体力の回復

テーマ:

一旦諦めかけた人生。

 

 

何度。。何度。。何度再生してきた事だろう。

毎日テーマを考えている間に時間が過ぎてしまう。

 

 

しかし今体力の回復によって毎日が楽しくなってきている。

そしてこれから先はもっと体力の回復が見込めると

したら、何が起きてくるか?

 

頭の中も身体の中もかつて持っていた若さの力が

蘇ってくるとしたら何が起きるだろう?

 

毎週のプログラムを作ることが楽しくなってきた。

この先に色んな感覚の若返りが待っている。

 

特に7月を迎えて新しい計画が待っている。

 

 

 

 

 

現状をどう伝えて行くか?

テーマ:

私の現状をどう伝えるか?

 

24アワー 気功漬けにしたいと思っ

ている。

 

理由は簡単だ。私のテロメアが弱っ

て来ているからだ。

 

テロメアとは:染色体の先端部分を

指し寿命を司どる部分の事。

 

 

気功世界はまだメジャーではない!

まだまだ一部の人の世界でしかない。

 

 

全国的に、又東京辺りでもそのように

本気で考えている人が沢山いるなどとは

全く思ってもいなかった。

 

 

ここ大阪堺市では気功は大抵の人が知っ

ている。それは老人の健康管理を担って

いる整体師や整骨院が沢山あり昔から針

治療やお灸するお寺や治療院が多かった

性でもある。

 

そして純然と気功師を名乗りマッサージや

気功の手のエネルギーで商売をしている

人が沢山いる。

 

 

彼等は何の免許を持っているのか?聞い

た事がないが整骨院や整体をやりながら

自前で勉強している人が沢山居るという

ことだ。

 

 

日本でこの地域ほどそういった病気や身

体の不調を治す人が沢山居る地域はない

だろう。

 

 

医者の医術に頼らず地場で育ってきた何

やら訳の解らぬ治療でも結果が出れば口

込みで広がって行く。

 

 

気功を深めるのにこれ程恵まれた地域は

多分少ないだろう。この環境を存分に活か

しながら昨年の夏から気功の一部である

太極拳からエクササイズを始めたのだった。

 

 

昨夏7月3日の日曜日二十数年ぶりに太

極拳の仲間に出会った。これより太極拳

を通じて体力の回復を計る目的でスタート

したのだった。

 

しかし始めた太極拳は気力の減退が前に

出ており毎回終わるのが待ち遠しくて堪ら

なかった。しかし終わってからの会食の楽

しみが徐々にスタミナをつけてくれる事に

なった。

 

 

十月の半ばに太極拳で学んだスワイショウ

が気功に取り組むきっかけとなり矢継ぎ早

に気功にのめりこむ事になったのである。

 

 

そして東京で気功教室が開かれているのを

知り明けて2017年の継続気功教室へと繋

がって行くのである。

 

 

 

 

 

 

 

気功世界の真中に出た気分

テーマ:

気功をかじり始めたところで何からどう進めて行くか

という時点なのに、色んなスキルに興味が湧き色々

試すうち、このスキルの膨大さに戸惑う毎日である。

 

 

物事は興味が続く前提で取り組んでゆけばいい。

興味がなくなり好奇心も薄くなってしまったら続かな

い事を経験してきたからである。

 

 

この気功の取り組みはこの先一生続けて行きたい。

出来る限り効率よくも進めたい。そして集中して出来

るところから身につけてゆきたい。習慣出来るものは

早く習慣かしたいなどはやる気持ちの方が前のめり

になっている。

 

 

しかし、残念ながら入り口付近で右往左往しているのが

現状である。それは第一の原因がスタミナ切れを起こし

ているからである。スタミナ作りには多少の自信があっ

たのに予想外に老化している。

 

 

ギアを入れ替えてもう少しペースを落とした内容に変え

なければならない。しかし身の回りはすっかり気功の体

制作りというよりその環境が整って来ている。

 

 

この気功世界に本気で足を踏み入れてスタミナを感じ

るまであと数ヶ月が掛かるかも知れない。今はこのモチ

ベーションからムリのないペースで始めるべきだろう。

 

 

 

気功という世界

テーマ:

人間というものがどういうものであるかを

解らせてくれるのが気功。

 

 

二年ほど前経営を後進に任せてひたすら

健康問題に取り組み、色々試す中で太極

拳に出会い気功に出会った。

 

 

二年前の自分の体力は残念ながらもう老

化が進んだ老人の雰囲気が前面に出ていた。

隠し様のない老化が進んでいた。

 

 

昨秋の気功の取り組みを境にして本年から

本格的にセミナーにも出るようになり、少しづつ

自信を取り戻して来た。

 

 

今では来春には二十代のイメージに近づけると

公言するようになった。先ずその前にいち早く気

迫だけでも二十代に戻るよう毎日の生活習慣を

つくり直すこととなった。

 

 

二十代に戻れないものの沢山あるが戻れるもの

も沢山あることに気がついた。今戻れるものに集

中しながら毎日の生活を感謝で迎えることが出来

るようになった。

 

 

 

 

細胞の力

テーマ:

昨年の秋から気に関する興味が湧き

それ以来気について取り組んできた。

 

 

そして、段々と気の知識や気功の取り

組みが本格化する中で身体も徐々に

元気を取り戻してきた。

 

 

色々解ってきた中で気というエネルギー

の存在になお深く興味が湧き毎日のよ

うに気功や太極拳をするようになった。

 

 

人間の細胞について免疫構造について

宇宙が人間を作られた訳も長い事疑問に

思っていた事が少しづつ解けてきた。

 

 

人間のこの短い人生でさえ、浪費してきた

過去を思えば、これからの人生に少なくとも

悔いる事のないよう生活をして行くべきだと

思っている。