あれから

テーマ:
4か月

まだそれだけ

もうそんなに



毎日お水とゴハンを用意して小さなろうそくに火を灯しお線香を立てて
小さなおりんを鳴らして手を合わせてキュルキュルしたにゃんたの写真に話しかけ
サスサスナデナデ



何でいないんだろう?と普通に思います
22歳10か月共に生きてきたこと
それ以前にも実家ではピーくんと暮らしてたこと
ふかふかしたのがふと見ると居る幸せがぽっかりなくなったわけです

辛い記憶も楽しい記憶も止まったまま
それが一番つらいみたいで
泣かない日はなくてひどい時は目醒めからダメダメ
だけどもう気持ちの置き所もわかってきました

にゃんたは最期の最期まで生きようと必死でした
私もちゃんと看取ってあげないと!って必死でした
あの光景は鮮明で辛く苦しく重たいものだけど
がんばったことを無駄にしてはいけないと思うと
少しは楽になれるし踏ん張れます

旅立つ2日前に数年ぶりにニャーって話してくれた
起き上がれなくなっても頭を上げて私を探して
居るのがわかると短く鳴いたりしてコテッと眠る姿
看取った時のことを細かく書くことは配慮しますが
呼吸が止まっても数分間は心臓の音が聞きなれた音で
私の耳には残っています

愛しさは増すばかり

今まで放置しておいたままお待たせしてしまった方々には
本当に申し訳ありません

オトーサンとにゃんたのことを話さない日はありません
というかほとんどがそうで笑いながらじんわり

気配というか姿が見えた感じは家中あちこち
でもいなくて困ってしまいます

それからどれほどにゃんたに助けられていたかひしひし
いない生活がこれほど生き辛いこととは思いませんでした

にゃんたは私という人格を造ってくれました
人間が居て私が居てにゃんたという生き物が居ることで
嫌なことや問題が起きてもなんだか乗り越えてしまうし
にゃんたパワーはすごい

その充電が切れかかるのだけどそれは仕方ないですよね

後日病院へご挨拶へ行った時のこと
看護師さんスタッフさんみなさん泣いて笑ってにゃんちゃん可愛かった~って話しました

先生方には時間を貰ってそれぞれとお話しました
女医先生に泣かれたらたまりません
いつも最新で端的な治療と同性で年齢も変わらないこともあり
最初からいろいろ話せたことがとても助かりました
オトーサンとにゃんたの絡みがツボらしくていつも笑ってみてくれて
写真もたくさん写してもらいました

猫好き男性先生からの言葉は一つの答えになりました
「変な言い方かもですが・・・こんなに熱心で知識もある飼い主さんはなかなかいません。
どうでもいいとまでは言わないけどあまり関心がない方も多い中にゃんたちゃんも治療させてくれてとてもやりがいがありました」
こちらこそ!いつも繊細で優しく本当に心強かったです

にゃんたもわかっていました
こんなに大人しくゆったりと待合室から帰るまで過ごせた病院はありませんでした
本当は嫌だろう病院通いが最後までできたことは私の支えです
苦しんでる姿をいざ目の前にして可能性が遺されてるのに連れて行かないことは
私にはできなかったしにゃんたが受け入れてくれました

キラキラした思い出がいっぱいのにゃんたさん

いつも私を正しい方に導いてくれてあったかく包んでくれていた
その温もりはこれからも感じることができると思うから






ありがとう

私の宝物

ずっと一緒にいよう








AD

お空へ(追記)

テーマ:
本日午前10時前ににゃんたさんお空まで遠い遠い遠足へ旅立ちました

風も穏やかな雲ひとつない青空が広がるとても気持ちいい日

場所も貯水池を見下ろす小高い山の上

キラキラ輝く池の色がにゃんたの目の色に似てて

とてもきれいでした





当日のことを

朝6時頃私はすでに起きててにゃんたの傍でナデナデ中
オトーサンがむくりと起き上がり着替えて洗車を始めました
休日洗車が元々好きだったけどキレイにしたいと思ったのかな

それから朝ごはんにして着替え終わるともう家を出る時間
一緒に持たせるものやお花を用意して
にゃんたを新しいタオルに包みその上からイチゴのフリースをかけて抱っこ
なんだかずっしり重たく感じます
玄関を出る前に家の中を見せてお家はここだからねって家を出て
外からも景色を見せてお家ここだよって見せておきました

庭へ周りバラ達の前で交互に抱っこしてにゃんたと一緒に写して
ひとつだけ大きく咲いてたモナコを切ってにゃんたの胸元に置きました

いつもは後ろの席でママとキャリーに入るにゃんたと乗っていたけど
今日は抱っこしたまま助手席に座ります
オトーサンが前に乗るの初めてやね~ってナデナデ
私もずっと頭を撫でて肉球を触ってました





本当にいいお天気の中峠を越えて着いた場所はサイクリングコースもある貯水池で
オトーサンがまだ走ってた頃は車で何度か来たこともありました
あちこちある駐車場にはノラっちの姿もあってのんびりした場所です
そんな場所にある霊園へは約束の9時ちょうどくらいに着き玄関先ではすでに
お迎えに立って待ってくれてました

にゃんたをそのまま棺に寝かせて説明を受けます
そこにはお坊さんが一人いつも常駐されてるのですが
26日にお坊さんを数人読んで供養をする際に奉納するお札もお願いしました
その時には名前も読まれるそうなので参列しようと思います

私もオトーサンも宗教には無縁でどんな意味があって何をすればいいかなどわかりませんが
綺麗な仏像が並ぶその部屋は美しくそこににゃんたがちょこんと寝てます
困らないようにとお金をママが守ってくれるようにと刀をオトーサンが持たせます



お経を一緒に唱えてお焼香をして最後のお別れの言葉をかけました

にゃんたおやすみ いっぱいがんばったね ありがとう

オトーサンとママと係りの方と3人で棺に蓋をしました

火葬場へ移動して準備を待つ間
係りの一人が飼ってるトイプードルのコハクくんと遊びました
とてもきちんとしつけされてて自分の場所から勝手に降りたりせず
吠えることもないのだけど抱っこして出して遊ぶとすごくやんちゃで
オトーサンとは広いロビーを追いかけっこしたり私の膝の上でくつろいだり
とても癒されました

にゃんたの身体だけになった台の上をお花畑にして
紙皿の上にママは黒缶といりこ、かつおぶし、海苔、カリカリ
オトーサンはケーキとイチゴ、焼かつおとイチゴヨーグルトを並べます

守る隊は全部入れてあげることができなかったので小さなカピバラさん3匹と
一回り大きなカピバラさんも2匹とにゃんたに似てるマスコットをひとつ置きました
小さなカピバラさんはチョイチョイして遊んでたにゃんた
お見舞いで貰ってたおもちゃはプラスチックの部分があって入れられなかったけど
お洋服は一枚入れました
これから寒くなるから大丈夫なように
よく帽子がパカパカなってた黄色いあったかい服にしました

並べ終わると本当にお別れです

これで終わりなのかと本当にもうさよならなんだとそれまで普通に出来てたのに
視界が曇ってよく見えません

白いボタンを押すと焼却が始まります
押すのは私です
手が震えてなかなか押せなかったけど中で待ってるにゃんたを思うと
早くしてあげなきゃと思い直して思い切って押しました

音が聞こえてくる中係りの人がいってらっしゃいと言い
私もオトーサンも声になりませんでした

30分したら今度は冷ますのに30分待ってる間に祭壇や納骨について説明を受け
骨壺を入れるカバーを選ぶのに納骨されてる他のコ達の仏壇を見て回ります
大きさも色も柄もいろいろだったけど紫の小花が咲くものがいいねってなり
見ると黒猫のむ~ちゃんと書かれた骨壺にもそのカバーが使われてて
うちではにゃんたをむーちゃんとよく呼んでるのでそれにしようと決めました

冷まし終わったにゃんたの骨はとてもきれいでした
22歳とは思えないほどだそうです

喉仏もきれいに
頭もきれいな形
小さく歯も残ってました
それをしっぽの方からオトーサンとママで骨壺に納めていきます
腎臓や心臓が悪かったのにきれいな白い骨
年齢的にもレントゲンでは骨粗鬆が見られたのに崩れていません
上へと順番に納め最後に頭の骨を入れ喉仏を入れて終わりました

カバーの紐をママが結び車に乗るまで係りの人が持ってくれ
座ってから膝の上に受け取りました

さぁお家帰ろうね

帰りは日がもっと昇りもっといいお天気
池のほとりを通り峠を抜け来た道を帰ります

行きも帰りも車の中は入れたままのCDが鳴ってて
BUMP OF CHICKENのゼロが行きにかかり
帰りは友達の唄がかかりました
片道20分くらいの中オトーサンは口ずさんでたり
私は目を閉じ聴いていました

帰り着きただいまー!って大きな声で言ってからお家へ入ります
にゃんたのベッドはそのままになっててそこでまた泣きながらにゃんたを置きました
でももうここじゃないんだなって思ったから
いつも外を眺めたりベッドを置いてた出窓に座らせました



それからご飯とお水をあげてただ眺めていました
少しして病院へご挨拶と点滴針などお返しするために持参するお菓子を買いに

デパートではたまたま京都展がやってたので大好きなジュバンセルのさがの路を買い
看護師さんや受付などのスタッフさんようのと先生お二人には何か別にと
木の実が乗ってたり栗のペーストを練り込んだものやりすともみじの絵が描かれた
りすの山遊びと書かれたおせんべいとAfternoonTeaの紅茶にしました
猫好き先生にはご家族もいるしクセの少ないダージリン
女医先生にはオトーサンが唯一飲める紅茶のアールグレイ
先にお電話して終わる時間の確認をして伺うことを伝えておきました





帰宅して夕方までの時間は部屋の片づけ
すっかり広くなってしまいました
にゃんたの脚の為と酸素室に入ってても同じ目線でいられるように
闘病中はずっと敷き布団だったのをベッドに戻しました

今はベッドに座るとちょうど出窓のにゃんたさんとお向かいでお話ができます
することが本当になくなってきて座って泣くことが増えてしまいました

お薬の時間だ~とかゴハン食べたかな?チッコ出てるかな?っていつも部屋を
覗いてたから別の部屋に居る時はにゃんたはにゃんた部屋に居る感覚でいられるのに
見に行くといないことがとにかく寂しくて寂しくて
どうしようもありません

長くなっちゃいました
書いてるとどんどん出てきます

次はお世話になった病院のことやお薬のこと
療法食やその他諸々・・・書きとめておこうと思います

それからたくさん余ったゴハンや療法食なども気がかり
猫さんがいらっしゃるご家庭に使っていただけたらと思っています
種類や数や賞味期限など確認してからと思っていますので
その時は形見分けと思って使ってくださると助かりますのでよろしくお願いします




AD

支度

テーマ:
今日になってすることも減りますます寂しくなってきました

でもまだにゃんたがお空へちゃんと遠足に行けるようにしないとです

夕方電話しておいたケーキ屋さんへ行きました




お願いして分けていただいたイチゴ
ちなみに一粒50円です
来月からだとにゃんたの誕生日に一緒に食べたケーキが発売になるそうですが
今回はホールケーキをカットしてくださいました


後でにゃんたとオトーサンとママと3人で食べようと思っています
2人で食べる時はにゃんたさんがケーキを包んでた透明なシートについたクリームを
きれいに舐める係りだったもんね

明日も一緒に持たせるつもりです




その足でお花屋さんへ


綺麗なアレンジを用意してくれてました
大きなダリアにカサブランカと白いデンファレにトルコキキョウとりんどう


明日にゃんたさんをお花畑の中にしたいからいろいろなお花を買いました







この小さな花のことお花屋さんはカリカリって呼んでたよ


オトーサンのかわりはユリの花


ママのかわりはフリフリなガーベラ

それからオマケってスプレーバラをたくさんいただきました


お花畑用はもう少し開かせたかったので茎を少し短くカットしてバケツの水へ
部屋もお花でいっぱい
ママお花大好きだからうれしいよ
にゃんたはお花飾っても食べなかったしギリギリ歩くのに倒さなかったし
ほんとにおりこうさんだったね




動物病院からもかわいいお花が届いたよ


でもママが一番反応したのはココ
底が濡れてたから拭く時気付いてきゅーん



それから今も枕元にあげてる至福のオヤツ3点盛り


好きなゴハンもアレコレ


お見舞いに貰ってたおもちゃは使うことがなかったから
向こうでお友達と仲良く遊んでね


あと一晩だけになっちゃったけど今のうちにナデナデクンカクンカいっぱいしとこう
もうどんなに触りたくなってもにゃんたに顔を埋めたくなってもできないなんて


ママにはよくわからないよ

22年もの間衣食住のすべてににゃんたがいたのに

黒い部屋着は毛が目立つしって
これはにゃんたが欲しがるからって
こうしたらにゃんたもくつろげるかなって

全部全部にゃんたが一番で当たり前な生活だったよ

もっと触っていたいな

AD

ママンの準備

テーマ:
昨夜一晩は蝋燭を絶えず灯しつつふたばに通夜として貼りに行ったので
そのまま昔の写真見たり古いブログを見たり
どんどん増えて行く書き込みを最初から繰り返し何度も読み
もっと元気だった頃の写真とかいっぱい貼りたかったのに
結局は泣いて過ごしました

気付くとオトーサンが起きる時間になってました
目覚まし携帯が鳴るのはAM4:00
でもオトーサンは起きません
ママンが起きてお弁当作り朝ごはん用意して
にゃんたさん用にお薬入りお魚ご飯を作りお皿を
カンカンカン、カンカンカン、と鳴らしながらにゃんた部屋兼寝室へ戻り
オトーサンの口に歯磨き突っ込んでそわそわ待ってるにゃんたへ
お待たせ~ってあげるのが毎朝の日課でした


なので今朝も同じようにご飯よ~って
でも食べるわけがなく動くわけもなく
どんなに熟睡しててもゴハンの匂いは瞬時に察知して
スンスンスン!ってしてたのに・・・
また2人で朝から号泣してしまいました

それから3時間くらい眠りました

11時過ぎになり酸素レンタルの回収が来ました
回収費と先月分と今月の日割り分の合計金額を支払いました
電話で回収依頼をした時の方も回収に来た方からも
「うちの商品はどうでしたか?役に立ちましたか?」と聞かれたので
22歳ということもありとにかく楽に過ごさせてあげたかったので
とても役に立ったことと最期まで口元に当てていたことをお話ししました。

本当にね
これがなかったらこんなに長く一緒にいられなかったし
そしてもっと苦しませていたと思う
ちゃんと自分の場所だとわかってくれたにゃんたを褒めてあげたい

それが終わり火葬場へ連絡しました
もし休みを変わって貰えたら明日
変れなかったら明後日にしようとオトーサンに出勤前言われてて返事が出来ず
急遽過ぎて変わって貰えなかったみたいでやっぱり木曜日しようとメールが来たので
結局明後日9日の朝一番の火葬を予約しました

にゃんたさんはゆっくりのんびりが本当に好きなんだ
ママンとても助かるよ

当日持たせるものを準備したくて
お誕生日に一緒に食べたケーキ屋さんは定休日だったので
お花屋さんへ行きお花の予約をしてきました
一旦帰り今度は家の反対側にあるスーパーまでオヤツの買い出しに

いりこ
のり
かつおぶし
どれもマグネシウムや塩分が体によくないからとあげるのを止めていたものばかり

帰宅して早速オヤツタイムです







まだまだ他にもたくさん入れてあげるね
少し遠い遠足へ送り出す気分だよ



昔よく遊んでたジャラシー(猫じゃらしのおもちゃ)と小さなカピバラさんたち








ずっと眠ったままなんで起きないんだろう?って
頭と心と身体がバラバラでふわふわするよ

にゃんたの身体はとても冷たく固くなってしまったけど
ふかふかな毛とピコピコのちっちゃい耳と肉球はぷにぷにのまま
指先はまだ柔らかくてにぎにぎできるからつい触ってしまう

もう一度あの真ん丸な目でこっちを見てくれないかな
ひょっこり頭を上げてこっちを見そうなのにな
お腹だってピンクのイチゴ模様のフリースが動いてるように見えるよ

まだここにいる間は眠ってるだけだもん
こんな気持ちになってもいいよね

にゃんた

眠りました

テーマ:
本日午後12時25分にゃんたさんが虹の橋を渡って行っちゃいました

今とてもよく眠っています

表現が間違ってるかもしれませんが私には眠ってる姿にしか見えません

この数か月間は熟睡する姿を見ることがほとんどなく

私に抱かれている時かオトーサンとお布団で一緒に寝てる時に

ピクピクしながらよく眠っていたけど酸素室の中ではウトウトする程度か

落ちてると思うとすぐに顔をあげるほどで

こうして傍で顔を見てるとよく眠ってる・・・よかったって思ってしまいます

いつも落ち着いてる間に時間を見つけては家事をこなしていたので

酸素室やトイレを洗ってみたり片づけをしました

それがずっとにゃんたと暮らしてきた生活だったから

だけど廊下にゆっくり歩くにゃんたの姿もないし

後ろについて来ていそうでいないし

リビングまでお散歩にも来ていないし

いないことがとても寂しくて手を止めて泣いてしまうけど

にゃんた部屋に戻り眠る姿を見るとほっとする自分が居ます

こうして書けるのも日常の一部だったからでしょうか

ゆっくりゆっくり歳を重ねて来て病気が発覚してはまた別の病気

大変だったように見えるけどにゃんたはその都度私に時間をくれました

そしてひとつひとつ薬のことやご飯のことやトイレのことも調べて試す時間を作ってくれました

なので後悔はありません

最期までの数日間も療法食がダメになり好きなご飯へ戻し

吐くようになってからは投薬を止めシリンジゴハン

それも無理そうだからと点滴

結局点滴は先生が往診に来てくれて初めて私がした1回だけに終わりましたが

あれを試せばよかったというものがないまま送ることができました

もちろんまったくではないですよ

好きなご飯に変えてもシリンジで療法食もあげてたらもう少し・・・とも考えたけど

自力で食べれてる時はしようと思いませんでした

いつも前だけ見て来れたことに感謝してます



オトーサン帰宅

強がってるけどつらいのは一緒

晩御飯を作るからにゃんたと待っててと伝え部屋を出ると

どうしようもなく泣いてるオトーサンの声が聞こえてきました

いつものように「ゴーハン、ゴーハン、む~ちゃんのゴーハン」って言いながら

にゃんたには大好きだったお魚ゴハンとぶしぶし(かつおぶし)トッピングして

持って行って一緒に食べました



オトーサンがにゃんたの周りを見守る隊でぐるりと囲ってます

「寝てるみたいなのにこうしても何もせん」ってオトーサン

にゃんたはいつも手で鼻筋を撫でるとグリグリ押し付けてきてたから

オトーサンは手だけじゃなく顎や自分の鼻をくっつけてグウグリされるのが

好きでした

ほんとうにほんとうに・・・寂しいよ




眠りについてすぐ身体を洗って乾かしてにゃんたをイチゴベットに寝かせ

レンタル酸素室の会社と火葬場と病院へ連絡をしました

オトーサンは明日休むのは無理なので明後日か明々後日にお空へ行く予定

先ほど女医先生からお電話をいただきました

落着いたら点滴針等の医療器具も返したいので伺おうと思います

猫好き先生にも直接ご挨拶したい



さっき蝋燭を灯しました

今夜は一緒に眠ります

今日のにゃんたさんはこれくらいで

また