尿検査で大麻の陽性反応が出たため日本相撲協会から解雇されたロシア出身の元露鵬(30)=元幕内=と元白露山(28)=元十両=兄弟が、解雇は不当として、協会を相手取り力士としての地位確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、請求を棄却した。渡辺弘裁判長は「薬物乱用が社会問題化し、協会も強く禁止していたことに照らすと、解雇は当然」と述べた。

 渡辺裁判長は「精密検査によって2人が大麻を使用したことは明らか。手続きに違法性はない」と指摘。原告側は、相撲以外のスポーツ選手の処分と比べて重過ぎると主張したが、「国技と称され、世間の耳目を引く相撲と、他のスポーツを単純比較するのは適切ではない」と退けた。

 2人は08年9月に解雇されたが「検査方法に問題がある」などと提訴した。協会は「協会の信用と名誉を傷つけた」と主張していた。原告側代理人は控訴する意向を示した。【和田武士】

【関連ニュース】
大麻栽培容疑:54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡
大麻所持容疑:中3女子を逮捕、「同級生にもらう」 兵庫
大麻所持容疑:大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警
大麻事件:摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か
大麻所持:容疑の中3逮捕 「同級生からもらった」--神戸

「和解協議向け動いてる」=細野副幹事長、原告と面会-B型肝炎訴訟(時事通信)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
防衛省関連の独立行政法人、家賃二重払い(読売新聞)
厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など(医療介護CBニュース)
新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化-安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)
AD