大阪市西成区で95年1月に元看護師の林裕子さん(49)が男に刺されて重傷を負った殺人未遂事件で、現場に残された花束の包装紙に付いた指紋が大阪府警が数年前に逮捕した60歳前後の男のものと一致したことが府警への取材で分かった。府警は男が何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を捜したが、結局、男の所在が確認できないまま25日午前0時に時効が成立した。

 事件では、男が花束で裕子さんをたたいた後、刃物で刺して逃走した。府警は事件後、花束の包装紙から指紋を検出したが鮮明ではなかった。しかし指紋分析の精度が向上したため、再鑑定したところ、今年に入って一致したことが確認できた。

 裕子さんの夫良平さん(56)は「時効がなければ事件が解決する可能性もあり残念だ。時効撤廃に向け、さらに活動したい」と話した。【土本匡孝】

【関連ニュース】
元看護師殺人未遂:時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪
殺人未遂:容疑で男2人逮捕 仕事仲間を刺殺 広島・府中
殺人未遂:夫に灯油かけ火…容疑の38歳逮捕 警視庁
殺人未遂:5階から妻転落させた疑い 27歳を逮捕 福岡
殺人未遂容疑:「ミナミの帝王」脚本家 母親の首に包丁

文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
衆院予算委 「貧乏人は喫煙するな」か! 民主・吉田公氏、増税批判(産経新聞)
加藤被告の“償い”は「理由」を話すこと…アキバ無差別殺傷事件初公判(スポーツ報知)
<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
「愛してるよ」「ありがとう」=妻への思い絶叫-東京(時事通信)
AD