菅直人首相は8日、財務副大臣に池田元久、外務副大臣に藤村修、農水副大臣に篠原孝、国交副大臣に三日月大造、内閣府副大臣に平岡秀夫の各民主党衆院議員の起用を決めた。残る副大臣17人は再任する。9日の臨時閣議で副大臣、政務官人事を決める。

 首相補佐官には、国家戦略・行政刷新担当に民主党の寺田学衆院議員、中小企業対策担当に阿久津幸彦衆院議員を新たに起用。小川勝也、逢坂誠二両補佐官は再任する。政務担当の首相秘書官には民主党職員の岡本健司氏を起用。事務担当の秘書官は新原浩朗(経済産業省)、桝田好一(警察庁)、山崎史郎(内閣府=厚生労働省出身)の各氏を新たに任命した。羽深成樹(財務省)、山野内勘二(外務省)両氏は再任した。

 一方、民主党の樽床伸二国対委員長は、農水副大臣に内定した篠原孝氏を除き、三井弁雄(わきお)国対副委員長代理と国対副委員長19人をすべて留任させた。

【関連記事】
財務副大臣に池田元久氏が内定
副大臣人事など決まる 首相補佐官、新たに寺田氏ら
新首相補佐官に寺田、阿久津両氏、財務副大臣に池田元久氏内定
菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を
「変化」へのラストチャンス 菅内閣発足
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

デンマークの認知症ケア 29日にシンポジウム(産経新聞)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
参院選候補、40人に=みんな(時事通信)
<日進市>障害者の報告書回収へ 意見集約で不適切処理(毎日新聞)
盗んだ法被に被害者の名前…着ていた男を逮捕(読売新聞)
AD