自民党の大島理森幹事長は7日、青森県八戸市内で記者団に対し、与謝野馨元財務相が谷垣禎一総裁ら党執行部の一新を求めていることに対し、「今は(夏の参院選に向け)戦っている時なので、その時期でない」と反論した。

 与謝野氏は執行部一新を求める理由に、鳩山政権に対する退陣要求の甘さを挙げている。大島氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を政府が5月末までに決着できない場合、「あらゆる手段で求めなければならない」とも述べ、鳩山内閣の不信任決議案の提出を検討する考えを表明。与謝野氏の批判を踏まえ、「戦う姿勢」もみせた。

 大島氏は「与謝野さんは谷垣氏に『もっと強く出ろ。しっかり頑張れ』との思いでおっしゃっているのだろう」と指摘しつつも、「(批判は)執行部に直接言っていただき、党が一丸となることが大事だ」と不快感もみせた。

 市内で開かれた党主催の対話集会では、昨夏の衆院選大敗の原因の一つとされている「麻生降ろし」に言及。「若かろうが大先輩だろうが、あの反省を今一度心しなければならない」と述べ、執行部批判の広がりを牽制(けんせい)した。

 一方、与謝野氏は7日、NHKの討論番組で「民主党は政権担当能力がない。民主党に代わる選択肢は本当にあるのか、みんなで考えなければいけない」と述べ、鳩山政権の退陣を求める行動が必要だと訴えた。

【関連記事】
「谷垣降ろし」加速も 反対勢力の一本化は不透明
与謝野元財務相、新党視野 党執行部の刷新迫る
谷垣氏に失望 与謝野氏、新党結成へ動き
「連休前に総裁は決断を」 自民・河野氏が執行部一新を要求
「審議拒否の責任取ってほしい」 自民執行部に河野太郎氏
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

今も癒えぬ傷…秋葉原殺傷公判で被害者証言(読売新聞)
青森県知事「検討を始める」=放射性廃棄物の受け入れで(時事通信)
NHK、強制わいせつのエンジニアを懲戒免職に(産経新聞)
4221人を門前払い=国公立大入試の中後期日程-文科省(時事通信)
2010年度診療報酬改定を告示(医療介護CBニュース)
AD