岐阜・愛知・滋賀で地元の庭石・砂利を販売する庭石屋

岐阜・愛知・滋賀で地元の庭石・砂利を販売する庭石屋です。私の日々の仕事(庭石販売・砂利販売等)のご紹介や、うんちくを語っていきます。


テーマ:

岐阜県において、自宅の庭をより美しくしようとしている方へ、今回の記事をお届けします。
みなさんは、庭に敷き詰める砂利にも様々な種類があるのをご存知ですか?


一度敷き詰めてしまえば、雑草が生えづらくなり綺麗な装飾にもなる砂利ですが、自分の庭の環境や広さ、景観に合わせて種類を選ぶことが一番大切です。


というわけで今回は、庭に敷き詰める砂利の種類を人気や価格相場なども踏まえながらご紹介していきたいと思います。
DIYで石庭を作りたいと言う方は、この情報を参考に砂利選びをしてみてください!

 

■一番人気の白玉砂利

やはり、和風の石庭を作る際に一番人気なのは真っ白な「白玉砂利」です。
こちらの特徴といたしましてはやはり、高級感のある白い色でしょう。屋内屋外問わず使えるのも魅力であり、様々なシーンで見かける砂利の一つではないでしょうか。

気をつけたいのは、一面の白色を保つために落ち葉やゴミなどの清掃をこまめにした方が良いと言うことです。
せっかく真っ白にして庭の雰囲気を締めているのですから、そのような部分には注意を払いましょう。
こちら、相場は1kgおよそ百五十円弱程度のお値段になっています。


白玉砂利

 

■アクセントのつく五色砂利

真っ白ではなく、少しアクセントがある方がいい、遊び心が欲しい、と言う方におすすめなのが、この五色砂利です。

この五色とは、代表的なものでは、白、朱、緑、赤、青の5つで、庭の彩りを演出します。

いろんな色が混じっている砂利は、売り言葉として「五色砂利」と業者さんが呼んでいることが多いですね。

この砂利は洋風の庭というより和風の庭に似合う砂利の一つであり、大人らしい華やかさを醸し出してくれます。相場はおよそ1kgあたり百五十円強というところでしょうか。



五色砂利 代表的な五色砂利



五色砂利 弊社取り扱いの五色砂利     http://ibigawa.shop-pro.jp/?pid=121105039

 

■自然を感じる天然川砂利

この砂利は、天然川という名の通り、川の近くにあるような砂利のイメージがあります。
もちろん、色や大きさはしっかりと選別されており、自然の綺麗さと自由さを庭に醸し出してくれます。
清流に洗われた丸みも可愛らしく、坪庭などの人の目につきやすい場所におくと効果を発揮します。
おおよその相場は1kg50円前後といったところでしょうか。



天然川砂利 天然川砂利
http://ibigawa.shop-pro.jp/?pid=100165478

 

■明るいクリームクラッシュ

最後にご紹介するのが、「クリームクラッシュ」です。
これはその名の通り、薄い黄色、クリーム色の砂利の一種で、明るく庭をパッと盛り上げてくれる砂利です。

この砂利は和風の庭もそうですが、特に洋風のお庭にフィットすることが多いです。
また、家の外装などとも色がかぶることも多く、全体に統一感を出したい場合は重宝する一品です。



クリームクラッシュ クリームクラッシュ
http://ibigawa.shop-pro.jp/?pid=100170563

 




いかがでしたか。
砂利の種類を4種類ほどご紹介させていただきましたが、お気に入りの砂利は見つかりましたでしょうか。
このほかにも、当店では様々な砂利を取り揃えております。ぜひ庭造りの際には参考にしてください!

 


お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html

揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/

Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior

instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408

Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408

LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi

Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408

youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数日で、めっきり寒くなって、着込む枚数も増えてきました。

体の動きも硬くなるので、しっかりウォームアップしなければいけませんね。

 

と思った矢先

やっちまった\m/(◣_◢)\m/

しかし、仕事は待ってくれませんので、無理のない範囲で仕事を進行させます。


 

地元の工務店、野村建設さん


のご依頼で、近場で2件の庭木や庭石の撤去工事させてもらいました。



空き地の隅にあったモチノキと根元の庭石を撤去します 空き地の隅にあったモチノキと根元の庭石を撤去します


ユンボで、根を掘って倒れやすくして、力技でなぎ倒します ユンボで、根を掘って倒れやすくして、力技でなぎ倒します


枝葉をフォークで掴み、荷台へ載せています。やっぱ機械は仕事が早いです 枝葉をフォークで掴み、荷台へ載せています。やっぱ機械は仕事が早いです

 


モチノキの幹だけにして、ぶつ切りして、フォークバケットに換装したユンボで積み込みです モチノキの幹だけにして、ぶつ切りして、フォークバケットに換装したユンボで積み込みです


 

庭石・庭木撤去完了! 庭石・庭木撤去完了!


 

 

次の現場が、車で2分かからない場所での、カイズカイブキの生垣伐採です。


先ほどの現場からすぐの場所でカイズガイブキの生垣撤去です。 先ほどの現場からすぐの場所でカイズガイブキの生垣撤去です。

 

 



2t車にカイズカイブキ満載です 2t車にカイズカイブキ満載です

 




 


お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html

揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/

Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior

instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408

Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408

LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi

Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408

youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は岐阜、愛知、滋賀にお住いをお持ちの方で、庭のDIYをお考えの方必見です!


というのも、「これから庭をどうしていこうかな。」と考え始める際に一番大切になるのは、「地面」の部分だからです。


例えば、芝を敷き詰めることもできますし、今のまま剥き出しの土で色々アレンジを加えることもできます。


しかし、これらの選択肢ではなく、砂利を敷き詰めることを選ばれた方は、本当に多くのメリットを享受することができるのです。


というわけで今回は、庭にDIYで砂利を敷き詰めるメリットを詳しくご紹介いたします!


砂利

■専門知識なしで敷くことができる

芝などを敷き詰める場合、自分で植えたりならしたりすることはきっと出来ないでしょう。
しかし砂利の場合、トラックなどで庭に砂利を一度撒いてもらえば、そこからのならし作業は自分で出来るのです。
(もちろん簡単な作業とは言いませんが)

 

■雑草が生えない

もし、剥き出しの土の庭を一度でも経験したことがある方は、そこに雑草がはびこる体験をしたことがあるでしょう。
特に夏場における雑草の繁殖力は凄まじく、刈っても刈ってもそこらじゅうから生えてきます。
しかし、一度砂利を敷き詰めてしまえば、砂利によって土への栄養分が阻害され、雑草の生えてくるスピードが圧倒的に遅くなります。これのおかげで、お手入れの手間が本当に省けるというものです。

 

■土埃が立たない

乾燥する冬場などの晴れた日に、突風によって土埃が立ってしまうということも、砂利を敷き詰めれば解消されます。
このような土埃は、洗濯物を汚してしまうだけでなく、近隣の住民の方の迷惑にもなってしまうので、これがなくなるということはメリットしかないと言えるでしょう。

 

■庭石などが生える

剥き出しの土に、風流のある庭石や庭木をおいても、あまり映えません。
しかし、砂利の敷き詰められた空間にそのようなものを置けば、何か和風の庭園にいるような格式の高さを感じることができます。
これからのカスタマイズやDIYをより楽しむためにも、一番初めの砂利の準備はどう見ても必須と言えそうですね!

 

いかがでしたか。
あなたのお庭に砂利を敷くことで得られるメリットの数々がご理解いただけたでしょうか。
これらを読めばきっと、あなたのDIYの第一歩がわかったはずです。
それは、「庭用の砂利を注文すること。」
まずは、揖斐川庭石センターでお好みの砂利を見つけてください!

 


お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html

揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/

Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior

instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408

Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408

LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi

Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408

youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

西尾市へ、盛り土を配達・搬入してきました。

土曜日だったので、まだ、平日よりは渋滞は少なくて、スムーズな状態でした。


雨も、パラパラと降っていただけでしたので、思ってたよりは、だいぶんましな現場でした。

 

 

設計事務所さんの新築現場でしたが、道幅が8t車ギリギリ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


ギリギリの道幅でしたが、なんとか8t車が通り抜けました。 ギリギリの道幅でしたが、なんとか8t車が通り抜けました。

 


結構な量を持ってきたのですが、弊社の8t車は、クレーン車と大量運搬を兼ね備えているので、結構な経費節減になりますよ。


届かない場所は、さらに2tユニックでリレーします 届かない場所は、さらに2tユニックでリレーします


リモコンで、ユニックを操作します。 勝手に指が動きます リモコンで、ユニックを操作します。勝手に指が動きます

庭石の撤去も依頼されました 庭石の撤去も依頼されました

 

配達を終えて、会社に戻り、石のフレコン詰め作業です。


雨の中、サバ土を詰め込んだフレコンを取りに見えました。 雨の中、サバ土を詰め込んだフレコンを取りに見えました。







さらに詳しくみたい方は、動画でご覧下さい↓





お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html


揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/


Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior


instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408


Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408


LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi


Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408


youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝から、3件打ち合わせに奔走してました。

しかも、庭作りの打ち合わせw

なんか、久しくしてなかったなあ(´-`).。oO

 

先ずは、岐阜市へ。

駐車場をもう一台分増やしたいということでしたので、塀を一部撤去して、庭にある庭石も移設です 駐車場をもう一台分増やしたいということでしたので、塀を一部撤去して、庭にある庭石も移設です


庭の中も、芝生や庭木を取り払って、一度スッキリさせます 庭の中も、芝生や庭木を取り払って、一度スッキリさせます


よく見えませんが、5tはある庭石が鎮座しています。

 

次に江南市へ。

以前、木曽石で門柱をオーダーいただいた設計事務所さんからのご依頼で、その方のお客さんの中庭をリフォームしたいということでした。


その中で、前の家があるのですが、そこにある庭石があるので、それを使って欲しいというリクエストもあり、そういうことなら任せてください!ということで、お施主さんは喜んでおられましたw



大豪邸の中庭。模様替えしたくなったそうです。 大豪邸の中庭。模様替えしたくなったそうです。




前の家にある庭石を使って欲しいということでした 前の家にある庭石を使って欲しいということでした


 

さて、もう、6年くらい前に作らさせてもらった

垂井・東神田の庭

剪定の時期になったので、今年もお伺いします


タタキ風アプローチ。サバ土とセメントを混ぜて固めました タタキ風アプローチ。サバ土とセメントを混ぜて固めました


剪定作業のご依頼です。 剪定作業のご依頼です。


 

会社に戻ると、何かとお客さんがやってきて、積み込みです。



揖斐青黒割栗石を急遽フレコン詰めです。 揖斐青黒割石を急遽フレコン詰めです。




天然ごろた石。廃盤で残りわずかの在庫が全て売れました 天然ごろた石。廃盤で残りわずかの在庫が全て売れました



インド砂岩600*300mmをお買い上げ インド砂岩600*300mmをお買い上げ

 







お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html

揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/

Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior

instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408

Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408

LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi

Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408

youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんの中で、「庭を更地にして別の用途で使用したい。」とお考えの方はいらっしゃるでしょうか?


「両親の趣味で庭石などをおいていたが、別の用途で使いたい。」
「家族が増え、車の台数が増えたので駐車場のスペースを増やしたい。」


などと、庭石などを撤去しなければいけない時はいつか来てしまうかもしれません。

そんな時にみなさんはどのような業者、団体に依頼をしますか?


「庭石は重いし、誰に頼むべきかわからない。」という方ももしかしたら多いのではないでしょうか。
というわけで今回は、業種別に庭石などの撤去を頼んだ時の対応をご紹介したいと思います。

 

余分な土を2tダンプに積み込み、スペースを作ります

 

■地方自治体

一番お金がかからなさそうで、すぐに思いつきがちな地方自治体ですが、ここに庭にある全てを引き取ってもらうことを期待するのは少し危険です。
というのも、自治体によりますが多くの場合は、石や木の大きさに上限があります。
したがって、それに達しない砂利や小石の引き取りは可能なものの、大きくて重い庭石の撤去は行ってもらえないケースが多いです。

 

■ホームセンターや便利屋さん解体屋さん

最近では、このような業種の方々は、幅広い依頼に対応しており、庭石の撤去を頼んでも多くの場合は引き受けてくれるでしょう。
しかし、このような方々の本業は、家の片付けや工具を使うようなものであり、庭石や庭木の扱いには慣れてないケースが多くあります。

また、庭石の処分ができないくて、お断りすることも、ままあるそうです。

そうすると、運搬や撤去に時間がかかってしまう他、それらの再利用もあまり考えません。
せっかく大切に育てた庭の一部なのですから、最後まで大切にして手放したいですよね。

 

■庭石の専門店

庭石の販売や、造園業を営む方々は、ほとんど庭の撤去なども請け負っています。
「作る側なのに撤去もやってくれるの?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、庭に関するノウハウや庭の再利用を一番熟知しているのはこのような業種の方なのです。

したがって、庭石や庭木などの扱いにも長けており、撤去もお客様がきっとご満足していただける工事ができるはずです。
また、値段に関しても明瞭であるので、まずは一度相談をしてみることをお勧めいたします。

 

いかがでしたか。
庭を更地にするために庭石や庭木を撤去する際は、庭石などの専門業者に依頼することが一番良いということがご理解いただけたでしょうか。
当店でも、一つの庭石、庭木から撤去、処分をいたします。
まずはお気軽にご相談ください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岐阜にお住いの方々の中で、DIYで和風の庭を作ろう、とお考えの方はいらっしゃるでしょうか。家の空間の中で、見ているだけでくつろげるような空間があると、家への愛着度がまた一つ増すというものですよね。


しかし、そうは言っても自分で簡単に作ることができないのが和風のお庭です。


そこで今回は、自分で和風の庭を作る際に知っておくべき「坪庭」の考え方と、その作り方をご紹介したいと思います。

 

■坪庭とは?

では初めに、「坪庭」とはどのような庭を指すのかをお話いたします。
坪庭とは本来、建物と建物の間や、家の小さな空間に作られた小規模な和風の庭のことを指します。

 

現在では、浴室の外や玄関の奥のスペースに取り入れることもある坪庭ですが、その起源は京町家などの奥行きが深い家の奥のスペースに取り入れられた庭でした。


近年では、レンガや石などを取り入れた洋風なものが人気を博す一方、昔ながらの和風な坪庭も相変わらず高い人気を誇ります。

 

■坪庭の作り方は?

そんな坪庭の作り方を5ステップに分けてご紹介いたします。

 

1.どこに作るかを決める

まず初めのステップは、どこに坪庭を設置するかです。
家の外のスペースは限られているかもしれませんが、日当たりの良いところや水はけの良いところを選ぶと、植物や芝の生育がしっかりとできますよ!

また、日当たりの悪いところでも、石や砂利だけにするとか、日陰でも育つ植物を選ぶと効果的です。

 

2.坪庭のコンセプトを決める

洋風のテイストを取り入れるか、和風で統一するか、など自分の中のコンセプトを固めていきましょう。
ご自宅の外壁や内装の雰囲気とうまくマッチさせることが出来れば、より素晴らしい坪庭になるはずです!

 

3.排水を考える

小さいスペースの中で、水の流れがどのようになるかを考えましょう。
水が溜まってしまうと、虫が湧いてしまうなど衛生上よくないですし、砂利や石が水浸しでは見た目も良くありません。

水が浸透しやすい地面であれば問題ないですが、必要であれば坪庭となる地面を少し傾斜させて、水を坪庭の外に逃がすようにすることや、水が逃げる場所がない囲まれた坪庭ならば、排水設備をつけるなど、水が地面に浸透しやすいような土に入れ替えると効果的です。

 

 

4.外からの見え方を確認

庭を作る際は、どうしてもその場所から庭を見てしまいがちですが、一番大切なのは部屋の中や外からどのように見えるかです。
ここで一度、様々な角度からの坪庭の見え方を再確認しましょう!

 

5.実際に植物や石を配置してみる

ここまでくれば、あとはコンセプトに沿って実物を配置するのみです。
ここで大切なのは、しっかりと良質な庭石や砂利を用意することです。専門店などを参照してお気に入りを見つけてください!

 

いかがでしたか。
坪庭の考え方やその作り方をご理解いただけたでしょうか。
この記事で作り方を理解したら、あとは実際に行動に移すのみです!ぜひ、自分好みのお庭を作ってください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月曜に雨が降り、地面がぬかるんでしまったので、乾くのを待って、今日、残りの庭木とゴミを撤去です。

 


庭石はすでに撤去済み 庭石はすでに撤去済み


ユンボで引き抜いた木を、ダンプに載せます ユンボで引き抜いた木を、ダンプに載せます



庭木、庭石とも撤去して、何にもなくなった 庭木、庭石とも撤去して、何にもなくなった



この狭い庭にこの量の石が据えてありました この狭い庭にこの量の石が据えてありました

 


家の反対側にはぶどう棚があって、そこには、放置状態にも関わらず、実をたくさんつけていました。

 



亡くなったお父さんは、ぶどうを作って楽しんでおられたようです。 亡くなったお父さんは、ぶどうを作って楽しんでおられたようです。




ぶどう棚を撤去するので、実を採っていきます ぶどう棚を撤去するので、実を採っていきます



植木鉢やらプランターが山盛り。全て処分です。 植木鉢やらプランターが山盛り。全て処分です。


今日で、解体工事は完了。後は重機やら機材を撤収です。 今日で、解体工事は完了。明日は重機やら機材を撤収です。

 


 

お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html


揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/


Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior


instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408


Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408


LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi


Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408


youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、東京からお見えになった、麻布植祐さんが選んでもらった揖斐石を、近々取りに見えるので、寄せ集めておきます。


麻布 植祐

 

ガムテープで印がしてある揖斐石を寄せ集めておきます ガムテープで印がしてある揖斐石を寄せ集めておきます

 

揖斐紫雲石です。この石が大好きな親方なようで、大半がこの石です。 揖斐紫雲石です。この石が大好きな親方なようで、大半がこの石です

 

[どんどん点在している揖斐石を一箇所に集めます どんどん点在している揖斐石を一箇所に集めます


 

ウチの8tユニック車、ここまで伸ばして吊り上げることができます ウチの8tユニック車、ここまで伸ばして吊り上げることができます



揖斐石。いろんな色が混じっています(一部、伊予青石あり) 揖斐石。いろんな色が混じっています(一部、伊予青石あり)

 


大きめの揖斐石も選ばれていました 大きめの揖斐石も選ばれていました

揖斐石

 

 

今回、これだけの石を選ばれた、麻布植祐さんは、先週、従業員含め5人でご来店頂きました。

愛知県三河方面で作庭されるようで、その庭に使う石を買いに来られました。

 

麻布植祐の若親方。インスタで仕事中心に写真もアップされてます 麻布植祐の若親方。インスタで仕事中心に写真もアップされてます

 


先代親方。立ち姿を見ても、シュッとしてて、バリバリ現役です! 先代親方。立ち姿を見ても、シュッとしてて、バリバリ現役です!

 

実は、麻布植祐の先代親方、40年くらい前に、弊社に来られて、石を購入されたそうです!

当時、某大御所造園家の先生の作庭の手伝いの仕事があり、その先生が、よくウチの石をよく使ってもらっていまして、その流れで、ここに来られたそうです。

 

「今回の作庭の話があった時に、そういえば、あそこに庭石屋があったなあと思い出して、来ました」

 

ふとしたきっかけで、40数年を経て、再来店頂くなんて、感慨深いものがあります。

 


石の玉掛け作業は、こなれている感じがするので、結構、石を扱ってみえるようです 石の玉掛け作業は、こなれている感じがするので、結構、石を扱ってみえるようです

 


揖斐石です。揖斐川で採れ出した初期の頃の石ですね。 揖斐石です。揖斐川で採れ出した初期の頃の石ですね。

 


吉野石。紫系の石がお好きのようです。 吉野石。紫系の石がお好きのようです。

 



疋田石もお買い上げ 疋田石もお買い上げ


疋田石

 

 

月曜の配達する木曽石を積み込んでいます。

 


木曽石の積み込みです 木曽石の積み込みです





 


お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html


揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/


Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior


instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408


Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408


LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi


Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408


youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の助っ人運転手のお陰で、残土を全て出し切って、表側はすっかり庭が無くなって、広々としてしまいました。

今度は、側面側の庭です。


表側はスッカリ更地になりました 表側はスッカリ更地になりました


家の側面にある石庭も壊していきます 家の側面にある石庭も壊していきます

 


狭い場所でしたが、石は大きいのがたくさん据えてありました 狭い場所でしたが、石は大きいのがたくさん据えてありました


 

昨日、近所の方が声をかけて来られて、庭を潰して駐車場にしたいということでした。

早速、お見積もりです。


ご近所の方が、ウチの庭も壊して、更地にしたいということで、お声をかけてくださいました ご近所の方が、ウチの庭も壊して、更地にしたいということで、お声をかけてくださいました


 

今の現場ほど庭石がないので、手間はかからないかなあ? 今の現場ほど庭石がないので、手間はかからないかなあ?



お問い合わせ
http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html

揖斐川庭石センター(本家ウェブサイト)
http://www.niwaishi.co.jp/

Facebook(日々雑感と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/garden.exterior

instagram (写真日記と、ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://instagram.com/hirokun408

Facebook page(ほぼ毎日、仕事ぶりを更新)
https://www.facebook.com/hirokun408

LINE@(LINEをお使いの方はこちら。ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://line.me/R/ti/p/%40niwaishi

Twitter(どうでもいいつぶやきと、ほぼ毎日、お仕事ぶりを更新)
https://www.twitter.com/hirokun_408

youtube(blogより多くの静止画像と動画をまとめた内容です。ほぼ毎日更新)
https://m.youtube.com/channel/UC1qkLrTWHPFkr8GHDZltIUA?sub_confirmation=1

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。