JuicyMusicLab.

Pride and Joy所属のクリエイティブディレクターとして活動してます。
業務提携先のアミューズとの新人開発業務も担当しております。

北山直人です。

プライドアンドジョイにて、クリエイティブディレクターとして活動。

業務提携先のアミューズと新人開発業務の現場担当として

高橋優、Rihwaなどを排出。


すすきののライブバーCROSS ROADS(クロスロード)にてブッキング担当。


クリエイティブディレクターとして、

アーティスト活動における様々なプロデュース、ディレクションを行っております。

音源制作、イベント企画だけでなく、撮影、デザインなども担当してます。

アーティスト活動における悩みや疑問、相談にも乗ります!


プロ志向のアーティストからの音源、随時募集してます!!

イベント出演者も募集中。


人前で歌ったことないとか、オーディションに出しているけど、、、

そんな人も気軽にどうぞ!!!


自分の道を拓くのは自分ですが、そのサポートが出来たらと思います。


follow me on Twitter @nkpmc7010


Creating New Music is like Meeting New Friends


関連アーティスト>>>>
MONOBRIGHT、高橋優、Rihwa(以上、現在アミューズ所属)

CocoStretch、大野純平、Watana Besta SOCIAL club、日向文、

Laco、山田慧士、畑中祥平、タムラメグミ、and more!!!!!


テーマ:
すっかりご無沙汰。

ひたすら新しい可能性との出会いを積み重ねています。
そして、気付くことも沢山あって、刺激的なのです。

かれこれ7年続けているfacebookが、ここ2年くらいで急激に浸透したこともあって
そっちで、ちょいちょい書いてたりしますが、ここんとこ、ブログに関しての質問とかリクエストなんかももらったりして、、、気に留めていてくれる人や、待ってる人がいるってことを感じていたり、、

ものすごいピンチと、胸が踊るようなワクワクがミルフィーユ状態。
でも何事も全て表裏一体なんだと思います。
楽して手に入れられようとするものなんて、たかが知れてる

好きなことを仕事にするのも楽じゃない。

最近は、努力って言葉も疑いだしてます笑

好きなこと、やりたい事で食べていきたいなら、まずは夢中になること。

寝ても覚めても考えていたい。

「やらなきゃ」「頑張る」
自分で決めたことなら、そんなことは当たり前なんですよね。
義務じゃない。


やるかやらないか。

たったそれだけのこと。


世にあふれる言葉も、実は雰囲気だけって事がある。
それを信じて行動する人は、その行動に見合った何かを手にするだろうけど、

信じるだけでは何も始まらない痛感してます。



「諦めなければ夢は叶う」

大嫌いです。

正確に言うと、夢、目標に向かって、大した行動してないのに、
その言葉を「言い訳」に、がむしゃらさを演じてるっぽい風潮が嫌い。


アスリートみてると痛感します。
どんなに諦めず練習を積み重ねても、優勝は一つ。
残りが全員「諦めた」から、優勝しなかったとは思いたくないんです。僕は。


「自分がなりたい姿」から「自分の今の能力」を引いたものが「身につけなければならないもの」

そういう方程式をもとに、何をすべきか判断して、効率よく効果的な努力なり練習をしないと、

一日中「英語を聞き流す」だけ、「This is a pen」を1000回書いても
努力とは言えないんじゃないかな、、、と。

出来ないことを身につける、知らないことを知る

現実は分かりやすいくらいに残酷、そして自分を正当化する言葉が多すぎ。



堅い話はこれくらいにして笑



映像制作なんかを始めたり、YouTubeで公開したりもしてます


公式サイトスタート。


facebookは、知り合いとか、お仕事関係のかた中心です。

そもそも海外の友人に誘われて始めたものですし、告知とかよりも、徒然なる内容です。

普通に本名でやってます。


Twitterは @nkpmc7010で、検索してください。




そして、こちらもお忘れなく。
クロスロード

ジャンル:映画館・美術館・エンタメ
最寄り駅:豊水すすきの
TEL:0115320114
住所:北海道札幌市中央区南5条西2丁目






最後に、、、これ見ると色々考えさせられますよ!!
プロを目指す全てのミュージシャンに見てもらいたい。
アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]/アンヴィル

¥3,980
Amazon.co.jp

今はHuluでも観れますが、、

お金ってなんだ?
成功ってなんだ?
幸せってなんだ?
家族ってなんだ?

考えさせられます。




そして、僕の原点。
これがなければ、今の僕はいません。
PURPLE RAIN/出演者不明

¥1,897
Amazon.co.jp

幼かった僕を突き動かした作品です。









まだまだ人生、旅の途中。
何かを悟ってもいないし、未来を悲観してもいない

今の自分は、さっきまでの自分の積み重ねの姿。残像だと思うんです。
今からの行動が、明日からの自分を作っていくはず。
誰より、自分が自分を信じていたい。

We can make it if we really try hard
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ひとり言」 の記事

テーマ:
おはこんばんちわ。(懐かしい?)

最近、おねしょと結婚式の夢をみます。
なんなんすかね?

もちろん、最近どっちもしてません。
その予定もないです。

さておき。
今回も長いです。


ワールドカップも盛り上がってきまして、ブラジル人の友人は地元に帰って大変な事になってるようです。僕も今回は仕事的に凄く見やすい時間に試合が見れるので、仕事しながらでも、ほとんどの試合が見れるという奇跡を味わってます。

やっぱりサッカーは面白い。
個人的には小さい頃からイングランド代表を応援してるんですけどね。


そんなイングランド代表も敗退し、日本も敗退し、ここはもうサッカー好きとしては、メッシに、レジェンドになってもらうためにアルゼンチンに優勝してもらいたい。もしくは、ここんとこ期待された若いヒーローが優勝してレジェンドとして活躍出来なかったという意味でも、ブラジルが勝って、ネイマールがそれを実現する、、か。の二点です。


サッカーって、クラブチームで凄い成績でも、やはりワールドカップで優勝し、活躍しないとレジェンドとは呼べない部分があると思います。それは選手をお金とかで選べない、自分で好きなチームにいけないという部分での運、不運もあると思います。

ぼくのこらまで好きだった選手にも、ウェールズ(イギリスの中の小さな国)の選手だったがゆえにワールドカップに出れずに、苦渋を飲んだ凄い選手をみてきましたし、、イングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、、まとまって大英帝国としてワールドカップに出てくれたら、90年代後半はどうだったかなぁと思ってしまうわけです。

そこはいくら普段はGreat Britainという形でも、サッカーだけは今だに別個のものという感覚。

愛国心?と言い切って良いのかわかんないですけど、ちょっと羨ましかったりします。島国で単一民族国家の日本って、欧米からの影響があらゆる面でつよくて、それはそれで素晴らしい部分もありますけど、時々、日本人であること。っていうのが希薄だなぁと感じることもあって、、そしてそれは海外の方と話す時に特に感じますけど。

日本古来の文化を大切にしなくちゃなぁと、、オリンピックと各スポーツなどのワールドカップの時位しか「日本」を意識しない。それもお国の為という意識は見てる側は少ないのかもしれないですし。

音楽や映画という大衆芸術としての文化も遅れをとってるというか、世界では評価されていないという事実は凄く悔しいのです。音楽だと坂本龍一さんとかのような言葉を使わない作曲家は評価されてますし、映画も作品というよりは監督が評価されてる感じで、、北野武さんや宮崎駿さんのようは存在はまれ。

唯一、俳優の世界でやっと。という感じでしょうか?


言葉の壁、、なんですかね?


でも、シャンソン、カンツォーネ、ボサノバ、、その音楽が生まれた国の言葉のまま世界で愛される音楽はあるのに、、

もちろん、近年ではビジュアル系なんかの海外での凄いですけど、趣味の一環という次元を超えてるというほどではないようですし、、

坂本九さんの「上を向いて歩こう」の全米ナンバーワンという記録は本当に凄いし、希望ではありますが、日本語で歌うから海外で伝わらないというのは、悲しいし、すっごい都合のいい言い訳な気がするんです。
色々いわれてはいますが、韓国のPSYの「カンナムスタイル」のように、ほぼ全編母国語でも、YouTubeという媒体によって、世界中に広まったりして、結果的に売れたりもするわけで、、(仮によくネットなどで言われてるように何かしら裏工作?したとしても、誰もがあそこまでにはならないと思うので)

最近、YouTube含め、海外の事情をリサーチしていて、昔からぼんやりと思っていた現実が、より明確になってます。

日本に比べ、海外の方が、同じような年齢のアーティストのスキル、センス、スピードが相対的に速いと。

音楽の世界って、何度も書いてきましてが、若い20代のアーティスト達が破壊と再構築によって、新しいものを生み出してきたと思うんです。そして演奏のスキルも、そのセンスも、そして作品を生み出すスピードも、、、尋常じゃなかった。

それは今も変わってないのかも。

そして、スタイルは流行り廃りはあっても、そこにアーティスト本人が持つ「身体性」っていうのが、大きく影響して個性に繋がってる。

するアメリカという一つの国でも、スペイン風、ヨーロッパ風な、そのアーティストや作品の背景が垣間見えるような部分がきちんとあったり、、、

色んなものを飲み込んで自分のものにしつつも、自分のルーツはしっかりある、みたいな?

憧れます。

日本って、実は凄くラッキーなポジションなんですよね。今はネットがあるから、なんでもありですが、そもそも、ヨーロッパ、アメリカ、近隣の国など、あちこちのヒットがわりと素直に聴ける部分があって、そこは凄く柔軟なわりに、自分たちが作る音楽には実はそんなに現れてない。真似することはあっても、新しいものを生み出すという、ミックス感が足りない気がするんです。


あれとこれと足して、絶妙なバランスでブレンドして、隠し味に自分のルーツを加えるような音楽、それも高い次元で完成されていたら、世界をあっと驚かさるんじゃないかなぁと、、、


音楽は世界共通だ、と言うくせに、
言葉の壁は大きい、と言い訳する。

そういうのやめたい。


最近、思うところがあり、海外に向けた動きを強めているんですが、、、色々試している中ではっきり感じてるのは


世界は僕たちを見てるのに、
僕たちは世界を見ないようにしてる


という感覚です。


せっかく音楽やってるんだから、
世界を視野に入れたっていい。

ぼくは英語も話せるので、それもまた何かの縁かなって思いますしね。

こんなの始めました笑

海外では確実に、アーティストたちが独立して、好きなように活動しながら、生計を立て始めてます。

なんだか、音楽がアーティスト本人の元に帰ってきたというか、マイスペースのブームの頃からはじまった、アーティスト本人による作品発信は、一般の人も巻き込んで、口コミで爆発的に広がるという、実はものすごく人間的で自然な形が生まれてる気がするんです。

そこで、やっぱり思うのは、
島国で単一民族としての日本って、アジアのリーダーみたいなポジションだけど、世界共通の英語というものも苦手なままで、、むしろ、アジアの他の英語を使える国の方が世界と繋がってる感が、、

作品は日本語でいいけど、英語を使うなりの世界と向き合う姿勢は今後もっと必要なんじゃないかなって、、

日本の素晴らしさをもっと広めたい。
その想いが何を見ていても感じずにはいられないのです。

このままじゃ、、なんだか大変な事になってしまいそう。
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。

最近は珍しく?というか本当に久しぶりに、じっくり勉強してます。
割と本読んだり、色々と調べるのが大好きなんですが、
技術や知識をここまで集中してやってるのは久しぶり。

自分の未熟さを痛感するのと同時に
自分の成長する余地がまだまだあると
感じています。


努力は大抵実らない、とはよくいったもの。
ワールドカップみていても思います。

どんなに努力しても届かないことの方が多い。

何度も書いてますが、諦めなければ夢は叶うなんて、
叶えた人にしか言えないわけで、
叶えてもいないのに、闇雲に信じて、
必要に満たない、もしくは効率の悪い努力をしていても、
叶えられないまま、時が過ぎて行くだけ、、、、


僕も諦めてないですけどね笑

目標が高ければ高いだけ、
自分が未熟なら未熟なだけ、
努力の質と量はとてつもないわけで、、、


それでも、叶えたいからやる。

決意も宣言もノルマも、いらないんですよね。

覚悟して動いたら、物事は動き出す。

時間もお金もないなら、工夫して、効率を上げるしかない。


言い訳なんかなんの足しにもならないわけで、、


頭に描いてる世界を築けたら、面白いことになる。
だから、ワクワクして仕方ない。
アドレナリン出過ぎ笑



でも、やるだけやってダメなら諦める覚悟もある。

内心、無理だと感じながら、意地でやるのは、
僕的にはかっこよくないから。

ただ、やり残しがあるうちはやめらんない。



自分の、仲間の可能性を信じるって最高にワクワクする。

自分でも怖い位に眠気もこない。



生まれた時から、終わるのが決められていて、
いつ終わるかも分からない命を生かしてる。

最期まで満足は出来ないだろうけど、生き方だけは誇りたい。


誰よりも自分の人生を楽しみたい。


刺激的過ぎて、ワクワクもするけど、悔しい想いもとまらない。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
撮影に行って日焼けしてしまいました。

六月頭でこんなに暑いとは、、

{0AD6C5FE-1A93-431C-84E4-D44B0484817D:01}
{364EAE49-9A8B-4E4F-BB08-60E1DA2D0860:01}

良い写真撮れました。
オフショットだったんですけど。

最近、改めて思わされているのは、
Pcやインターネットの発達によって、
簡単に録音、配信、映像投稿が出来るようになったからこそ、アーティストの技術やセンスって問われてるんだなぁと、、

シンプルだけどアイデアで魅せれるし、
生だからこそ技術で感動を与えられる。

海外のアマチュアのライブ動画って、
圧倒的に技術で圧倒されます。
そこに魅せるアイデアがさりげなく、、

普段、よく話す話なんですが、
ARTを表現するのには、

ARTISTとしてのセンスと
ARTISANとしての技術が必要だと。


オリジナリティという名のクリエイティビティは、技術が無くても生まれますが、それをしっかりした技術を使わなければ、人を感動させられるものにはならないし、技術が高くても、自分の中から何かが生まれるというものではないのかなと、、、

凄く美味しくても、盛り付けが下手だと手を出しにくいし、千切りやフライパン返し、デコレーションが上手くても美味しいとは限らないですからね。

ギターの早弾きが凄いギタリストが凄いギターソロを考えられるわけでもないし、頭の中で凄いギターソロが思いついても技術がなければ聴かせられない。

それがアートってもんかなぁって。


あとは練習もやり方ですよね。
毎日やっても、やるだけではもったいない。

常に分析して、
効率良く効果的に
新しい技術を身につけ、
技術を洗練させながら、
常に向上心を忘れずに、
凄いものに触れて圧倒されないと

より高い次元での表現って難しい。

既に表現はローカルではなく、グローバルになっていますよね。先進国とやらの中でも、かなり英語が苦手な日本が、これからどうなるのか不安ですが、同じ年齢のアマチュアというレベルで、凄い人がゴロゴロいるのも、今だとすぐに見つけられます。

もう、凹む位に凄いのがいる。

同じアートやってると思うから、
負けたくないんですよねぇ、、、


というわけで、最近は映像制作をひっそりと始めました。アーティスト活動をサポートするために、、

機材もコツコツ集めてます。
本職の経験を活かして、アーティストや楽曲のイメージが伝わるような作品から、ぶっ飛んだ作品まで、一緒に作れたらいいなぁと。

ま、MTV世代であり、そのままYouTube時代も経験してるので、映像も興味あるんですよね。

ほんと、それこそ頭の中で描いてるイメージを再現するための技術と機材を習得する最中です。

これなんかはシンプルだけどアイデアと技術で勝負してます。
よく見ると歌の前後では普通にカメラ何台か使ってますが、歌の最中はほぼ一台のカメラを流しっぱなし、、そして、最初でもびっくりしますが、そこから更に!という、
へぇー、、からの
うわっ!!
というインパクト。

これはもう衝撃でした。多分年齢も22歳位で、アコースティックで、こんなに気持ちがいい、、楽曲も個人的には大好きなので、何度も聴いてるうちに歌詞覚えました笑

メジャーデビュー決まったそうなので、これからが楽しみです。



アコースティックカバーやる場合の演奏力とアレンジのクオリティの高さって凄く大事だし、アコースティックって本当に奥が深くて、気持ち良いものなんですよね。
アコギもピアノもリズミカルで小気味良いはず。そうならないのは技術不足。

もっと気持ち良い音楽を発信出来たら、世界はもっと身近になるのに。
別に世界を相手にするつもりはなくても、世界は君をみてるんだよね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
気持ちいい朝。

ほぼ毎朝、河原に出てます。
仕事帰り、そのままの時もあれば、
起きてすぐに出る時もあります。

なんか、朝の河原っていいんですよね。


わりと音がデカイ音で鳴ってる場所で、集中してる事が多いので、のんびりと水の流れを聞きながら、うっすらヘッドホンから音楽聴いて、アイデアの種を探してます。

カメラを持ってる場合も多いです。

{9710EEA2-766A-44F0-85FF-67A129DE8D65:01}


最近はどこに行くんでもカメラは持ってますけど。

{CBFC36D9-7276-4AB1-AA2E-B9AE85F1846E:01}

{5CB11CB9-9459-41C2-BCAA-90AF1918FFBD:01}


昨年末から飼い始めたデグーという
げっ歯類のジギーという家族が、
タンポポとクローバーが大好きなので、
必ず持って帰るようにしてます。
こんな感じです。
Degu


{80359A1C-7EC4-468F-990C-D58C2F4CD33B:01}

そんな感じで、素敵な出会いもいくつかありまして、今後が楽しみだったり、気圧のせいで体調がイマイチだったり、なかなか静かに激動な毎日ですが、



圧力鍋みたいな人と言われて納得。
一気に加熱しますが、そのあとも覚めることなく、弱火でずっと加熱し続ける。

まさに。

割とマイブームになると短期間に聴きあさって、ある程度納得するまでは掘り下げてしまうんですが、その後も冷めてしまうことはそんなにないので、、

よく、若い子に好きなアーティストを聴いたら、下手するとアルバムを一枚も持って無いような事もある時代になりました。

ベストをレンタルしただけで、
人生を変えた最高のアーティスト、
と言えてしまう時代、、

個人的には悲しいですが、それはそれ。


そんなこと言ったら、僕の場合はアルバム全部揃ってるアーティストなんかは、ゴロゴロいるので、好きなアーティストだらけ笑


でも、音楽を趣味ではなく、生業にしていくって決めたのならば、どんな形でも、色んな作品を聞くって大事というよりと、必要な事だと思います。


ヒントがあるし、周りを知ることで自分を知ることに繋がるのは間違いないから。

僕は未だにジャンルとか全然分からないんですよね。ロックとはなんぞや?みたいな事を聞かれても答えられない。
逆に何か定義をだされたら、それを覆す、「例外」を挙げられる自信があります笑


やっぱり、「自分らしさ」は他人が決めることだし、自分の「好き」が、うまくブレンドされた作品こそが、オリジナルだと思うんですよね。

作品に良いも悪いもない。

作品なんだから。

ただ、それをどんなポイントで検証するかで、話は変わってくるというだけの話。

沢山聴いて、ワクワクしていれば、
自然と作品に反映される。

作らなきゃ、ではなく
作りたい、という衝動。


やはり、面白い音を探す旅が、
自分の作品を面白くしていく。


違和感や嫌悪感も含めて、音楽に感情を感じていれば、素直な作品として反映されるはず。

そんな事を思いながら、河原でぼーっとしてます。近所にミュージシャン多いけど、ほっといてね笑
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{59F83E42-9B8B-4F20-A9DE-131368B9E5EA:01}


朝から河原で色々考えてました。



ちょっと寒いけど、気持ちいい。
そして、新しい音楽を妄想。


去年位から気に入ってたけど、
もう夢中なのが、


Rixtonというバンドと
ZZ Ward という女性SSWと、
Us the duoというご夫婦デュオと、
Ivy LevanというR&B系のシンガー。


まだちょいちょいいますけど、この四組は特に刺激的なんですよ、
ていうか、感動する。


そして、ネットをうまく使ってる。

僕自身、ネットで、たまたま見つけた位ですから。でも、今の時代、アイデアやテクニック一つで印象的な動画ってたくさんあって、しかも何度もみたくなる中毒性があるんですよね。

それって、すごく大事かなと。

ほんと。

この四組はメジャー契約して、これからガンガン来ると思うので、注目です。

RixtonのSpeakerphoneって曲は音源出てないんですが、もう歌詞覚える位にアコースティック映像を聞いてますか?

マジで笑


気持ち良くてハッピーになれる音楽が
なにより最高です。

プリンスもわりと配信ですが、新曲を出してるんですが、出すたびに楽曲のイメージが違うので、ファンとしてはニヤニヤ。

ほんと、予想できないって好きだなぁ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書いてる途中でブログが消えるのってマジで落ちますね。

おはようございます。

{8C37EAF6-7815-43DC-BCB1-D0780435E0F4:01}

僕のブログの検索ワードの結果は
たいてい、こんな感じ。


僕の名前で検索って、、笑



なんか、書きたいこといっぱいあったのに、なんかどうでもよくなったな、、


ただで、海外の動画サイト見てると、いわゆる若くてデビューとかもしてないアーティスト達の演奏に感動する事が多々あるんです。

ギター一本、もしくはピアノ一台を弾いて、歌ってるだけなのに、心地よい響きがあって、、その度にリズムって大事だなぁって思わされます。

そして、カバーする楽曲選びも、楽曲の本質であるメロディをちゃんと聞いて選んでる気がするんです。
普通にヒップホップとかでも、ギター一本で普通に気持ちいい歌として弾いてたり。


そらって、本当に大事な事だと思うんですよ!!

どんな音楽でも、とくにポピュラーミュージックってのは、根底にはメロディがあって、それが人を動かしたり、生活を、もっといえば、時代を彩ってると思ってるので、、、

これからの時代って、CDが売れないとかの話は良くされますけど、そんなことはさておき、これだけ色んな人の目に、耳に届けられるツールが発達してるからこそ、技術やセンスが問われるんだろうなって、確信してます。

好きとか嫌いとかじゃなく、たまたま見た演奏が気持ちよかったら、またみたくなるし、その人の別の動画みたりするし、、それが結果的に人を動かしていくんじゃないかなぁ、、ある意味でいうと、ものすごくミュージシャン、アーティストにとっては、素晴らしい時代になるんじゃないかなって。そして、演奏力と独創的なアイデアという、さくさくっと得られるものではない能力がシビアに問われる時代でもある。

レコーディング技術の発達とは真逆の、シンプルな携帯で撮影したような動画でも、気持ち良い演奏は強い!!


Real Music by Real Musician
大好きなプリンスがライブで言う言葉

そう、本物のミュージシャンって凄いんですよ。一朝一夕ではなれないし、技術だけでなくセンスも問われる。

人を感動させるのは、やはり本物。
ま、偽物があるとは思わないんだけど、、

全ての音楽は作品として本物だとは思うんですが、楽器を演奏できる人が全てミュージシャンとは言えないとも思います。

紙と鉛筆あれば、絵を描けるけど、絵かきではないように、ギターを弾いて歌えるから、ミュージシャンとも言えない、、かな。

楽器弾いて、オリジナル書いて、自作自演して、披露出来たら、もう立派なミュージシャン。。なのかな?

難しい。



ハイテクになりすぎたおかげで、ミュージシャンは助けられている部分も沢山あるけど、これからは技術とセンスがあって、感動を引き起こせる人が真っ当に評価される時代になると思います。

そして、それは凄く素晴らしいこと。

大衆芸術としてのポピュラーミュージックって、これまでもそうだけど、国境と言語も越えてしまうと思うんですよね。
今の日本はそれだけで多様化したけれど、海外な刺激的な新しい音楽が聞こえにくい気がします。
さみしい。

だからこそ、日本から海外、海外から日本と、ボーダレスな時代になればいいのにって思うわけです。

野球もサッカーも、、いやスポーツの世界では、日本人は世界を相手に戦ってるのに、大好きな音楽だけは未だにメジャーリーグで戦えてない、戦ってる人は沢山いるし、評価されてる人はいるけど、、まだ「当たり前」と勘違いするようなレベルではないですもんね。
ほんと、オリンピックとはワールドカップに出るってすごいこと。音楽ではまだまだ、そこまでじゃない。悔しいなぁ、、



ライブ、というか、生演奏の素晴らしさを沢山の人が味わったら、音楽は本来持っていた素晴らしさと魅力を放って、演じる側も楽しむ側も満足出来る、そんな新しい時代に入れる気がするんですよね。そしたら、より高いレベルで音楽は奏でられる気がするんです。


ブラジルってワールドカップ期間中、先生も生徒も気になるから、学校休みになる地域もあるらしいです。そんな国、素敵過ぎるし、勝てる気がしない。

アメリカとかでは、映画の撮影の為に、道を塞いだりすることに、官庁が割と協力的だっり、、映画が娯楽から文化にまで認められてる証拠。


文化を越えて生活にまでになるって、
きっとそういうことですよね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日はRihwaのワンマンライブでした。

2008年の7月から始まったんですよね。
古いブログ読んだら、笑ってしまった。

人に歴史あり。


音楽が人を繋いでいく。


そういうことなんですよね。




ちょっと話はそれますけど、、、
人の目に触れるというのは、誤解も沢山されるし、見えないルールや、知らなかった「常識」なんてのも出くわす。言いたいことが言えなかったりもする。
僕みたいな普通だと思ってる人が、こうして文字通り、世界に自分の意見や日常を発信出来る時代、、、それによって大なり小なり起きる誰かの心の起伏に対して、少なからず責任てのも、持たなきゃならない。

しょっちゅうあるんですが、僕のブログなり、つぶやきを見て、自分のことだと誤解してしまう人がたくさんいるんですよね笑 

それ位、みんな思ってることや考えてること、悩みなんかは似てるってことなんですけど。 ま、自分のことだと思って、悔しがって、練習してくれんならいいけど笑


僕も別に個人攻撃したいわけでもないから、これは誰のことです!
って、いちいち書くのも変だから、書かないけど、、


話はそれちゃったけど、音楽も歌詞なんかを聴いた人は勝手に深読みするんですよね。フィクションでも感動するし、ノンフィクションでも、それと気づかなかったりするから、面白い。

だからこそ、素直に解き放ちたいと思ったりするんですよね。


人の想いや感情なんてのは、自分が思ってるようにはならないし、願ってるようになってもいないんですよね。

面白いことが始まりそうな、、、予感。




後悔や反省すんのは好きじゃないけど、日々してます。
失敗や失態すんのも好きじゃないけど、
恐れたくない。

出来ない事に挑戦して、
洗練させる為に練習して、
魅せる為にリハーサルする。


日々、勉強!!

笑われるのも、バカにされるのも嫌いですけど、余計なプライドが邪魔して成長出来ないとかはもっと嫌です。

他人のせいにもしたくない。
自分の人生だから。

いい歳しても、未だに余裕なんかないけど、死ぬまで余裕なんか無縁でいいと思う。好きなことと向き合って、毎日必死で面白かったら、それはそれでいい。


なんか。そんなことを思いながら、ちょっとシエスタして、頭をスッキリさせます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝から、ドアーズ。
この世界観。そして、24歳という若さ。


なんなんなんなんなんですかね。ほんと、、、


なんかがっくり。

圧倒的なものってありますよね。
好きとか嫌いじゃなく、ただただ惹きつけられ、
理解不能なほどの情報量(音数とかではなく、、)に文字通り圧倒される。

音楽の世界は特に20代が持つパワーが顕著な気がします。
若者の文化の中心にある、中心ではなくとも、生活に溶け込んでいる、、

だからこそ、
社会や大人や自分たち以外の何かに向けた「感情」が込められてる。

でも、いつからか、去勢されてしまったような歌ばかりな気がします。


メロディが、、ではなく、メッセージが。

もちろん、素晴らしいメッセージもありますけどね。



にしても、似たような内容の歌が多すぎ。


きっと、誰かが代弁してくれなくても、
SNSなんかで、自分から発信してしまえるってのも、あるんでしょうね。


今や誰もが自分の人生の主人公であることを外に向けて表現できるんですから


なんてことを考えながら、少しだけ寝ます。

今日はRihwaのワンマンライブ。
ワクワクとドキドキ、、色んな感情が交錯してます。

そして、、色んな顔に会えるんだろうなぁ、、、



音楽が引き寄せたつながり。
人生って面白い。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜からの頭痛と、謎の発熱に
昼間、少しだけ安静にしております。

そして、家にいてもやることはたくさんあるので、調べ物なんかをしております。

最近、歌詞の研究と言いますか、人気あるアーティストの歌詞について調べていくうちに、ある面白い事に気づきまして、
それに関して、掘り下げてます。

良い曲と言われてる曲はいつから良い曲と言われるようになったか、良い曲とは結局なんなのさ?強いメロディ、歌詞ってのは、実際のところ、どういうことなのさ?

という事に関係するんですけど。


誰もが好きな歌なんて存在しないし、


結局さ、名曲って何だろう?


なんでも、斜めから見てしまうのです。


結果的に売れたから、人気がある。
人気があるってことは、沢山の人が好き、
沢山の人が好きだから、名曲、、(?)

ってことだとは、ざっくり思うんですけどね



山下達郎さんが、インタビューで、
「クリスマスイブ」なんかも、アルバムの一曲でしかなかったのに、CMに使われて、みんなが聴いてくれたから、名曲と呼ばれるようになった、
的なことをおっしゃってたのを読んだんですが、、でも、ほんとにそれはあるなぁって。

ヒットするって、運も大きな要素。


全然、売れてない、知られてないけど、
凄い言いなって思う曲も実際あるし。
売れていても気になんない曲もあれば、耳に残るけど、買いたいとまで思わないとか、、自分からアクション(買う、観る)を起こすだけの一押しをする曲ってなんだろう?

それまでに自分が受けてきた衝撃なんかに由来する好きなジャンル?好きな声なんてのが大きいんでしょうけどね。


僕も音楽バカとして、多分、人並み以上に音楽聴いてきましたし、未だに聴き続けてきた音楽バカなんですけど、そんなぼくでも、アマチュアのお客さんが10人もいないような、技術も未熟なアーティストの歌に感動します。


だから、音楽って面白いんですけど。



誰にも答えは分からないんだなぁ、、


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。