兵庫県姫路市のごみ処理施設「エコパークあぼし」敷地内で起きた爆発事故で、県警網干署は26日、業務上過失致傷容疑で現場検証し、現場の「健康増進センター」床下の排水管につながるメンテナンス用支管(直径約20センチ)約20カ所のうち3カ所で可燃性ガスを検知した。一帯は埋め立て地で、同署は自然発生したガスが排水管にたまり、配管のすき間を通じて施設内に漏れた可能性があるとみてガスの成分を分析する。【山川淳平】

【関連ニュース】
爆発:ごみ処理施設の建設現場で1人重体、4人重傷 姫路
兵庫・姫路の建設現場爆発:ガス自然発生が原因? 重傷、1人増え5人に
姫路の建設現場爆発:健康増進センター、7月開業は延期決定 /兵庫

<10年度予算>成立…過去最大92兆円(毎日新聞)
空自小松基地の業務データ流出=2年前、USBなくなる-石川(時事通信)
SL山口号スタート(産経新聞)
「違法拘束で採尿」覚せい剤事件の男性無罪(読売新聞)
普天間移設 23日最終調整 県内2案軸に検討(産経新聞)
AD