いよいよ11日夜(日本時間)に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)。約1カ月間にわたり、世界屈指のプレーヤーが最高のパフォーマンスを繰り広げる。わが岡田ジャパンの調子が今ひとつなのは気がかりだが、「勝負は何があるかわからない」と期待をかける声も。一方、大阪では「くいだおれ次郎」がW杯仕様に“衣替え”して街を盛り上げるなど、本番ムードが高まってきた。

 「世界のどんなサッカーを見ることができるのか楽しみ」と話すのは、スポーツライターの玉木正之さん。ただ、日本代表については「Jリーグが“成人式”も迎えていない中で挑戦するのだから、勝てなくても当然。大事なのは勝ち負けに一喜一憂することではなく、静観することだ」と冷静に受け止める。

 今大会で、岡田武史監督はベスト4を目標に掲げるが、玉木さんは「サッカー先進国の技を目のあたりにして、何が足りないのかを見極めるべきだ。それが日本のサッカー文化を育て、さらには世界のレベルに近づく一歩となる」と話す。

 一方、熱烈な阪神タイガースファンとしても知られる国定浩一・大阪学院大教授(日本経済)は「下手に余裕を持って臨むよりも『あかん、あかん』と言われながらの方がいい結果につながるのではないか」と、トラファンらしい見方を披露。ベスト4はおろか、1次リーグ突破も難しいと悲観論もあるが、「スポーツというものは分からない。運や気力にも左右されるし、まだチャンスはある」と期待をかける。

 伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸さんも「連敗が続いたためか盛り上がりに欠けるようにも感じるが、ここは本番に向けて力を蓄えているとプラスに考え、日本全体が一致団結して岡田ジャパンに声援を送っていきたい」と前向きにとらえる。

 菊水丸さんにとって、大阪府摂津市出身の本田圭佑選手やガンバ大阪所属の遠藤保仁選手ら、代表メンバーに関西ゆかりの選手が多いことも楽しみの一つだ。「河内音頭のようなリズミカルなドリブルやパス回しでチームの勝利に貢献してほしい。そして、ナニワの街のパワーや魂を、世界中の人々にアピールしてほしい」と話した。

東京の女性はキレイ好き!? 世界の洗濯事情(Business Media 誠)
「賠償交渉の会」請求にJR西が回答提示 JR福知山線脱線事故(産経新聞)
<福知山線事故>山崎被告側、起訴内容を否認する方針表明(毎日新聞)
同僚内「から揚げ好き」で有名…窃盗ばれる(読売新聞)
<国民新党>新幹事長に下地氏、国対委員長など兼務(毎日新聞)
AD