基礎からわかる会社設立方法&以後の会社運営方法を解説します‼

起業と起業後の会社運営の為に「して良い事」と「してはいけない事」を紹介しています。
あなたが初年度でも年商一千万円超を目指せる要素をまとめました。
しっかりとした根拠を持った上での内容ですので、必ず実践される事をお奨め致します。

会社設立は基本的に誰でも出来ます。

ただ、これを運営・維持していくのは極めて
困難です。

人によっては、「起業」を『賭博』と同じだと
誤解をされる方もいます。

実は、会社の設立・運営維持というのは、正し
いやり方をした場合に限定されますが、実は決
して難しく有りません。

このブログは、近い将来に会社を興す計画を
持っている方向けに作成をしています。

あなたを起業で成功に導く為の情報を
ブログで紹介しています。

その為に私としても、客観的なあなたの意見
を受け入れる必要性が有ります。

ですからブログの「質」向上の為に、あなた
の意見を私はお聞きしたいのです。

質問事項のある方は
masayuki_ohnishi_0326@hotmail.com
までメールを下さい。

是非宜しくお願い致します。






テーマ:

一口に無店舗ビジネスと言っても、この世の

中にはピンからキリまであります。

 

 

無店舗ビジネスの重要性をここで紹介しています。

 

 

例えばSNSを必要としない個別セールス方式

という昭和時代のままのビジネス手法です。

これに該当するのが、かつての保険や自動車

のセールスです。

 

 

これらの多くは、新規開拓時に電話でアポイン

トを取らずに、いわゆる「飛び込み」でセールス

相手を納得させた上で、顧客を獲得していくも

のでした。

 

今となればこの手法は時代遅れです。

しかし、起業をする上での生命線はこの顧客獲

得で、この方法は現在であれば千差万別です。

 

 

店舗を構えた販売店であれば、品物を買いに来

て下さるお客様がそのまま固定的な顧客になる

確率が高いです。

 

 

ところが無店舗販売であれば、その固定的顧客

を獲得していくのに、セールスを仕掛けていかな

ければなりません。

 

 

この方法は昔であれば、セールスマンが自分の

肉体を使って一軒一軒巡回するのか?それとも

電話帳を使用して一軒一軒電話を掛けていくの

か?この2つしかありませんでした。

 

 

特に後者であれば物理的な負担は小さいのです

が、電話料金が大きく掛かって顧客獲得のわりに

元が取れないという事がしばしばありました。

 

 

その上にセールスマンという職種は、向いている

人とそうでない人の落差が激しいので、一度口下

手な人がこの職業についてしまうと、雇用した会

社側も困る事が多かったものです。

 

その分、一度顧客側からの信用を得たら顧客側か

ら裏切られるというか他の同業者に浮気をされる

という事は、現在ほど多くありませんでした。

 

 

現在は上記の様にはなかなかいきません。逆を言

えば現在よりも昭和時代以前の方が起業をしやす

かったのかもしれません。

 

 

すなわち、起業をして成功をする確率が現在よりも

高い傾向にあったはずです。当然これをするまでの

世間の偏見を跳ね返すのは、極めて困難だったの

かもしれませんが。

 

 

これは勿論資本主義経済の宿命ですが、年を追う

毎に経済的な競争が激化しつつある証かもしれま

せん。

 

 

だからといって口下手な人達は、起業をしてはい

けないのか?決して現在はこんな時代ではあり

ません。

 

 

いくら口下手で不器用な人達でも、起業をする

権利は当然あります。

 

 

だったらどうすればいいのか?口ではなく

使うのです。つまり創意工夫をしてビジネスを

すればいいのです。

 

インターネットのホームページも現在では普通

に会社営業のツールとして使えますし、顧客と

のやりとりは?というとメールのやり取りで要

は足ります。

 

 

時間が経過すればする程、私達の生活は便利

になっていくのが普通です。私達の生活をサポ

ートしてくれる世間の商品製造の技術力には、

只々頭が下がります。

 

 

将来的にどこまで進歩していくのかを考えてい

ると、何だか楽しみになって来ます。

将来の生活の様子を是非

肉眼で見てみたいものです。

 

 

ビジネスの本質というのは、顧客を集める事。

これに尽きます。どんなに時代が変化しても、

これだけは変わりません。

このブログは将来的に事業を起業される方向

けに作成しています。どんなに能力の有る方

でも起業の方法を御存知ではない方が大多数

であると言っても過言ではありません。

ここで起業方法をまとめたレポートをPDF版でお渡しします。

宜しくお願い致します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

巷では起業ブームの嵐が吹き荒れて

います。

これを読んでいるあなたは、ただ

「他人に使われるのがイヤだから」

という

動機で、事業をスタートさせるのですか?

 

 

それとも何か特別な思いか個人的にあって、

事業をスタートさせたいのですか?

 

 

それとも、あなたの親族の経営する事業を

将来的に引き継ぐ予定でしょうか?

 

 

人それぞれに起業を希望される動機はあるに

違いありません。この国には

「職業選択の自由」

がありますから。

 

 

人様によっては、どうしても他人の下で一生

労働をするのが難しい人もいるのかもしれま

せん。

 

 

その一方で、起業などを考える事をせずに、

一生サラリーマンとして定年まで勤め上げる

べき人もいます。

 

 

このように、世の中に存在する人様の個性は

千差万別で、ユニークなものです。

これが無い社会だったら、

均質化されたつまらない社

会になってしまいます

みんながみんな同じ社会であったら、私などは

考えただけでもゾッとします。他人の真似をして

生きていかねばならない型にハマった社会

は、その場所は衰退していく事でしょう。

 

 

普通に会社勤めで老後を迎えるのもよし、キャリ

ア志向で働くのもよし、家業相続でもよし、起業を

して一発勝負をするのもよしetc、とどんな職業で

もとがめられる筋合いはありません。

 

 

逆にこれを色眼鏡で見る人の方が余程変です。

 

 

私達は自分の意思を持った一人の人間です。

ロボットではありません。たった一度きりの人生です

から、あなたはあなたらしい人生を歩むべきです。

 

 

健康寿命が尽きていない人であれば、誰でも基

本的に可能です。定年退職された方々でも起業を

希望される方々は大勢いらっしゃる御時世ですから

 

 

だから、起業を希望される

方は周囲の声に臆する事

無く起業にチャレンジをし

て下さい!!

 

 

当然能力の高低に関係なく、起業を希望される方

は大勢いるはずです。

 

 

今現在のお役所の方向性として、起業を推奨

している風潮はあります。

 

 

あなたが将来やりたいと思っている業種の会

社に、正社員でもアルバイトでもいいので、ま

ずは3年間勤めてみる事をおススメします。

 

 

3年間という期間はあっという間に過ぎてしま

う時間です。「石の上にも三年」ということわざ

が有りますが、この3年間の間辛抱できれば、

独立して仕事をしても何とか大丈夫でしょう。

 

 

出来れば、その業界で10年間は最低修行すべ

きかもしれませんが、それでは世の中の流れは

大きく変化をしてしまいます。

 

 

10年間の内に、その業界で起業をする事が困

難になっている事が往々にして発生しがちです。

多くは飽和状態になってしまって、新規参入が

困難という状況です。

 

 

「鉄は熱いうちに打て」

このことわざがありますが、慎重居士になり過ぎる

と逆に不本意な結果となりがちです。

 

 

何はともあれあなたが起業という行動をとる前には、

そのあなたのやりたい業種の事前研究を怠りなく続

けていく事をおススメします。

 

資料請求はここからお願いします。PDF版で差し上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



無料で資料をお渡し致します。ここをクリックして下さい。


一口に事業資金とはいっても、これは2つに
分類されます。
一つは設備資金でもう一つは運転資金です。


設備資金とは事業に必要な備品、すなわち仕事道具
あるいは事業用の事務所や工場の建設費などです。


一方の運転資金とは、事業運営時に掛かる経費の事
を言います。


誰でも起業準備をする際に、多少なりとも自分の親
しい親族あるいは友人・知人などから資金を「出世
払い」で集めていくはずだと私は思います。



何故ならば、銀行からの融資額を多少減少させる事
が可能だからです。
事業資金は多ければ多い程越した事は有りません。


できれば運転資金も銀行からの融資を充てにしたく
ないのが人情ですが、残念ながらそうは行きません。


設備資金は、主にあなたの親しい方々からの出資金
から100%準備をしたいです。


ところがこの思惑が外れてしまって、資金が足りな
くなる事だってあるに違い有りません。


そんなときに必要なのが、銀行から事業資金の融資
を受ける事です。


この事業資金の融資は主に運転資金専用に充てたい
ところです。でも場合によっては設備資金の分も考
えないといけなくなることもあります。


既に事業をスタートさせている後であるならば、融
資申し込み時に決算報告書が必要です。しかしこの
レポートを読んで下さっているあなたには必要が無
いので、ここでは説明はしません。


これから起業をするあなたの場合は、融資依頼時に
事業計画書を銀行に提出しなければなりません。


あなたの起業したい業種について調査をした上で、
自分で事業計画書を作成します



第三者の誰もが納得してくれる客観的なデータを
集めて作っていきます。


それが済んだら中小企業診断士さんあるいは行政
書士さんに事業計画書の指導を依頼します。

これは多少費用が掛かります。


※この事業計画書は銀行の他に商工会議所・税務
署・法務局・市区町村役所などにも提出をする義
務があります。



事業計画書の他に、あなた所有の土地建物の担保
としての提供と、連帯保証人を2人以上用意して
銀行に融資の依頼をします



銀行側のあなたへの融資決定の基準は、融資をした
資金がちゃんと回収できるのかどうかが第一ですが、
担保や保証人がしっかりしていても事業が軌道に乗
る見込みが無いと、相手にしてくれません



都市銀行あるいは地方銀行だと審査が厳しめです。


どちらかと言うとあなたには日本政策金融公庫さん
がお奨めです。


なぜならば日本政策金融公庫さんは基本的に固定金
利であり、利率も他銀行さんより低めです。
私もかつては利用しましたが、色々と良心的です。


ただし、ここは昔の国民生活金融公庫さんです。
あなたも知っての通り半官半民の金融機関でした。
なのでどんなに小さい金額でも保証人を付けるのは
必至になります。


融資依頼に保証人や担保が必要なのは、昔からの
常識かもしれませんけど。


融資決定にこぎつけるのは、どこの銀行さんでも
正直言って難易度が高いです



融資が決定したら、あなたは銀行さんに対して感謝
の念を覚えるくらいの気分になる事でしょう。
要は、融資決定は厳しいという事です。


設備資金の銀行口座と運転資金の銀行口座は区別を
する為にも別々にしておきましょう

これだけは混同させないようにしましょう。



お知らせです。


起業準備の為の資料をあなたに差し上げます。
わかり易くまとめました。
ここから受け取って下さい。



宜しくお願い致します。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。