ろれむいぷさむ - Extreme Lorem Ipsum -

カクカクシカジカで作っちゃったついでにチラシの裏にします。
当面はTES4 OBLIVIONの、まさに「チラシの裏に書いてろ!な?」な事柄を垂れ流す予定。
OblivionNexusではAlbumCornix名義で活動しています…と言いたいところですがDL専でした。


テーマ:
*アクセス傾向から勝手にFAQ*

フリーのあれやこれやだけでどうにかするのがテーマですよ。
本記事では以前行った比較でイイカンジだったもののみ扱います。


--とりあえずddsファイルを編集したい!--
 →Paint.NET (PDN) 編集/読み/書き
   デフォで可能。プラグインの導入は不要です。ノーマルマップ作成は要プラグイン。
 ※ちなみに圧縮の品質検証の結果、当環境では圧縮主力になりました。劣化が一番マシかな。(当社比)

 →GIMP 編集/読み/書き
   プラグインを導入する手間はあるけれど、ツールの機能と相まってテクスチャ編集主力かな?別のプラグインを入れることでノーマルマップも作成可能に。
設定項目の量的に、ノーマルマップは一番作りやすいんじゃないかしら。
※書き出しについてはフォーマットをRGBA8に設定した上で無圧縮を推奨。
 デフォルトのフォーマットだと一部ツールで開けないケースがあるのと、GIMPの圧縮はクソ汚いことで有名なのです。
※文字表示バグを潰してあるお得なポータブル版の場合は32bitを導入します。

 →DXTBmp 読み/書き 特色:独自方法によるアルファの差し替え
   画像を読み込んでdds圧縮する圧縮専用のツールだけどアルファマップの差し替えが可能なのが特徴。このツールでの差し替えはGIMP等を用いて行うアルファ編集と機序が違うようで、簡単に完全な反射ゼロ状態を作ることも可能。
また、他ツールで開こうとするとクラッシュするようなアレなテクスチャも開くことができたりする。他のツールが主力であっても持っていて損はないですよホント。

 →Optimizer Textures 読み/書き 特色:条件を設定した一括変換が可能
   Skyrim・Oblivion界隈では有名な圧縮専用ツール。フォルダ内一括変換が可能。その際、諸条件を入力して条件に合致したものだけ処理をするようにもできる。
※ざっくりとした使い方はこちらの記事にありますよ。

 →The Compressonator 読み/書き 特色:圧縮のBefore-Afterを並べて比較できる
   AMDが提供しているDDS圧縮ツール。かなり細かく圧縮方式を設定できる…が、正直高機能すぎて俺ついて行けない。圧縮後の品質を突き詰めたい人には向いているかも。シンプルじゃないと混乱するタイプの人は戸惑ってしまうかも。
圧縮の仕上がりについては問題なし。以前行った検証の際にも最後の3つに残ったよ!

New!
 →DDS Export 読み/書き 特色:圧縮後の品質を表す指標付き・DXT5でも数タイプの方式アリ。
   Advanced DXTn Texture Compression Tool!…ということでcrunchという新しい(?)技術を採用しているかなり新しい圧縮ツール。
ミップマップ含め、ワンタッチでプレビューが見られる。仕上がりについては問題なし。見やすいプレビューがあるので納得いくまで設定をこね回せる。
DXT3が省かれている代わりに、DXT5が数タイプ用意されているのが最大の特徴。
一つ難点を上げるとすれば、従来のツールに比べてプレビュー・書き出しが遅いことかしら。(品質とトレードオフ)
沢山圧縮するときは向かないかもしれないけど、丁寧な圧縮にはいいと思う。

 →IrfanView 読み 他形式へ変換(ddsを読んでpngやbmp、jpgとして書き出すことは可能)
   プラグインを導入することでddsまで読めるようになる。「これどんなんだっけ?」という確認にぽちっと起動できるのは便利かも。

 →Windows Texture Viewer (WTV) 読み 特色:アルファチャンネルのオンオフが簡単
   ddsのビューア。非常にシンプルで取り扱いが簡単。ddsのみを対象としているため、ホイール操作でフォルダ内のddsのみを閲覧することができる。多くの形式に対応しているIrfanViewとの違いはソコ。アルファチャンネルのオンオフが簡単なのも使い勝手がヨイ。


--おまけ サムネイルを表示させたい!--
 →DDS Thumbnail Viewer
   これを導入することでddsもサムネイルが表示されるようになる。

 →SageThumbs
   ddsどころか物凄い種類のフォーマットに対応している。DDS Thumbnail Viewerとの違いは良くも悪くも透明度を考慮してしまうところだった気がする。つまり、反射度の低いノーマルマップなんかは見づらい!

 →XnView
   導入したはいいけどほぼノータッチなのでレビューはないデス
でもdds見られたはずよ。 …他ツールで事足りちゃっててさ…



ようするに…
ddsを他形式にしたい!→PDNかIrfanView導入してdds開いて好みの形式で保存し直すと吉
dds編集したい!→色相シフトさせる程度の簡単な作業ならPDN、ペンタブでガリガリ加工するレベルならGIMP入れとけ!

デフォでddsを扱えるお絵かきソフトって意味ではPDN導入が一番手っ取り早い!

です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鴉銀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。