鳩山由紀夫首相の事務所は16日、実母から多額の資金を受けていた問題に関し、2009年分の贈与税として3470万円を納付したと発表した。09年末には、02年から08年までの贈与税として約5億7500万円を納めている。事務所は「(実母からの)贈与についてはすべて申告し、納税を済ませた」とし、贈与税については一区切りが付いたとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
普天間は無関係=米国務次官補の訪日中止
寄付税制、月内に結論=議論前倒しを指示
公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過

<患者6人骨折>看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で(毎日新聞)
<もんじゅ>「耐震性評価は適切」安全委(毎日新聞)
写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)
沖縄知事、次々飛び出す普天間移設案に困惑(読売新聞)
水俣病裁判和解成立へ、国や患者会受け入れ方針(読売新聞)
AD