基礎からわかる会社設立と以後の会社運営

起業と起業後の会社運営の為に
「して良い事」と「してはいけない事」
を紹介しています。
初年度で年商一千万円超も夢ではありません!
会社設立希望者のみが対象です。
個人事業希望者の方には向きません。悪しからず。

新しいビジネス形態の紹介をここで記述しています。

ここをクリックして下さい。


もしも私のブログを読んでの御意見希望がありましたら
下記にある「コメントする」からの回答をお願い致します。

何でも構いません

 




テーマ:

この企業は、ある日本の某都市でカメラ屋を営む

実父の会社から「のれん分け」をするという形で、

産声をあげました。

 

 

このストーリーはかれこれ約30年前のお話です。

30年前と言えば、まだSNSサービス

(インターネット)が無かった時代です。

 

 

この会社の当初の企業PR方法は、ラジオCMが

メインでした。その後はTVの深夜番組利用により

爆発的に全国で有名になりました。

現在一つのメイン商法である

「テレビショッピング」

で有名になった会社です。

その他は「カタログ販売」などでも実績があります。

 

 

あなたに意地悪をするつもりは一切ありませんが、

企業名は伏せておきます。悪しからず。

 

 

ここからですが、この会社に対する所見を書く事

にしていこうと思います。

 

 

この会社の最も優れている点として、マスメディア

をフル活用したマーケティングであるという事です。

 

 

この会社にもやはり「ライバル」はいました。

通信販売業の老舗企業であるN社などです。

 

 

この企業を通信販売業から退かせてしまう

程の勢いで、一時期までは業界随一の会社

でした。

 

 

一昔前、深夜の数十分間にこの会社のTVショ

ッピングの番組をBS・CSなどで私は良く視聴し

ました。

 

 

まだSNSサービスの無い時代に出来た会社なの

で、マスメディアを利用する事に重きを置いてここ

まで来たのですが、この強硬策が功を奏したと言

えます。

 

 

マスメディアを使うという事は、それだけの莫大な

広告宣伝費が必要になります。TVCMを一件出す

としても大きな出費ですが、番組となれば出費の

大きさは尚更です

 

 

社長さんが自分で番組に出演して、自分の「口」

で商品を売り込んでいくスタイルが消費者目線で

好感を得ています

 

 

私としてもこの会社の社長さんには

好感が持てます。

ほとんどTVタレントになりきっている

ように傍から見えます。

 

 

その他特筆する事として、この会社は社員の

平均年齢が20代後半と若い事が一つ挙げら

れています。

 

 

破竹の如く短期間に収益を伸ばした会社です

が、インターネット普及でさらにこの勢いが

び続けています

 

 

元々は小売流通業ですが、この小売流通業と

いう枠をこの会社から外すと、番組・CM制作

専門会社の色彩さえも感じます

 

 

テレビショッピングの番組とTVCMをTV局や

CM制作会社に依頼をせず、すべて自前で

制作をしているのです。

 

 

という事は、TV局やCM制作会社に支払う

「広告費用」が発生しません。これは大きいです。

 

 

その他の特徴としては

 

 

A:金利を全額負担 

B:初心者目線のセット 

C:下取りサービス

 

 

があります。

 

 

Aについて

 

 

分割払い(ショッピングクレジット)で発生する

金利手数料を同社が全額負担しており、購入

者の負担を極力抑えています。

 

 

また、毎年末(11月 - 12月頃)には、1年間の

利用に感謝するための企画として「利益還元祭

と題したイベントが行われます。

 

 

送料を除く一定金額以上の商品購入者に対し

て応募葉書が商品に同梱され、それを送り返す

と抽選で旅行やギフト券などが贈呈されます。

 

 

(内容は年度ごとに異なり、2006年はハワイ旅行

、2007年は香港旅行、2008年と2009年は現金10

万円)

 

 

Bについて

 

 

初心者でも納得して楽しく使って頂けるよう必ず

単体だけでは販売せず、一般的な量販店では

専門知識がないと合わせて買うことが少ない

付属品をセットにして販売をしています。

 

 

(例)

①テレビ台や外付けのスピーカー(テレビ)

②プリンターや無線LANルーター(ノートパソコン)

③メモリーカードや大容量バッテリー、ズームレンズ(一眼カメラ)

④三脚やメモリーカード、大容量バッテリー、バッグ(ビデオカメラ)

⑤格安での専門家の派遣(スマートフォン)

 

 

Cについて

 

 

「買うのはいいけど今のテレビをどうしてくれるの」

という初心者向けに、テレビや洗濯機などの大型

家電を中心に、古さ・メーカー・故障の有無を問わ

ず数万円で買い取るサービスを行っています。

 

 

あとはコールセンターに派遣社員を使う例が他者

で多いのに比べて、この会社では派遣社員を受け

入れる事はしていません。

競争相手とまるっきり同じビジネスをしているので

は「差別化」を図る意味で好ましく無いのですが、

通信販売会社のスタイルとしては、この会社は

個性的な部類に入るのかもしれません。

 

 

無料資料はここをクリックして受け取る事が出来ます。PDF方式になります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一口に「広告」と言っても色々な種類の広告

が有ります。

 

 

この命題でまずピンと来るのが、新聞広告を

使う事です。

特に日本国内の五大紙に対して掲載をする

のが効果的です。

 

 

あとは販売エリアも考慮して、その地域に該

当する地方紙を使う事も視野に入れておく

必要性が有ります

 

 

見開きの一面全部を使う様な事は別にしな

くてもいいですが、見出しの一部分を使って

掲載をするくらいで十分です

 

 

ただし広告掲載料は、見出し面(◯◯新聞

と大きく書いてある1面と言われている場所)

の小さな広告でも大体20万円~50万円

の金額が1回掲載ごとに掛かります

 

 

だから一か月に数回と頻繁に掲載をすると

したら、どんなに会社が儲かっていたとして

も経営面では苦しくなりがちです。

 

 

ちなみにどこの新聞でも一面全体を使って

広告掲載となれば、一回ごとに100万円

以上の出費となります。

ラジオCMでもこれと類似した金額です。

 

 

さらに新聞広告の他にTVのCMを使うと

なれば、これを一回使う毎に少なくとも

8ケタの出費になります。

 

その他では、折込チラシを一万部用意したとし

て、一部あたり50円と考えた場合、50万円の

広告費用になります。これも軽視できません。

 

 

折込チラシは確率的に100人の新聞の読者

がいれば、その内あなたの会社のチラシを見

てくれる人達は5人いるのかいないのかです。

 

残りの95人程の人達は、あなたの会社のチ

ラシなど無視してしまいます。

この5人の財布からあなたの会社にとっての

収入が生まれるのかどうかも未知数です。

 

 

効果絶大ですがそれだけのリスクも絶大です

何故ならば広告費用に見合った収益を必ずし

もたたき出す事の出来る保証はどこにもない

からです。

 

 

それでもアクションは起こさないよりも起こした

方があなたの会社の収益に直結していく事は

言うまでも有りません

 

 

何度も私が主張しているように、一部の業種

のビジネスを除いて、事業の為の不動産を

ずしも新たに用意する必要性は確かにありま

せん

 

 

現在では言うまでも無く、この不動産(販売店)

の代わりにインターネットのHP又はブログ活

用によるサービスが主流になりつつあるので

すから。

 

 

その為、本来販売店設置の為になるはずの

この余剰となる費用を無理に広告費につぎ

込むのは禁物です

 

 

この費用は広告費以外の

運転資金に回すべきです

 

 

それだけの資金を運転資金に回す余裕が

できるという事は、あなたの会社がそれだけ

経営する上での体力を有する事になります

 

 

広告は大きな収入を生む原動力にはなりま

すが、使い方を誤ると会社の存亡を左右し

かねない事態を招きます

 

 

ですから、あなたの会社の顧客となる人達

の心を引き留める事のできる広告の使い方

でないといけません。

 

 

私も以前宿泊業を営んでいました。

この時に雑誌広告にかける広告費も当時は

「身の程知らず」のレベルまで使っていました。

 

 

くどいようで恐縮ですが

 

 

雑誌広告だろうが新聞広告だろうがチラシ

だろうがすべて「広告」である事には変わり

ません

 

 

本当に当時は、非効率な広告費を使っていま

した。これが事業挫折の引き金の一部だった

ようにも思います。

 

 

あなたは私を

「反面教師」

にして頂けたら幸いです。

お知らせです

あなたの事業成功へのヒントを編集しました。

PDF版資料になります。すぐに送信します!

是非受け取って下さい。

宜しくお願い致します

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

新年明けましておめでとう御座います。

 

 

今日で2017年に突入して

早くも3日目です。

 

 

もう明日から仕事始めの人達も

沢山いらっしゃる事でしょう。

 

 

私は地元に帰って来て2か月が経過

しましたが、一刻も早く再就職先を見

つけたくて焦っています。

 

 

今日まで首都圏某所に暮らす弟家族

が自宅にいましたが(子供1人いる)、

彼らの立ち振る舞いを見て、正直私は

愕然としました。

 

 

何せ私は独身ですから。

甲斐性も何もありませんから。

 

 

私自身、無茶苦茶に情けなくなりました。

この年でこんな境遇に

追い込まれるなんて悲しい!

猫の手も借りたい!そんな心境です。

 

 

どこかでこれまでの「負」の人生を、私は

自らの手で挽回させるしか有りません。

 

 

正直な話、再就職できるのかどうかなんて

眉に唾で確信が持てません!

 

 

しかし何事もそうですが

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も

です。

 

 

やらないよりも何かアクションを起こすしか

ありません。でないと人生の大逆転劇の

ドラマは決して生まれません。

 

 

あなたが考えている起業も同じです

かく言う私は、過去にペンション経営を

志半ばで廃業しましたが。

 

 

ただしその方法を誤ると、取り返しの付か

ない結果になりますので、注意を払う必要

性が有ります

 

 

これまではどんな商売でも土地と建物など

の不動産を構えるのが当たり前でした。

私もこれで大きな投資を過去にしました。

 

 

ところが現在では商売の種類によっては、

この不動産を必要としない商売もあります

 

 

そうなると、不動産の代わりに自社のホー

ムページメール・その他SNSサービス

必需品になってきます

 

 

・飲食店

旅館業

自動車販売業

家具販売業

 

 

このあたりの販売であれば不動産による

店舗が必要です。SNSサービスも利用

する事に越した事は有りませんけど

 

 

例えば現在主要な産業になりつつある介護事業も

移動用のワンボックス車日用品介護に関す

る免許を持った従業員さえ揃っていれば、十分

事業用の新たな不動産は不要です。

 

 

機械や電気設備のメンテナンス業も、営業車仕事

で必要な備品さえ揃えていれば、下手に事業用の

不動産を用意する必要はありません

 

 

又、これは副業で行う人達が多いと思いますが、

転売というのもあります。これは言うまでも無く

自分のお店を、自らのHP上で運営する方式です。

 

 

これはいくら副業とはいえ、れっきとした商売です

これの延長線上にあるのがSNS使用方式の

販売会社という事になります。

今年も何卒宜しくお願い致します。

 

お知らせします

PDF版資料を無料でプレゼントいたします。

ここをクリックして受け取って下さい。

宜しくお願い致します

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。