今の自分に足りないものを見つけるヒントになると思った。
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
受ける前は、リハビリへのモチベーションも下がって、仕事をやりたくないという気持ちでしたが、今回のセミナーで思考パターンを捉えること、相手がどう考えているかイメージを共有するといった点で、患者さんの目標を引き出すためのコミュニケーションの仕方が見つけられた。
又、自身の現状と自分の目標も少し明確になり、明日から実践してみようと思います。

大変勉強になりました。ありがとうございました。


Oさん
理学療法士
5年目
デイサービス訪問リハビリ勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
他職種の方の目標をみつけられない。
Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
以前、参加させていただいてよかったから
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
五感を使っての会話など、日頃行っていないコミュニケーションのやり方を学ぶことができた。
明日から実際に職場などで取り入れていきたい。

 

 

Mさん
作業療法士
7年目
障害者病棟外来勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
患者様スタッフとのコミュニケーションの取り方話の聞き方が分からずに悩んでいました。
Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
体験しつつ学べるとあったので、自分の対人スキルの向上も目的に入れて申し込みました
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
話の聞き方に対しての意識が変わりました。
目標問題のどちらに焦点をあてるのか、また相手の話はどちらなのかを聞き取れることで対応も変えていけると感じました。
ありがとうございました。
 

 

Nさん
作業療法士
7年目
総合病院(急性期・回復期)勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
コミュニケーションが苦手な後輩への指導
拒否や意欲の低い患者さんへの介入がスムーズになるように
Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
リハ向けのコミュニケーションセミナーというため
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
人それぞれに得意苦手なコミュニケーションパターンがあることを感じていたが、明確に分からなかったので、今回のセミナーで、これが知る事ができてよかった
自分自身も含めてパターンを意識した介入をしていきたい

 

 

Fさん
作業療法士
3年目
回復期病院勤務
Q1セミナーを受ける前にどんなことで悩んでいましたか?
患者様、後輩、友人と話すときに、説明が回りくどくなってしまう事が多い
教育指導の立場になることも増えてきたため、何が一番求めている必要なことかがわからない事が多い
Q2何が決め手となってこのセミナーを申し込みましたか?
コミュニケーションの勉強会に行った事がなかった
コミュニケーションのQualityを上げたかった
Q3実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
質問をすること(効果的な)の難しさを感じました。型を気にしすぎて、途中質問が全くできないこともありましたが、興味を持ち耳を傾けることを通して、質問ができました。
少しずつ質問を型にはめていけるよう、自然に会話ができるようになりたいと思います。
もっともっと効果的な質問の技術を自分のものにできるよう、日々の臨床での場や指導の場で生かしいきたいと思います。また機会があれば、参加したいという思う内容でした。貴重な時間を教えていただきありがとうございました。

 

 

次は3月19日に

誉めてやる気を膨らませるPTOTSTのためのコミュニケーションセミナーを

行います!!

どうぞよろしくお願いいたします!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。